利尻ヘアカラートリートメントは黒髪も染まる?黒髪を染めてもよいの?黒髪戻しにも使える?

利尻ヘアカラートリートメントは黒髪も染まるのでしょうか?

黒髪も染まるのなら黒髪戻しにも使えるのかどうか。

利尻ヘアカラートリートメントで黒髪を染める

利尻ヘアカラートリートメント
は、こちら

利尻ヘアカラートリートメントは黒髪も染まる

利尻ヘアカラートリートメントは白髪も黒髪も一緒に染まる。

もし白髪だけが染まったら、染まっていない黒髪と染めた髪色とで見た目の差がでてしまうでしょう。そのようなことにはなりません。
ブラックで染めた場合ならまだしも、ブラウン系で染めたら困りますね、茶髪と黒髪の混在、まだら模様になりそうですから。
特にライトブラウンなどでは。

既にオシャレ染めで茶髪に染めている方が白髪だけが茶色に染まればいいと考えてしまうかもしれませんが、そのようなわけにもいきません。
これから染めるカラーの色味や明るさが今の髪色と違ってコントラストになってしまうので、やはり不自然。

★利尻ヘアカラートリートメントはこちら♪
白髪染め!利尻ヘアカラートリートメント - 株式会社ピュール

利尻ヘアカラートリートメントで黒髪を染めてもよい

利尻ヘアカラートリートメントは、いわゆる白髪染めトリートメント。
髪の表面に色をつけるヘアマニキュア。

髪に塗れば、塗った部分の白髪だけでなく黒髪にも色がつきます。
髪の表面に色付けするのですから条件は同じ。

利尻ヘアカラートリートメントで黒髪を染めてよい。

利尻ヘアカラートリートメント何色が似合うか。色選びのコツとは?

普通の人が黒髪に利尻ヘアカラートリートメントを使ってよい

普通の黒髪の人がブラックやダークブラウンで染めますと、
黒髪にまで色がついたのか、ついていないないのか、
一見わかりにくいかもしれません。

濃いめの色での染まり方になりますので変化はわかりにくいものの、
それでも染まってはいます。

黒髪の方が使っても問題ありません。
つまりおしゃれ染めヘアカラーとして利尻ヘアカラートリートメント
を使うという選択もあるのです。

カラートリートメントとして黒髪から茶色へ

ダークブラウンやライトブラウンで染めれば黒髪から茶色へと、
茶髪の明るい髪色へ染めることも可能。
ただ、明るい髪色というのは日本人の黒髪ですと赤っぽさが
目立って気になることもあります。

赤味が気になる方は新色のナチュラルブラウンがおすすめ。

利尻ヘアカラートリートメントの色選び、明るいけど赤みを抑えた新色ナチュラルブラウン登場

黒髪戻しなら色、ブラックを選ぶ

利尻ヘアカラートリートメント
利尻ヘアカラートリートメントは黒髪戻しとして使えるでしょうか。

黒髪に染めたいのであれば、まず利尻ヘアカラートリートメントの
カラー全4色から、ブラックを選んでください。

それ以外のライトブラウン、ナチュラルブラウン、ダークブラウン
では黒髪戻しにはなりませんのでご注意ください。

利尻ヘアカラートリートメントは黒髪戻しとして使える

ブラックで染めれば、白髪も黒髪も一緒に黒に染まりますので、
利尻ヘアカラートリートメントは黒髪戻しとしても使えます。

茶髪や金髪など明るい髪色にしていた人が急な事情で、
黒髪に戻したいとき便利です。
面接、就職活動、結婚式、お葬式、法事など緊急の用事というものは
常にあり、慌てて準備しなければならないことが多い。

