利尻ヘアカラートリートメントの正しい使い方はシャンプー前か後か

利尻ヘアカラートリートメントの正しい使い方として、
シャンプー前に塗るのが正しいのか、シャンプー後に塗布が正解なのでしょうか。

実は、シャンプーの前でも後でもご使用いただけます。

利尻ヘアカラートリートメントをシャンプーしてから使う?

利尻ヘアカラートリートメント
は、こちら

シャンプー前でも、シャンプー後でも使用可能の利尻ヘアカラートリートメント

利尻ヘアカラートリートメント白髪染め
利尻ヘアカラートリートメントは、
シャンプー前の乾いた髪にも、シャンプー後の濡れた髪でも、どちらにもお使いいただけます。

Q)放置時間は、どのくらいですか?

A)白髪用利尻ヘアカラートリートメントは、シャンプー後のぬれた髪や乾いた髪のどちらでもご使用頂けます。ぬれた髪にご使用の場合は5分から10分程度で洗い流してください。
乾いた髪に使用する場合は、30分から1時間程度、長めに放置するとしっかりと染まります。
※はじめのうちは、少し長めに置くと効果的です。
(サスティ公式[白髪用]利尻ヘアカラートリートメント・よくある質問)

たった3ステップの簡単白髪染め。
セルフだから自宅で手軽に白髪を染められます。

シャンプー前、シャンプー後、それぞれ、以下のステップでお使いください。

★利尻ヘアカラートリートメントはこちら♪
白髪染め!利尻ヘアカラートリートメント - 株式会社ピュール

シャンプー後の濡れた髪に利尻ヘアカラートリートメントを使う場合の使い方

シャンプー後に利尻ヘアカラートリートメントを使う場合の
使い方は以下の通り。

まず先にシャンプーをして洗髪する

利尻ヘアカラートリートメントを手に取る。
(低刺激なので手袋をしなくても素手で扱えますが、
手の汚れが気になる方は、専用ブラシやビニール手袋を使う)
ステップ1)たっぷり、まんべんなく塗る(利尻ヘアカラートリートメント)

髪全体に塗ったら、放置時間として5分~10分ほど
そのままお待ちください。
ステップ3)10分程度時間を置く(利尻ヘアカラートリートメント)

髪を洗い流す、ぬるま湯ですすぐ。
流す水に色が無くなったら終了。

ステップ3)後は洗い流すだけ(利尻ヘアカラートリートメント)

シャンプー後の濡れた髪に利尻ヘアカラートリートメントを使う場合の使い方としては、
髪に塗った後の放置時間を5分~10分程度で洗い流すこと。

シャンプー前の乾いた髪に利尻ヘアカラートリートメントを使う場合の使い方

実は、もうひとつの使い方として、シャンプーをする前の乾いた髪に塗るという使い方も可能です。

Q)乾いた髪に使用しても良いのですか?

A)白髪用利尻ヘアカラートリートメントは、乾いた髪にもご使用頂けます。乾いた髪にご使用の場合は、30分から1時間程、長めに置いた後、ぬるま湯で色水がなくなるまですすぎ、その後シャンプーして仕上げてください。
(サスティ公式[白髪用]利尻ヘアカラートリートメント・よくある質問)

シャンプー前に利尻ヘアカラートリートメントを使う場合の
使い方は以下の通り。

入浴前の乾いた髪に利尻ヘアカラートリートメントを塗る
(但し、あまりにも汚れた脂っぽい髪の場合はダメ)

1)塗る(利尻ヘアカラートリートメント)

30分から1時間程度を目安に放置時間としてそのまま待つ

2)時間を置く(利尻ヘアカラートリートメント)

ぬるま湯で洗い流し色水が出なくなるまで髪をすすぐ。

シャンプーして仕上げる

3)流してシャンプー(利尻ヘアカラートリートメント)

シャンプー前に利尻ヘアカラートリートメントを使うことで、
長めの時間を置いてしっかり色付けできますので、色持ちをよくするメリットがあります。

放置時間は30分~1時間を目安としてください。初回の使用時は長めの放置がおすすめ。
しかし、あまりに長過ぎても効果が上がるわけではありませんから、
翌日からも毎日使うことで髪色を付けていきしょう。

また、利尻ヘアカラートリートメントは素手で使えますが、
乾いた手で塗ると手の汚れが落ちない場合があります。
ぬれた手で扱うようにして、使用後は石鹸で洗い流してください。
あるいは手ではなくコーム(櫛)や専用ブラシを使って髪に塗っていきましょう。

利尻ヘアカラートリートメントが染まらないという口コミは本当?

