美容院で白髪染めについてトラブル、クレームを入れた

美容院で白髪染めについてトラブルがあり、クレームを入れました。

白髪が染まっていなかった

そのトラブルの内容とは、白髪が一部、染まっていなかったんですね。
少しでも染まっていなければ失敗、美容師のミスだと思うのですが?

実は美容師は、髪をブローして乾かしているときに、何気に
染め残しがないかどうかをチェックして見ています。
だから恐らく知っていたはず。
そうではなく、それも見落としていたならむしろプロとして失格。

なるべくならブローのときに、あなたも凝視して見るようにしましょう。
その場で指摘したほうが話は早い。(揉める可能性もありますが)

誤魔化す、認めない美容師も

酷い美容師ですとブロー時に見えても誤魔化す。
あるいは後から電話でクレームを入れても失敗を認めない。
承知はするが、再度の白髪染め染め直しには別料金を請求するものもおります。

カラーリングや白髪染めで1本でも染まっていなければ、
完全に美容師側のミスなのです。

無料で染め直し

大抵は詫びとともに近いうちの再来店を提案され、無料で染め直してくれます。
但し、髪や頭皮のダメージを考えて少し間を開けたほうがよいと提案して
くることもあります、この点は嫌がらせではなく良心的な見解でもある。
急ぎなのか、少し待てるのかで相談して決めましょう。

仕上がり髪色がイメージと違う

あとは染めた髪色が提案してオーダーした色合いとあまりにも違う場合も
美容師側の失敗ですが、さすがに髪色は口頭で伝えて、色合いが微妙に違う
程度は許してあげてください。

特に白髪染めは色味をしっかりつけるべく濃いくなる傾向は否めません。
つまり明るい髪色に注文しても重い、暗い髪色になりやすいということを
知っておく。

美容師とのトラブルはなるべく避ける

美容師と言えども人間です。
プロとしてミスや失敗は許されませんが、無用なトラブルに発展するような
酷い文句の付け方はしないように。

おすすめ