白髪染め重ね塗りしてもよい?ヘアカラーリングは?

白髪染め重ね塗りしてもよいのでしょうか。

美容院でのダブルカラー

美容院ではヘアカラーリングおしゃれ染めするのに
重ね塗りすることがあります。
一度塗り二度塗りといった感じで染めるのですが、
ダブルカラーというテクニックになります。
これにより微妙な色合いを作りだすことができ、
独特でユニークなカラーに仕上げることも可能。

しかしダブルカラーというのはプロの美容師ならではの
高度なテクニック。
一般的な美容師は手間と時間を考えてやらない、断ることが少なくない。
あるいは引き受けてはくれるが二回分の料金を取るところもある。
当然です、時間が二倍近く、染毛カラー剤も二回分消費しますから。

市販の白髪染めでダブルカラー

こういったことを市販の白髪染めでやるのは禁止。
特に二剤混合式の白髪染めやカラーリング剤は化学反応を用いていますので、
メーカーが設定した分量や薬剤で違うものを混ぜたら何が起こるか、
とても危険。

そもそも赤と青を混ぜて紫になる、といったような単純な話ではありません。
染毛剤は普通の足し算のような色にはならないのです。

美容院では個々人の髪色や仕上げる髪色のイメージから、
プロの美容師が毎回、各種の染料や薬剤を混ぜ合わせて複雑に
カラー剤を作っている。
これができるプロだからこそダブルカラーも可能なのです。

白髪染めトリートメントで二度染め

もし一般人がセルフで色を混ぜるなら、まずは安全な
白髪染めトリートメントのようなタイプにしたい。
それでもブラックとダークブラウンを混ぜるとか、
ナチュラルブラウンにライトブラウンを少し混ぜるとか、
先にライトブラウンで染めてからダークブラウンで二度染めするとか、
やってみたところで、まともな髪色になるとは思えません。

もし髪色や仕上がり色味が気にいらないから変えるというのであれば、
その日を境に完全に変えてしまったほうが好ましい。
昨日までダークブラウンで染めていたが、今日からナチュラルブラウン
に変えるといった感じで。
もちろん、この切り替え期間の間を1~2週間空けるとなおよい。

二剤式の白髪染め2種類を混ぜるの禁止

どちらにしても1剤と2剤を混ぜてから使う二剤式のタイプを
2種類以上混ぜるのは危険なので止めましょう。
一度目、翌日に違うカラーで二度目といったダブルカラー的な染め方も、
髪や頭皮に大きなダメージを受けて髪がボロボロになる可能性があるうえに、
髪色も不自然で酷い色になる可能性が高いので止めましょう。
少なくともあなたがイメージするような髪色にはなりません。

白髪染め重ね塗り、ヘアカラーリングの重ね塗りについて、
セルフではやらないようにしましょう。

関連記事

白髪染め後にカラー?白髪染めの上からカラーリングするとどうなる?

おすすめ