40代悩みのピーク白髪染めの頻度多めで

40代で白髪染めを使う人は多い。あまり話題にならないものの、
実はみなさんかなりの頻度で白髪を染めています。

白髪の原因

白髪の主な原因に加齢、そしてストレスが挙げられます。

加齢要因としては30代半ばから白髪が生える、気づくことが多く、
アラフォーから40歳代は白髪染めを本格的に使い始める年齢とも言えます。

40代でキラキラと見え隠れする、明らかな白髪部分が広がるのは当たり前のことなのです。

髪を染めるヘアカラーの頻度は?

オシャレ染めヘアカラーなどで髪を染める頻度は、
1か月に1回、あるいは2か月に1回程度がよいとされています。

美容院でカットに合わせてヘアカラーや白髪染めをしている方もこのくらいの頻度でしょう。

1剤と2剤を混ぜて使う混合剤が髪の表面キューティクルを開き、
髪の内部のメラニン色素を染めるにあたって髪にダメージがありますので、
染める間隔を空けて、頻度を減らしているのです。

合わせて、ヘアカラーの液剤が頭皮に付着するダメージも考慮したい。

40代における白髪染めの頻度

一般的な二剤混合式のオシャレ染めカラーリング剤と同じく、
白髪染めもキューティクルを開き髪の内部のメラニン色素を染める。

前述の通りダメージをうまくコントロールしませんと髪や頭皮が傷んで
ボロボロになってしまう恐れがあるので注意したい。

40代が白髪を染める場合、市販の白髪染めでセルフで染めるにしても、
美容院で白髪染めするにしても、1か月に1回以下の頻度であれば、
髪や頭皮へのダメージにおいては問題ないと言えるでしょう。

部分染め・リタッチカラー

1か月に1回ではすぐに生えてくる白髪が目立つからと、
2週間~3週間に1回の頻度で白髪ケアしている方もいます。

人間の髪の生え方から、伸びるのが早い方は1週間でも3mmは生えますから、
根元に白いキラキラと白髪があっても不思議はありません。

どうしても白が目立ってきてしまうのであれば部分染めで対処。
白髪隠しを目的にヘアマニキュアをうまく活用する。
白髪染めトリートメントや白髪染めシャンプーがそれに当たります。

これらは二剤混合式の混ぜて使う白髪染めと違い、
髪の表面を染めるだけなので低刺激。

ダメージを心配する必要がありませんので、1~2週間に1回どころか、
毎日という高頻度で染めることさえ可能。

月1回で二剤混合式でしっかり染めて、そして、その間つなぐのは
白髪染めトリートメントや白髪染めシャンプーなどのヘアマニキュア
というスタイルが理想的な使用頻度。

ダメージが少ない分、ゆっくり染まり、ある程度色落ちしやすい
ということも否めませんが、それは仕方ない。

それでも、40代で白髪への悩みがピークになったとき、
白髪染めの頻度多めで対処するなら体に安全で髪や頭皮に優しいヘアマニキュア、
白髪染めトリートメントや白髪染めシャンプーが欠かせません。

おすすめ