アラサーのもみあげが金髪になったら加齢の老化現象?もみあげに白髪が生える理由

アラサーのもみあげが金髪になったら老化現象なのでしょうか。

もみあげが金髪になる?

ある日、突然もみあげに金髪が生えていることに気づくかもしれません。

もみあげに限らず、ほとんどの日本人の生まれつきの髪の毛は黒。
この黒色というのは髪の毛の内部にあるメラニン色素が色付いて黒色に見えている。

ですから、このメラニン色素が異常をきたせば黒では無い色になってしまう
ことも考えられます。

もみあげが自然に金髪になることはほぼあり得ませんが、上記のような理由から
金色っぽい毛が生えてくることはあるかもしれません。

白髪が白い理由

白髪は何らかの理由でメラニン色素が色付かなかった毛髪。
色が無い、薄い色の髪の毛。

厳密には透明か、無色に近い毛だと言えます。

それを人間の目で見ますと白、もしくは束になると灰色や銀色に見える。

あるいは色の抜け方が中途半端ですと茶色や金色っぽい毛になる可能性も
否定はできません。

もみあげの白髪は生えやすい?

加齢で生え始める白髪の中でも、もみあげは生えやすい箇所として
知られています。
白髪ケアとして重要視すべき部分のひとつ。

アラサーの身だしなみとしても、もみあげを毎日、鏡で見て
チェックすることをおすすめします。

女性は耳やその周辺は髪に隠れて見えないことが多いですが、一方で
男性は短髪ショートの方が多いですから、もみあげはいつも見えている。
男性のほうがより慎重になるべきであることは言うまでもありません。

もみあげだけに白髪が生える理由はアレルギーか

もみあげに白髪が生える理由は何でしょうか。

白髪が生えるメカニズムさえ明らかになっていませんので、
もみあげに生える理由も不明。

しかし、もみあげだけに白髪が多い、白っぽい毛が生えてしまう
ということにお悩みの方もいらっしゃるかもしれません。

その場合は、目が違いので眼精疲労などを中心にした血行不良や、
眼鏡、サングラス、イヤリング、ピアスからの金属アレルギー、
ファンデーションなどの化粧品アレルギーなども疑ってみましょう。

オシャレ染めで明るい髪色に失敗した、もみあげの金髪

もみあげに金髪が生えている別の可能性として、
オシャレ染めで明るい髪色に失敗したケースもありえます。

茶髪など明るい髪色にするためにオシャレ染めヘアカラーをする。

全体的にある黒髪は茶色に染まりますが、もし数本でも白髪が生えている場合、
白髪の部分はうまく染まらずにそのまま残る。

もしくは金色に近いような毛色なってしまう。
これが金髪に見えないことはない。

白髪は白髪染めで染めなくてはならないのに、知ってか知らずか、
色を付ければ白髪は染まるだろうと強引にオシャレ染めした、
もしくは白髪が生えていることを知らずにヘアカラーリングしてしまったのです。

その結果、もみあげだけに白髪生えていた場合、もみあげだけに
金色っぽい毛が生えているような状態になります。

つまり、もみあげに金髪が生えているように見える。

アラサーの加齢と白髪

アラサー世代、20代後半から30代前半ですと、加齢要因で白髪が生える
直前とも言える年齢となります。

加齢、老化は確実にやってきますので、1本でも白髪を見つけたら、
その後、白髪は爆発的に増えることが予想されます。

女性はロングヘアですと、モミアゲも見えませんから油断しがち。
毎日、髪をかき上げてしっかりと見ましょう。

もみあげは、自分自身の目で見える範囲にあるので、
白髪隠しするにはカットして切り落とす選択肢もある。

しばらくは何とかなるでしょう。

しかし白髪ケアの一番確実な方法は染めること。

アラサーの方は、数本でも白髪を見つけ次第、すぐに白髪染めを購入して
染める方針に切り替えていくことをおすすめします。

おすすめ