白髪染めが薄毛の原因になる?ハゲ薄毛化と白髪の関係とは

白髪染めを使うことが薄毛の原因になるのでしょうか。

白髪を染めたことでの将来の薄毛化との関係が心配です。

薄毛と白髪の関係

白髪染めを使うことで薄毛にはなりません。
白髪染めの成分に薄毛の原因になる成分は入っていないからです。

直接的に薄毛の要因にはならないと思っておけばよい。
白髪と薄毛は関係ない。

白髪とハゲは同時に来る?どっちなのか

白髪が生えてきた後に薄毛になるわけでもなく、
薄毛になったから後に白髪が生えてくるわけでもない。

ただ、白髪が生え始める平均年齢が30代半ば頃とされており、
男性が薄毛化してくるのも30歳前後ですから、ほぼ同時期とも言えます。

白髪とハゲで、どっち、というよりも、それぞれが同じ時期に
重なっているので混乱して誤認しやすい。

白髪染めが薄毛の原因になる?

しかし無関係かと言えばそうでもない。

白髪染めやオシャレ染めのようなヘアカラーリング、二剤混合式のものは
酸化染料ジアミンなどからの刺激、1剤と2剤を混ぜて使うときの化学反応、
そして毛髪の表面キューティクルを開き混合剤が髪の内部に流れ込んでいく
髪組織を破壊から、頭皮に負担やダメージがあります。

毛髪自体は新しく生え変わりますので、大きな問題にはなりにくいものの、
二剤式の白髪染めやオシャレ染めには、染めた後の仕上げの髪の手触りや
指通りをよくするために有害な成分の石油系化合物が含まれていることが多い。
シリコン、パラベン、タール系色素、鉱物油など。

これらは頭皮に付着しますので化学的なダメージは避けられないのであり、
経皮毒のように皮膚から毛細血管へと成分が伝わっていけば全身を伝って
健康被害もありえる。
アレルギーなどはその最たる例。
ジアミンアレルギーも警告されている。

有害物質が体に回るという話は少し大袈裟としても、白髪染めの
ダメージで頭皮も肌荒れ、かぶれ、腫れ、赤みなどになることは
珍しくないのであり、その影響で毛穴に異常が生じれば、
抜け毛が増えたり、髪が細くなったり、縮れたりと、
将来的な薄毛リスクが高まることは否定できません。

白髪染めと薄毛、男性と女性で違いがあるか

男性は加齢からAGA(男性型脱毛症)になることが多い。
額がせり上がってきたり、頭頂部が薄くなったりする。
30歳前後から顕著に見られる。

女性は加齢で髪が少なくなってくる、びまん性脱毛症。
特に分け目などは注意。
40後半から50歳前後、ちょうど更年期障害の頃、
ホルモンバランスの乱れがありますので、
エストロゲン分泌が減って女性らしさを失っていき、
髪も細くなってくる。

このように薄毛化の状態は男性と女性で違いはありますが、
白髪については男女同じ。

白髪になる時期、薄毛化する時期も、個人で違う。

ストレスでハゲになるか白髪になるか

ストレスでハゲになるか白髪になるかについても、
個人ごとに異なります。

ストレスで抜け毛が増える、円形脱毛症になる、
白髪が生えるなど、様々な反応が見られる。

しかしこれらは一時的なものであれば、そのストレス要因が
なくなると同時に解消され、無くなっていきますのでご安心ください。

ストレスで抜け毛が増えるとしても、それでハゲになる
というわけではなく、根本的な加齢、AGA、びまん性脱毛症など
のような長期的要因でなければそこまで薄毛化はしません。

薄毛の人の白髪隠しと対策法

薄毛の人が白髪隠しをするのは難しい。

髪が多い人、特に女性でロングの人なら、髪型の工夫で白髪隠しをできるもの。
男性は短髪ですからなかなか隠しにくい。

やはり白髪染めで染める白髪ケアが一番確実。

白髪染めでハゲる、薄毛化してしまうのか

白髪染めを使うと薄毛になるから、使わないほうがよいとお考えの方
もいらっしゃるかもしれませんが、先に述べましたように
基本的には関係ないのでご安心ください。

もしかすると白髪染めを使い始めたら、その後に薄毛になってきた、
抜け毛が増えたという人がいるかもしれません。
実際にそうなら否定はできませんが、白髪が生えてくるのは30代、40代頃の
中年とされています。
加齢要因であり、同時期に薄毛化もしてくる頃なのです。
白髪染めを使っていなくても、薄毛化は進んでいくことが予想できます。

心配しなくてもしなくても、加齢が進み、白髪も生え、薄毛にもなる。
これは遺伝的、先天的なものであり、体の老い、正常な変化ですから
どうしようもありません。
あまり深く考えずに、白髪が生えてきたら白髪染めを使うようにしましょう。

はげない白髪染めはある?

はげない白髪染めはあるかと言えば、そもそもはげる白髪染めという
こともありません。

髪や頭皮へのダメージからの抜け毛を懸念するのであれば、
ヘアマニキュアのような低刺激な白髪染めを選ぶのがよろしい。

抜け毛が気になるなら白髪染めトリートメントがおすすめ

もし将来的な薄毛リスクを避けたい、少しでも髪の毛や頭皮などの皮膚を
化学薬品からのダメージを無くしたいというのであれば
白髪染めトリートメントをおすすめします。

ヘアマニキュアと呼ばれるもので、髪の表面に植物エキスなどの天然染料で
髪の表面だけに色付けしていくので髪組織破壊もありません。
さらに有害な石油系化合物も無添加、ノンジアミン。

安心安全な白髪染めとして人気がでています。
白髪染めトリートメントをお使いになっていくことは、薄毛化への悪影響を
対策することとしても有効ですから、抜け毛が気になるのであれば、
一度お試しください。

関連記事

白髪染めと育毛剤を併用しても大丈夫なのか

おすすめ