白髪染め失敗、やり直しで染めたい気持ちを抑えて待つのが正解

白髪染めで染めてみて、思っていた色と違う場合、
事前に予想していた髪色イメージと違えば失敗。

白髪染め失敗。やり直し、染め直ししたい

やり直したい、染め直したいけれど、できるのか。

ライトブランで染めて予想以上に明るすぎた、
赤みがあるというのも嫌でしょうし、
ナチュラルブラウンやダークブラウンで染めて
髪が真っ黒になったというのも嫌でしょう。

白髪染め後にカラー?白髪染めの上からカラーリングするとどうなる?

二剤混合式の白髪染め染め直し翌日はダメ

白髪染めやヘアカラーリング剤は、基本で二剤一式。
1剤と2剤を混ぜて使う酸化染料。
市販のセルフ染めでも、美容院で美容師に染めてもらっても同じ。
これらはキューティクルを組織破壊して開き、内部のメラニン色素
に発色剤が定着していきます。

染めてから1週間程度は不安定気味で完全にキューティクルが
閉じるには1週間近くかかるとされます。

ですから染め直すとしても1週間は待つべき。

しかしその1週間とは色が定着して落ち着いたという目安ですので、
すぐに色を変えられるという意味ではありません。

ブリーチで色抜きの失敗

それからブリーチで色を抜こうとする人がいますが間違い。
カラーリングで染めた髪は脱染剤というものでなければ色は落ちません。
脱色剤と脱染剤の違いはプロの美容師でも曖昧なことがあり、
素人が行うことではありません。
もちろん髪や頭皮へのダメージがあります。

例えば美容師に髪色がイメージと違うから変えてとか、
やり直してください、と申し出ても快く聞いてはくれないでしょう。
答えは、しばらく待つということになるはず。

髪の毛は一度染めたら、そんなに簡単に色を変えられるものではありません。
ペンキや絵具で色を塗るのとは訳が違います。

髪や頭皮にダメージがあるので白髪染めリタッチは二週間後に

髪を染めるというのは髪や頭皮に負担があるわけで、
頻度を落として1~2か月に1回という目安があるのもそのため。
それなのに短期間に繰り返し染めたらどうなるか。
ダメージを受けた髪の毛は将来的に細くなったり、抜け毛が増えたり、
薄毛になっていく恐れすらあります。

髪が生え変わるまで待つ。そうしてまた新たにお好きなように
髪を染めればよい、ダメージを最小限に抑える方法です。
白髪染め、オシャレ染め共通の内容として連続で頻繁に染めるのはよくない。
だから染め直しはしないほうがよい。

白髪染めトリートメントや白髪染めシャンプー

ヘアマニキュアと呼ばれるような白髪染めでしたら、
低刺激ですので頻繁に染めることが可能。
白髪染めトリートメントや白髪染めシャンプーなどがそうです。
毎日使ってもよい。
これらは色のつき具合もゆっくりで弱めですので、
髪色の仕上がりイメージと違っていても早めに気づけます。
失敗する可能性は少ないでしょう。

違っていると感じたら使用を一時停止すればよいだけですし、
既に色味が出ていても2週間前後で色落ちしてきますので、
修正までに待つ時間も少なくて済みます。

関連記事

白髪染めと普通のカラーで傷みが違う?比較して傷みがきついのはどちらか

おすすめ

★おすすめ
<白髪染めトリートメント>
利尻ヘアカラートリートメント[白髪用]

<白髪染めシャンプー>
利尻カラーシャンプー[白髪用]

<白髪染めトリートメント>
ルプルプ(LPLP)白髪染めカラートリートメント

<白髪隠し(ファンデーション)>
利尻ヘアファンデーション(白髪隠し)

<薄毛隠し(パウダー)>
利尻ボリュームアップパウダー&フィットスプレー