50代の白髪は失礼で不潔で年寄りに見えますか?

50歳でほぼ白髪頭だが、しかし普段において白髪染めを
使わない人もいる。

アラフィフや50歳代で白髪が生えていると周囲に対しては
失礼なのでしょうか?
不潔な印象か、もの凄い年寄り、完全に老人に見えてしまうのかな?
と悩むことがあるかもしれません。

50代での白髪は不潔か

一般論ではどうなるかわかりませんが、基本的な考え方としまして、
白髪は失礼でも不潔でもありません。

白髪が生える平均年齢が30代半ばとされているので、
50代で真っ白なほぼ白髪頭でも医学的におかしくはない。

加齢の過程から考えて、ごく普通の自然現象であり人間の体の変化。

白髪は汚いもの?

白髪を汚いものだとするのもおかしい。
髪のメラニン色素の黒がついていないだけ、黒髪と同じ髪の毛。

しかし日本においては白髪が老けて見える、年寄り臭い、と同時に
汚いものだと見る向きがあるようです。

つまり白髪隠ししていないとエチケット違反、マナーが無い、不潔
といった意味で。

50代で白髪を染めないという選択

白髪を染めないという選択は、既に30代から実践されている方もいる。
特に男性ではグレーカラー、シルバーヘアーのように全頭白髪色に
揃えるようなヘアカラーや白髪染めも使われるようになっています。

海外の方々は白髪を染めないことも珍しくありません。
日本人の40代もそれに感化されたのかグレーヘアーで自然に
生きる生き方、すなわち白髪を染めない流れもでてきている。

50代で白髪を染めないという考え方はもはや自然にできる
世の中になってきているとも言えます。

結婚式やパーティーで

仮に日常的に白髪を気にしなくなったとしても、
結婚式やパーティーなど親戚や多くの人と会う機会には迷うかもしれません。

普段は白髪を染めていないのに、染めていくべきか、白髪染めを使うべきかと。
まだ自分自身を若々しく見せたいという願望もある。

正解はどちらでもありません。白髪のまま、そのままのヘアスタイルで
出席してよい。それでも前述のように嫌悪の目で見る人が一定数いることも
覚悟しておくべきでしょう。

白髪染めトリートメント

白髪染めトリートメントは髪の表面を染めるヘアマニキュア。

自宅で手軽に染めて、刺激性も少なく、やがて色落ちしていく白髪染めですので、
一時的な白髪隠しの回避策として気軽に使ってみるのもよいかもしれません。

髪に塗って、10分程度待って洗い流すだけ。
毎晩のお風呂のときにでも使えばよいでしょう。

ゆっくり染まるのが特徴ですので、完全に髪色を変えることなく、
白髪ぼかしのように白髪の髪色をやや柔らかくする染め方にも便利と言えます。

やはり日本では白髪を意識する、指摘してくる人がまだまだ多いですから、
美容院や二剤混合式の白髪染めでしっかり白髪を完全に染めるのが嫌だ
という50代であっても、白髪ケアのために白髪染めトリートメントを
1本持っていれば安心できます。

おすすめ