的確な頻度はどのくらいか50代における白髪染め

50代で白髪染めを使い始めるということはむしろ稀で、
それ以前から使い慣れている方が多いと思います。

白髪を染める的確な頻度はどのくらいでしょうか。

50代における白髪染めの頻度や回数

白髪は30代から生え始めるのが平均的で、40代では大半の人が
白髪を染めるようになっています。
50代では白髪を染めていない人のほうが少数派。

40代から白髪染めを使うようになって、50歳以降、段々と
染める回数が増えてきているかもしれません。

アラフィフでも白髪の生える個人差はある

同じ50代でもアラフィフから50歳後半というのは身体的な個人差も多い。
多くの方に白髪が生えているとは言え、生えていない方も
いらっしゃいますし、数本だけ、半分くらい、と様々。

生えている白髪が少ない、多いだけでも白髪染めを使う回数、
頻度はかなり違う。

50代での白髪染めの正しい頻度は?

市販の白髪染めでセルフで染める場合も、美容院で白髪染め
する場合も同じですが、1か月に1回の頻度でしょう。
美容室にカットで通っているならば特に。

もしくはサロンなどプロの美容師の指導で、2か月に1回程度の
頻度に落としているかもしれません。

ヘアカラーや白髪染めは酸化染料ジアミンや石油系化学化合物
などが含まれていることが多く、髪の表面キューティクルを開く
ことも含めて、髪や頭皮にダメージがあるので高頻度で染めるのは
好ましくないのです。

しかし髪が伸びるのが早い方ですと1週間でも数ミリは根元の白が
見えてきてキラキラ気になるという感じになる。

染めてから2週間もすれば、染めないと明らかにわかる量の白髪が
生えてしまっている方も多いはずですので、
2~3週間に1回は白髪染めを使わざるをえないということになる。

ただ、髪や頭皮のことを考えますと、1~2か月は間隔を空ける、
というのが頻度としては正しい。

白髪染めトリートメントなどヘアマニキュアなら染める頻度は毎日可

そこでヘアマニキュアの活用をご提案します。
髪の表面を染めるだけですので、キューティクルを開いて染毛するほど
の刺激は無い。

ヘアマニキュアには白髪染めトリートメントや白髪染めシャンプーが
ありますが、天然成分でノンジアミン、石油系化学化合物など
有害物質無添加。
髪や頭皮にやさしい低刺激。

毛髪や頭皮のダメージを考えますと、ヘアマニキュアである
白髪染めトリートメントや白髪染めシャンプーはおすすめ。

部分染め、リタッチカラーとしても活用できる。
ピンポイントの白髪隠し。ゴマ塩頭にも有効。

トリートメントタイプ、シャンプータイプですと、手軽に染めること
ができますし、毎日使っても大丈夫、高頻度で使用可能。

刺激やダメージが少ない反面、染まり方がゆっくりという仕組みに
なっていますので、従来の二剤混合式の白髪染めや美容室での白髪染め
など刺激とダメージのある方法と両方をうまく組み合わせてつないでいくのが
50代の白髪染め使用頻度としては正しいと考えます。

1か月に1回美容室で白髪染めをして、その間つなぎとして、
1週間~2週間に1回は白髪染めトリートメントで染めていく。

もちろん毎日、白髪染めトリートメントや白髪染めシャンプー
を使うのもとても有効。

的確な頻度が気になる50代の方にこそ、
白髪染めトリートメントタイプ、白髪染めシャンプーおすすめします。

おすすめ