白髪染めトリートメント市販品どれを選べばよいの?おすすめは?

白髪染めトリートメント市販品どれを選べばよいのでしょうか。
選ぶコツやおすすめは?

白髪染めトリートメント

トリートメントタイプの白髪染めはカラートリートメントとも
呼ばれることがあります。
髪に色をつけ、トリートメントでヘアケア効果もあるという意味合い。

その通りで白髪染めトリートメントは二剤混合式に比較して、
低刺激で髪や頭皮にダメージが少ない、傷んだ髪を修復してくれる
といった特徴があります。
二剤混合式というのはセルフでよくある1剤と2剤を混ぜてから使う白髪染め。
美容院でも同じ混合式の化学薬品。
白髪染めトリートメントは違う。

市販品の白髪染めトリートメントを選ぶなら無添加の安全成分のほうがよい。
石油系の含有物や、無用な添加物が入っていないこと。
ジアミン以外にも、タール系色素、シリコーン、パラベン、鉱物油、
合成香料、など化学薬品、化学化合物が危ない。
白髪染めトリートメントであればまず大丈夫ですが、念のため確認してから
買ったほうがよいでしょう。

ジアミンの危険性

大抵のヘアカラーに含まれるジアミンは酸化染料の素であり、
アレルギーになり健康被害を受けやすい。そこまでいかなくとも、
肌荒れ、湿疹、皮膚に赤みが出るかもしれません。
敏感肌、髪質が弱い、髪が細い、薄毛の方もご注意ください。
白髪染めトリートメントであればまず含有されていない。
ノンジアミンつまりジアミン無配合で安心できるものが大半なので安心できます。
改めて成分を確認してみてください、またはこれから購入予定であれば
成分表示がパッケージに記載されていますから買う前に分かります。
もしくはネット通販であれば販売サイト、公式サイトのページに記載がある。

天然成分がよい

ジアミン含有のヘアカラーや白髪染めトリートメントだから絶対に
使ってはダメということではありませんが、ジアミンアレルギーが
敏感な方には特に重大な問題なのです。
アレルギーでない方もパッチテストを行ってから染めましょう。

とにかく天然成分で、人工的ではないものが一番よいのです。
自然物質・天然成分で構成されている、植物由来とか。
植物エキスを染料にすれば染めるのに無害。
もちろん最も刺激は少ない。

美容成分でヘアケア効果も

さらに髪のトリートメントでいえば美容成分が多く含まれている
白髪染めがよいに決まっています。
ヘアケアも万全で傷んだ髪を修復してくれる。
髪の手触りサラサラ、指通りもよくなり、髪の艶も出てツヤツヤ最高。

これらを総合して考えますと、ネットでの口コミや評判で、
よいとされる白髪染めトリートメントを選んでおけば、ほぼ間違いありません。
つまり人気のある白髪染めを選ぶ。
なぜなら多くの人が満足しているのが何よりの証拠だからです。

おすすめ

では、口コミと評判、そして管理人が推薦する、
おすすめの白髪染めトリートメントをご紹介します。

それは、利尻ヘアカラートリートメントです。
販売歴も長く老舗とも言える人気の白髪染めトリートメント。
多くの方が白髪を染めて満足した人気の白髪染め。
もちろんノンジアミン、無添加で安全、低刺激。
しかも髪を染める研究はまだ進んでおり、さらに白髪が
染まりやすくなっています。
市販の中でもどの白髪染めを使ったらよいかわからない、
という方がいらっしゃいましたら、まずは、
この利尻ヘアカラートリートメントから始めることをおすすめします。

白髪染め比較おすすめランキング

おすすめ