白髪染め失敗、やり直しで染めたい気持ちを抑えて待つのが正解

白髪染めで染めてみて、仕上がりが思っていた色と違う場合、あるいは事前に予想していた髪色イメージと大きく違えば、それは白髪染め失敗だと言えるでしょう。

白髪染め失敗。やり直し、染め直ししたい

白髪染め失敗した場合、やり直したい、染め直したいけれど、できるのでしょうか。

ライトブランで染めて予想以上に明るすぎたとか、赤みがあるというのも嫌でしょうし、ナチュラルブラウンやダークブラウンで染めて髪が真っ黒になったというのも嫌でしょう。

白髪染めの場合、オシャレ染めのヘアカラー剤で染めた場合と違って、白髪がきちんと染まっておらず白髪隠しできていない場合と、白髪は染まって白髪ケアできたけれど、全体的に髪色がイメージと違う仕上がりになったという失敗もあるでしょう。

白髪染め後にカラー?白髪染めの上からカラーリングするとどうなる?

二剤混合式の白髪染め染め直し翌日はダメ

白髪染めやヘアカラーリング剤は、基本で二剤一式。
1剤と2剤を混ぜて使う酸化染料。
市販のセルフ染めでも、美容院で美容師に染めてもらっても同じ。

これらは髪の表面にあるキューティクルを組織破壊して開き、内部のメラニン色素に発色剤が定着して染毛していきます。
染めてから1週間程度は不安定気味で完全にキューティクルが閉じるには1週間近くかかるとされます。

ですから染め直すとしても1週間は待つべき。

しかしその1週間とは色が定着して落ち着いたという目安ですので、すぐに色を変えられるという意味ではありません。

白髪染めの失敗で黒くなりすぎたらどうするか

白髪染めの失敗で黒くなりすぎたら、まず髪色をすぐに変えるのは困難。
無理だと言ってもよいでしょう。

明るすぎた場合にトーンダウンさせるならまだしも、黒くなりすぎた場合には明るくするどころか、色を変えること自体が難しい。

やるとすればブリーチで脱色してから染め直すという方法。

ブリーチで色抜きの失敗

やり直し、染め直しでブリーチで色を抜こうとする人がいますが、実は間違い。

カラーリングで染めた髪は脱染剤というものでなければ色は落ちません。
脱色剤と脱染剤の違いはプロの美容師でも曖昧なことがあるくらいであり、素人が行う技ではありません。

理由はいくつかありますが、まず、髪や頭皮へのダメージが酷い。
そして髪色が変な色に変色してしまう可能性も否定できないからです。

例えば美容師さんに髪色がイメージと違うから変えてほしいなどと相談したり、「今すぐ、やり直してください」と申し出ても快く聞いてはくれないでしょう。
答えは、しばらく待つということになるはず。

髪の毛は一度染めたら、そんなに簡単に色を変えられるものではありません。
ペンキや絵具で色を塗るのとは訳が違います。

美容院で白髪染めしてやり直しは?染め直してくれる?

美容院で白髪染めして失敗したら、やり直しはしてくれないのでしょうか。

そのようなことはありません。
髪や頭皮のダメージを考慮して、今すぐに染め直しはできませんが、1週間~1か月くらい過ぎた後であれば染め直しに対応してくれます。

少ない本数であればカットで対応することもできます。
切り落とすだけであれば、当日でも翌日でも可能なのは言うまでもありません。

1本でも染まっていない白髪を見つけた場合は、帰宅後でも数日後でも構いませんので、美容院に電話をして、やり直しや染め直しについて確認しましょう。

美容院で白髪染めについてトラブル、クレームを入れた

髪や頭皮にダメージがあるので白髪染めリタッチは二週間後に

髪を染めるというのは髪や頭皮に負担がありますので、染める頻度を落として1~2か月に1回が適切というおよその目安があります。
それなのに短期間に繰り返し染めたらどうなるか?
ダメージが酷い。

ダメージを受けた髪の毛は将来的に細くなったり、抜け毛が増えたり、薄毛になっていく恐れすらあります。
単純に皮膚炎やアレルギーなど健康被害の心配もあります。

髪が生え変わるまで待つ。そうしてまた新たにお好きなように髪を染めればよいでしょう。それがダメージを最小限に抑える方法です。
白髪染め、オシャレ染めともに共通して言えることですが、連続で頻繁に染めるのはよくない。
だから直後の染め直しはしないほうがよい。

白髪染めトリートメントや白髪染めシャンプーなら失敗が少ない

ヘアマニキュアと呼ばれるような白髪染めでしたら、髪の表面を染めるだけで低刺激ですので頻繁に染めることが可能。
白髪染めトリートメントや白髪染めシャンプーなどがそうです。
毎日使ってもよい。

これらは色のつき具合もゆっくりで弱めですので、髪色の仕上がりイメージと違っていても早めに気づけます。
失敗する可能性は少ないでしょう。

髪色がイメージと違うと感じたら使用を一時停止すればよいだけですし、既に色味が出ていても1~2週間前後ですぐに色落ちしてきますので、修正までに待つ時間も少なくて済みます。

また、美容院やセルフの二剤一式で1か月ごとに染めている方も、新しく生えてきた白髪の髪の根元だけ染めたい場合などリタッチにも使えるので1本持っておくと便利です。

白髪染め比較おすすめランキング(人気の白髪染めトリートメント・白髪染めシャンプー)

失敗した直後の髪色を変えるのはヘアマニキュアでも難しい

髪を染めたとき二剤式なら髪の内部のメラニン色素の色を変えているといのはご説明しました通り。
それを絵具やペンキのように上塗りしたり色を混ぜたりできるかと言えば、そういうわけにはいかないでしょう。

上塗りでなんとかしたいなら髪の表面を染めるヘアマニキュアタイプの白髪染めトリートメントや白髪染めシャンプーなら対処できる可能性はあります。

しかしながら二剤式で染めた直後の髪をヘアマニキュアで染めて色がつくとは思えません。

明るすぎたので、暗くトーンを落とすのだって難易度があります。
ましてや暗い髪を明るくするというのはさらに難しい。
染めた髪色から表面に色をつけるだけなのだから誤魔化せると言えば、原理上はそうですが、そう単純ではありません。

また、二剤混合式で染めた後に白髪染めトリートメントを使ったら髪が緑に変色してしまったというまことしやかな噂話もありますので、やはり2種類以上の白髪染めやヘアカラーリングを混ぜるかのように、染めた直後に上塗りして染め直しするというのは、例えヘアマニキュアでも止めておくのが無難だと言えそうです。

関連記事

白髪染めと普通のカラーで傷みが違う?比較して傷みがきついのはどちらか
ヘアマニキュアタイプの白髪染めで髪の根元を染めるリタッチは染まらない?色を長持ちさせる方法はある?
プリン頭を白髪染めで直したい。逆プリン髪に困ったときの対処法
白髪染めして1か月もせず、すぐ伸びる生える悩み。すぐ目立つ白髪をケア
市販おしゃれ染めと白髪染めを混ぜて使ってもいいの?
白髪染め後、その上からヘアカラーしたらどうなる?
生え際・分け目・もみあげ・頭頂部など根元を白髪染めで染めるなら、おすすめはクリーム状のタイプ

おすすめ