単純に髪色、髪型でのイメージチェンジしたい、という場合でもよいでしょう。

また、髪を染めたカラーリングで失敗して、イメージしていた
仕上がり色と違った場合にも流用できる。

黒髪戻しとしては強力に染める

利尻ヘアカラートリートメントは白髪染めトリートメントですが、
白髪染めというのは、白髪を染める目的があります。

白髪というのは何らかの理由で色が抜けてしまった毛。
内部のメラニン色素の色合いが無くて透明に近く薄い色。
それが目で見ると白に見えているのです。

抜けた色を染めるには濃い色でしっかり色付けする必要がある。
よってオシャレ染めヘアカラーよりも白髪染めのほうが
染毛力が強く作られているのです。

この強い染毛力を生かしてブラックで黒に染めれば、
黒髪戻しとしては強力で有効な手段だと言えます。

ヘアマニキュアなので色落ちが早いのもメリット

また、白髪染めトリートメントの特性上、ヘアマニキュア
として髪の表面を染めていく方式ですので、
今だけ黒戻ししたいというときも染めて2週間もすれば
色落ちしてきて自動的に元の髪色に戻っているという
便利な使い方も可能になってきます。

但し、退色してくるということは黒髪はよいとしても、
白髪も表面化してしまいますので、白髪隠しとしては
ややマイナス要素もあるのは否めません。

黒髪戻しをしたその後は、黒髪のままでいくのなら、
定期的に利尻ヘアカラートリートメントのブラックで染め続けたい。

利尻ヘアカラートリートメントが色落ちするという口コミは本当?

黒から茶色へ。黒髪戻しの後の明るい髪

逆に黒髪戻しのしばらくした後で茶髪にしたいのならば、
明るい色にできる、ブラウン系の3色に切り替えて、
引き続き染めていくほうがよいでしょう。

ブラックの後、まずはダークブラウンに変えて、
次にナチュラルブラウン、さらにライトブラウンと
段階的に戻していく変えていくのもよい方法だと言えます。

最初から黒髪戻し的な使い方としてブラックでなく、
ダークブラウンで黒っぽく維持していくというのも
ひとつのアイデアかもしれません。

利尻ヘアカラートリートメントのブラックを黒髪戻しにご活用ください。

色落ちの心配は?

利尻ヘアカラートリートメントに色落ちの心配はないのでしょうか。

白髪染めトリートメントという性質上、髪の表面に色をつけただけですから、
長くても3週間くらいまでには色落ちしていきます。

染まり方もゆっくりですから、逆に、お試しの軽い気持ちで染めてみるのも
よいでしょう。

色持ちを長持ちさせたい方は毎日のように染めて、5回目くらいで
イメージする髪色へと安定してきたら、その後は
1~2週間に1回染める程度で問題ありません、髪色をキープできます。

利尻ヘアカラートリートメントだけで髪全体が統一感あるキレイな色合いで仕上がります。
黒髪も染まりますので安心してお使いください。

利尻ヘアカラートリートメント[白髪用]

利尻ヘアカラートリートメント
【公式】

※利尻ヘアカラートリートメントはこちら
白髪染め!利尻ヘアカラートリートメント - 株式会社ピュール

関連記事

利尻ヘアカラートリートメントの体験談(口コミ・評判・評価)
利尻ヘアカラートリートメントが染まらないという口コミは本当?
利尻ヘアカラートリートメントは汗で落ちる?
利尻ヘアカラートリートメントで変色するのは染まっていないから?
利尻ヘアカラートリートメントと利尻カラーシャンプーよく染まるのはどっち?その違いとは?
利尻ヘアカラートリートメントの評判悪い口コミは本当?嘘?
利尻ヘアカラートリートメントの正しい使い方はシャンプー前か後か
利尻ヘアカラートリートメントを毎日使うのは正しい頻度?使い方次第では有害か。月1週1回でも色落ちなし?
利尻ヘアカラートリートメントとヘナとの違いを比較。どっちで染めるか併用か
若白髪を利尻ヘアカラートリートメントで染める中学生や高校生。10代の若白髪ケア
利尻ヘアファンデーションで白髪隠し。薄毛の地肌も隠せる
「 利尻ヘアカラートリートメント 」の記事一覧

おすすめ