白髪染めと普通のカラーで傷みが違う?比較して傷みがきついのはどちらか

白髪染めと普通のカラーで傷みが違うのでしょうか。

白髪染めのほうが染めたときの傷みがキツイと聞いたのですが、これは本当なのかどうか。

白髪染めと普通のカラーで傷みが違うか

白髪染めと普通のカラーで傷みが違うことはありません。
まして同じメーカーの白髪染めと普通のカラーいわゆるオシャレ染めであれば、ダメージはほぼ同じと言えます。

それよりも体質や髪質によるダメージのほうが影響しますので、使う前にまず皮膚アレルギー試験のパッチテストを行い安全を確認する。

あとは、実際に髪を染めてみて、明らかに髪が傷んだと感じたら、以後は使うのを止めるべきです。

これは白髪染めも普通のカラーも同じであり、比較したときに白髪染めだけが傷みがきついということはありません。

ヘアマニキュアの白髪染めは髪が痛むか傷まないか。きしむのも心配

白髪染めの傷みはきつい?普通のカラーおしゃれ染めとの違い

白髪染めの傷みはきついかどうかを考えたときに、普通のカラーおしゃれ染めとの染毛剤としての違いが気になるところ。

白髪染めは染毛力が強く脱色力は弱め。
一方で普通のカラーいわゆるオシャレ染めのヘアカラー剤は脱色力が強く染毛力はそこまで強くはない。
この逆になっているところが白髪染めと普通のカラーの違い。

白髪染めはメラニン色素の色が抜けている髪ですので、しっかり色付けしなくてはなりません。よって染毛力を強くしている。

普通のカラーおしゃれ染めは黒髪を染めて違う色をつけるわけですから、まずはメラニン色素の黒を脱色させることが優先。よって脱色力を強くしている。

美容室の白髪染めとセルフ市販の白髪染めの傷み

美容室の白髪染めとセルフ市販の白髪染めの傷みはどちらもあります。
どちらがキツいかというよりも染める方の体質や髪質との相性のほうが影響すると考えられます。

先にご説明しました通り、白髪には色素が無いのでしっかり色付けしなくてはならない。
このことで美容師は普通のカラーリングをするときよりも、白髪染めいわゆるグレイカラーのときには強めの薬剤を使います。

このイメージがあるからかはわかりませんが、白髪染めのほうが髪が傷むと言われているようです。
多少はその懸念があるとしても、許容範囲内の差でしかありません。

そしてセルフで使う市販の白髪染めは誰でも簡単に染められるようにするため、強い薬剤を使っているという話も出ています。
仮にそうであったとしても、美容室で扱っているカラー剤も二剤混合式の酸化染料ですから、市販の白髪染めと同じで変わりありません。

プロの美容師は薬剤の混ぜ方を調整できますので、なるべく刺激やダメージが出ないように配慮することは可能ですが、美容室でヘアカラーや白髪染めをしてノーダメージということはあり得ません。

白髪染めを使う頻度は月1回程度に

美容室でもヘアカラーするのは月1回程度が目安になるはず。
それ以上、毎週のようにカラーリングや白髪染めをオーダーしますと、美容師から断られるでしょう。

ヘアカラーや白髪染めで髪を染めると髪や頭皮にダメージがあることを美容師は知っているからです。

セルフの市販の白髪染めも連続で使う場合は2週間程度空けるようにと注意書きがあると思いますが、なるべく1か月以上の間隔を開けて使うようにしましょう。

白髪染めか普通のカラーで頭皮に痛みを感じる場合

白髪染めか普通のカラーで頭皮に痛みを感じる場合は、体質に合ってない可能性が高いと言えます。
しばらくの間は使わないようにするか、あるいは今後使用しないようにしたほうがよいでしょう。

但し、市販のヘアカラーでも美容室でも、髪を染めるときには多少なりとも刺激を感じることは普通にあることです。例えば頭皮がピリピリとしたり、髪がゴワついたり。
染める際に薬品の臭いがすることからしてもおわかりになるでしょう。

頭皮に痛みを感じても、事前のパッチテストで問題なければ、おそらくは大丈夫ですが、
染め終わった後や、翌日以降も頭皮に痛みがあるのであれば要注意です。

白髪染めを普通の髪である黒髪に使用するとどうなるか


白髪染めを普通の髪である黒髪に使用するのは問題ありません。

白髪染めは白髪だけでなく黒髪も染めていますので、例え白髪が生えていない黒髪だけの方が使っても髪全体がカラーリングされます。

白髪染めと普通のカラーは染めるときの傷みも同じで変わりません。

白髪染めで普通の髪を染める?普通の人が茶色の白髪染めで染めてもよいのか

セルフ白髪染めでリタッチして美容院のつなぎにする

1か月~2か月に1回程度、美容室で白髪染めをしている方であれば、次回までの間に根本からキラキラと白っぽく白髪が生えてきてしまうことでしょう。

そこで市販の白髪染めを使えばセルフで染めて、リタッチすれば美容院のつなぎになる。

そのときに使う白髪染めは二剤混合式よりも、ヘアマニキュアのように刺激の少ない白髪染めのほうが好ましい。

ヘアマニキュアには白髪染めトリートメントや白髪染めシャンプーなどがあります。

ヘアマニキュアタイプの白髪染めで髪の根元を染めるリタッチは染まらない?色を長持ちさせる方法はある?

白髪染めトリートメントがおすすめ

ヘアマニキュアは、髪の表面に色をつける方式ですので、美容室やセルフで混ぜて使う二剤混合式と比べて、低刺激で髪や頭皮にダメージが少ない。

ダメージがほぼ無いので毎日でも染められます。
根本の白っぽい部分や1本だけの白髪を見つけたとき、すぐに染められる。

白髪染めと普通のカラーで傷みが違う?比較して傷みがきついのはどちらかを考えるよりも、トリートメントタイプなどの低刺激のものを選べば、傷みについて全く気にする必要がなくなります。

白髪染めトリートメントがまさにヘアマニキュアです。
髪の表面に色をつけて染めます。
白髪だけでなく黒髪も一緒に染めますので、普通の黒髪の方でもお使いいただけます。

ジアミンアレルギーやこれまでヘナで染めてきた敏感肌の方には最適。

これまで美容室でヘアカラーや白髪染めをしてきたり、セルフでも1剤と2剤を混ぜて染めてきた方でも、ヘアマニキュアの白髪染めトリートメントに変える方が増えてきています。

髪を染めるときの髪の毛や頭皮のダメージを気にしている、ヘアカラーから健康についての悪影響を心配されているのでしたら、白髪染めトリートメントのご使用をおすすめします。

人気のヘアマニキュアはこちら♪
白髪染め比較おすすめランキング

関連記事

白髪染め失敗、やり直しで染めたい気持ちを抑えて待つのが正解
中途半端な白髪の量に悩む、むしろブリーチして色を入れたい
白髪染め後、その上からヘアカラーしたらどうなる?
白髪染め失敗、追加の白髪染めで髪を明るくできる?
白髪染めで真っ黒に染めてから茶髪に染める方法
自分でちょっと白髪隠しすれば白髪染めのつなぎにできる白髪のホームケア
セルフで白髪を生かしたカラーリングなら市販アッシュもおすすめ

おすすめ