利尻ヘアカラートリートメントの色選び、明るいけど赤みを抑えた新色ナチュラルブラウン登場

利尻ヘアカラートリートメントの色選びのヒント。

ナチュラルブラウンはどんな髪色に染まるのでしょうか。

利尻ヘアカラートリートメントで<新色>ナチュラルブラウンが登場

利尻ヘアカラートリートメント
は、こちら

カラーバリエーション、4色から色選び

利尻ヘアカラートリートメントの色選び。

髪の仕上がり色を黒く染めるブラック。
茶色、茶髪に染めるならライトブラウン、ダークブウラン、
追加されたナチュラルブラウンのブラウン系3種類。

全部で4色のカラーバリエーションがあります。

利尻ヘアカラートリートメント何色が似合うか。色選びのコツとは?

  • ブラック
  • ダークブラウン
  • ライトブラウン
  • ナチュラルブラウン

利尻ヘアカラートリートメント4つの色

★利尻ヘアカラートリートメントはこちら♪
白髪染め!利尻ヘアカラートリートメント - 株式会社ピュール

新色ナチュラルブラウン

利尻ヘアカラートリートメント・ナチュラルブラウン
利尻ヘアカラートリートメントに2016年の夏、新色のナチュラルブラウンが登場しました。
カラーバリエーションが増えて全4色となった。

白髪隠しで髪を黒く染めるのではなく、明るい髪色にしたいという方々のためのブラウン系統のカラー。

その中でも自然で明るい髪色に染まるのがナチュラルブラウン。
既存のライトブラウンよりも赤みを抑え、ダークブラウンよりは明るいという色味設定。
鮮やかな光沢が出るのも特徴。

自然で明るいけど派手すぎないナチュラルブラウン。

【ナチュラルブラウン】
利尻ヘアカラートリートメント

ダークブウランとライトブラウン

利尻ヘアカラートリートメント・ライトブラウン
ハイトーンにしたいならライトブラウン。

明るい髪色に染めることができますが、
やや赤みが目立つ仕上がりになる可能性があります。

【ライトブラウン】
利尻ヘアカラートリートメント

利尻ヘアカラートリートメント・ダークブラウン
落ち着いた重い暗い茶色のダークブウラン。

真っ黒よりも少しだけ茶色にしたいくらいならダークブラウンを選ぶ。
大人の雰囲気でよいと言える。
落ち着いたシックなブラウン。

【ダークブウラン】
利尻ヘアカラートリートメント

とにかく明るい髪色にしたいならライトブラウンを選べばよいのですが、
若干の赤みが出てしまうので気にする方にとっては問題です。

日本人の髪を明るくしようと思ったらブラウン系のカラーリングをする必要があり、
そのときベースとなる焦げ茶に含ませるオレンジから赤っぽさが出てしまうのです。
この傾向はプロの美容師含め、誰がやっても同じなので仕方ない。
利尻ヘアカラートリートメントも然り。

ブラック

利尻ヘアカラートリートメント・ブラック
白髪を普通に目立たせなくすればよいのなら、
日本人の白髪隠しとしては、地毛の黒髪に合わせてブラックを選べばよい。

【ブラック】
利尻ヘアカラートリートメント

利尻ヘアーカラートリートメント

利尻ヘアーカラートリートメントは、いわゆる白髪染めトリートメントでヘアマニキュア。
素手で塗れるほど低刺激で安全な成分で作られています。

美容院で白髪染めやヘアカラーをしたり、セルフで染めるときは主に、
1剤と2剤を混ぜる二剤混合式を使っているわけですが、
酸化染料ジアミンや石油系成分など薬品の化学反応からくる刺激が強い。
ツンとした嫌なニオイがしたり、頭皮がピリピリ感じたり。

これら二剤混合式の白髪染めに比較して、利尻ヘアーカラートリートメントなら
植物エキス中心の天然成分で作られており、石油系化学化合物など有害物質は無添加、
ノンジアミンなので、髪や頭皮へのダメージを抑えたい人、負担を無くしたい人には最適。

利尻ヘアカラートリートメントと利尻カラーシャンプーよく染まるのはどっち?その違いとは?

