プリン頭を白髪染めで直したい。逆プリン髪に困ったときの対処法

プリン頭になってしまった髪色の状態を白髪染めで直したい場合。

ヘアカラーでプリン頭

髪色を染めるヘアカラーリングでプリン状態というのは、オシャレ染めなどの
ヘアカラーで染めてしばらくして時間が経過した後、根元から新しい髪の毛が生えてきた
2色の色違いの状態。

最もわかりやすいのが金髪で染めたり、ブリーチでハイトーンに染めた髪色で、
根元から生えてくる地毛の黒髪は、特に頭頂部などで黒い地帯になる。
それを全体的な黄色とのコントラストで見れば、まるでプリン。だからプリン頭。

黒髪を茶髪に染めた場合ですとプリンっぽくなっても、それなりにカモフラージュできたり、
逆にグラデーションを楽しめたりするのですが、金髪においてのプリンは最悪。
見ようによっては変を通り越して不潔にも見られます。

白髪染めだと逆プリン頭

白髪染めで染めた後、根元から新しい白髪が生えてきてもプリン頭。
この2色のコントラストは、逆プリンとも呼ばれます。
全体が黒や茶色でトップが白ですから。

プリン頭への対処は部分染めリタッチ

では、プリン頭を直す、染めるにはどうすればよいのでしょうか?

これは部分染めで対処していく。
根元だけを染めるようにする、リタッチとも言います。

全ての髪をまとめて染めるフルカラーのほうが染め方の対処法として
簡単ではあるのですが、既に染まっている部分を二度目に染めるたときの
ダメージを考慮すべきだからです。

美容院に行けば、美容師がうまくやってくれるでしょう。
根元だけ染めてリタッチ、毛先は染めない、これでプロレベルの部分染め。

セルフでリタッチするなら白髪染めトリートメント

もしセルフ染めでプリンを直すなら部分染めしやすいクリーム状のタイプを選ぶ。
例えば白髪染めトリートメントがよいでしょう。
液ダレなしで、ピンポイントに根元だけ染めることが可能。

リタッチの失敗は再び逆プリン化

それから万が一、うまくリタッチ対処できないとどうなるか。

新しく生えてきた根元部分は一度目の染毛ですから濃い目に染まる。
既に染まっている毛先と色合いや明るさが異なり、
この髪色の違いが再び逆プリン現象、プリン状態になってしまう恐れがあります。
根元はフレッシュなカラーで色付き、毛先はやや色落ち、退色感があるなどの違い。

オシャレ染めの場合も同じですが、こういったリタッチでのトラブル事例については、
染める前に少なくとも知識としては知っておくこと。

プリン頭を部分染めでリタッチ直ししたい場合には慎重に染めるようにしたい。

白髪染めトリートメントでフルカラー

そうなると白髪染めトリートメントは改めてメリットがあります。
一般的な二剤混合式の白髪染めと違ってヘアマニキュアと呼ばれるタイプですので、
表面だけを染めるタイプで低刺激なのです。
フルカラーで染めても、二度目に染める毛先のダメージもほとんど無い。

プリン頭の修正に迷うようでしたら、白髪染めトリートメントでフルカラー、
全頭染めしてしまうほうがよいかもしれません。

おすすめ