きれいな髪色に染めるコツとポイント

利尻ヘアカラートリートメントの白髪ケアで、
きれいな髪色に染めるコツとポイントをご紹介します。

利尻ヘアカラートリートメント

ヘアキャップをして放置時間を待つ

髪色があまり染まらないようでしたらヘアキャップを使ってみましょう。

利尻ヘアカラートリートメントは保温するとよりキレイに染まる性質がありますので、
上手に髪を染める使い方であり、染毛を確実にするコツです。

放置時間の間、ラップフィルムやシャンプーキャップなどで髪の毛全体を包んで待つのです。

室温が低いのも染まりにくい原因

室温が低いのも染まりにくい原因のひとつになりえます。
よって冬場は染まりにくい傾向になる。

多くの方はお風呂に入るときに風呂場で使うかもしれませんので、ご注意ください。

また、リビングなど部屋で暖房やエアコンで室温を上げようとするのは構いませんが、
念のため換気にも気を付けてください。

利尻ヘアカラートリートメントは汗で落ちる?

ノンジアミンなのでアレルギー体質でも使える

利尻ヘアカラートリートメントは天然成分で作られており、ジアミンや有害な成分、
化学物質などは無添加、ノンジアミンですので、アレルギー体質でも使える。
中毒などの心配はありませんし、ツンとした嫌な臭いもありません。

但し、個人差もありますので、肌の状態をみる為に事前にパッチテストを行っておく。

実際に使う際に気になる方は窓や扉を空けて空気の入れ替えをしながらお使いください。

利尻ヘアカラートリートメントを毎日使うのは正しい頻度?使い方次第では有害か。月1週1回でも色落ちなし?

ゆっくり染まるのが特徴のヘアマニキュア

利尻ヘアカラートリートメントはヘアマニキュアタイプのヘアカラー。
こういった白髪染めトリートメントの特徴として、ゆっくり染まる、
少しづつ髪色が変わっていくということがあります。

逆に初回の使用後は、あまり髪色が変わっていないと驚くかもしれません。
初めて使うときには放置時間を長めにするのが効果的。

なるべくこまめに使うこと、毎日染めていきましょう。
髪色が安定してきましたら1週間~2週間に1回でも色落ちを感じることなく、
長持ちしたような髪色をキープできるでしょう。

利尻ヘアカラートリートメントの正しい使い方を実行すれば、
白髪がきれいに染まるので、これで白髪ケアは心配無用、白髪隠しは大丈夫です。

利尻ヘアカラートリートメント[白髪用]

利尻ヘアカラートリートメント
【公式】

※利尻ヘアカラートリートメントはこちら
白髪染め!利尻ヘアカラートリートメント - 株式会社ピュール

関連記事

利尻ヘアカラートリートメントの体験談(口コミ・評判・評価)
利尻ヘアカラートリートメントと利尻カラーシャンプーよく染まるのはどっち?その違いとは?
利尻ヘアカラートリートメント何色が似合うか。色選びのコツとは?
利尻ヘアカラートリートメントの色選び、明るいけど赤みを抑えた新色ナチュラルブラウン登場
利尻ヘアカラートリートメントとヘナとの違いを比較。どっちで染めるか併用か
利尻ヘアカラートリートメントで変色するのは染まっていないから?
利尻ヘアカラートリートメントは黒髪も染まる?黒髪を染めてもよいの?黒髪戻しにも使える?
利尻ヘアカラートリートメントの評判悪い口コミは本当?嘘?
利尻ヘアカラートリートメントが色落ちするという口コミは本当?
若白髪を利尻ヘアカラートリートメントで染める中学生や高校生。10代の若白髪ケア
「 利尻ヘアカラートリートメント 」の記事一覧

おすすめ