利尻ヘアカラートリートメント

髪の表面に色をつけるというタイプですので、何回か染めるたびに
ゆっくり染まっていく。
連続で染めて3~5回目以降、最終的に、きれいに染まるのですが、
染まり方はやや弱めで、色落ち退色も早め。
髪の表面を染めているだけなのでこういった染まり方。

逆に髪色の変化が緩やかで元に戻しやすいということも言える。
難しく考えずに、まずは染めてみるのがよいでしょう。

仮に仕上がりがイメージと違ったとしても、やがて色落ちがありますので、
失敗を恐れずに大胆に染めても大丈夫です。

利尻ヘアカラートリートメントは汗で落ちる?

利尻ヘアカラートリートメントのナチュラルブラウンの口コミ

黒髪をダークブラウンで染めても、初めのうち髪色の変化はわかりにくいレベルかもしれません。
その程度のブラウンでよいなら構いませんが、明るめの髪色、やや茶髪にしたいと思って色選びに迷っているのなら、
新色のナチュラルブラウンから始めてみるのもおすすめ。

利尻ヘアカラートリートメントのナチュラルブラウンについて口コミや評判を調べて見ました。

濃くなりすぎず、明るくなりすぎないナチュラルブラウン。
ダークブラウンから変えて正解でした。

ダークブラウンで地味だと思って
ナチュラルブラウンへ変えてみたら、
変化のあるよい髪色になった。

ライトブラウンは染めてみて、
これはないかなという色味だった。
赤っぽさが変に感じてしまって派手め。
ナチュラルブラウンでイメージに近く染まった。

これまでの利尻ヘアカラートリートメントユーザーの方々が
追加された新色のナチュラルブラウンを試しているようです。

同じブラウンでもダークブラウンで染めますと黒髪との違いが
あまりわからない方が多い。
そこでライトブラウンを使ってみるとオレンジ成分からの
赤が強調されてしまいどうしても気になる。
ナチュラルブラウンですと、これら両方の悩みを解決して、
一番理想に近い髪色に染まると実感できるようです。

後から追加された新色だからこそ可能になった、
誰でも使いやすいブラウンの色味であると言えます。

ナチュラルブラウンは多くの方に好評です。

髪をそれなりに明るくしたい人にとっても、明るいけど派手過ぎず
大人の雰囲気を残して落ち着いた髪色を維持したい人にとっても、
どちらにも対応できるバランスのよいブラウン色カラーだと言えるでしょう。

利尻ヘアカラートリートメント[白髪用]

利尻ヘアカラートリートメント
【公式】

※利尻ヘアカラートリートメントはこちら
白髪染め!利尻ヘアカラートリートメント - 株式会社ピュール

関連記事

利尻ヘアカラートリートメントの体験談(口コミ・評判・評価)
利尻ヘアカラートリートメントの正しい使い方はシャンプー前か後か
利尻ヘアカラートリートメントを毎日使うのは正しい頻度?使い方次第では有害か。月1週1回でも色落ちなし?
利尻ヘアカラートリートメントは黒髪も染まる?黒髪を染めてもよいの?黒髪戻しにも使える?
利尻ヘアカラートリートメントの評判悪い口コミは本当?嘘?
利尻ヘアカラートリートメントが色落ちするという口コミは本当?
利尻ヘアカラートリートメントが染まらないという口コミは本当?
利尻ヘアカラートリートメントで変色するのは染まっていないから?
利尻ヘアカラートリートメントとヘナとの違いを比較。どっちで染めるか併用か
若白髪を利尻ヘアカラートリートメントで染める中学生や高校生。10代の若白髪ケア
「 利尻ヘアカラートリートメント 」の記事一覧

おすすめ