70歳で真っ黒な頭髪は不自然?白髪なし

70歳を過ぎて白髪が無い人は男女ともに皆無と言えるでしょう。
いらっしゃるとしてもかなり少ない。

70歳前後なら白髪は染めている

70歳前後で白髪が無い人はそう見える人なだけであって、実は白髪染めを使用していると見てほぼ間違いありません。
黒髪で真っ黒な頭髪の70代はむしろ、おかしいと言えなくもありません。
40代で白髪が生えている人は少なく見えますが、かなりの数の人が白髪染めを使っているくらいですから。

若々しくみられたいアンチエイジングの世の中においては、不自然と思われても、年齢に対して不相応であっても髪を染めたいという意向からも白髪を染める方が多い。

70代は若い

現在の70代は若く、仕事や旅行といったエネルギッシュな活動で毎日を過ごしているわけで、他人からのビジュアルも重要。
知られているとわかっていても白髪染めを使いましょう。
誰かに質問されたら、「もちろん染めているわよ」と堂々と申せばよいだけ。

セルフで白髪染め

最近の白髪染めは市販品に簡単にセルフで染められるものが多数あります。必ずしも美容院で染めなくてもご自宅で染める。
ヘアケア成分のある白髪染めトリートメントや、髪を洗うだけの白髪染めシャンプーなどは簡単に使えて髪や頭皮へのダメージも少ないので、
70代以上の方にもおすすめ。

白髪染めを止める

あるいは60歳から70歳あたりを境に白髪染めを止める人もいることを知っておいてください。白髪頭のまま、ありのままの姿で生きていくということですね。

きれいで素敵なロマンスグレーの白髪頭も、きちんと白髪染めでカラーリングした頭髪も、あなたらしい70代であるならば、それが正解であります。

アラセブ70歳代の白髪染め

アラセブ70歳前後、およそ60代70代で白髪染めを使うということ。

70歳・古希

70歳、古希の頃になれば、髪の毛は薄毛で無いか、髪があってもほぼ全て白髪という二極に分かれているのではないでしょうか。

年齢はわかっているのですが、アラセブでも、まだまだ若くありたい、快活な外見と印象を保ちたいと考える方もいらっしゃるでしょう。

まだお仕事をされている現役の方なら特にそうかと。
実際、実年齢よりはるかに若く見える人もいらっしゃいます。

70歳代のアラセブで白髪を減らす対策

白髪が生える要因原因というのはいくつかあるのですが、70歳代のアラセブで白髪を減らす対策というのは、さすがに難しい。

睡眠や適度な運動、栄養バランスのよい食事で少しは減る、無くなったように見えることもあるでしょうが、あまり期待はできない。

仮に切るとなれば、全髪をカットのようになってしまうかもしれないですし・・・。

ロマンスグレー

素敵なアラセブであれば、普通にきれいなシルバーのオール白髪で堂々としていれば貫禄があってとても美しいと思いますね。
例え老人と呼ばれても、女性のみならず男性も。

まさにロマンスグレー。

年齢は誰でも重ねるのですから、それは問題ではないです。
皆60代、70代、その先と進んでいくわけです。
歳相応の姿格好というものがあります。

白髪染めで染める

それでも黒髪にこだわるなら白髪染めで染めるしかありません。

女性であれば既に通いつけの美容院で、中年の頃から白髪を染め続けているでしょう。

男性はそのきっかけが無かったかもしれないですし、アラセブ女性だけど50代も60代のときもずっと白髪を染めたい願望をもっていたのよという方もいらっしゃるかもしれません。

必ずしも黒で染めなくとも白髪染めには明るい髪色に仕上がるものも市販されています。

市販の白髪染め

最近は、白髪染めトリートメントや白髪染めシャンプーといったものがあり、自宅で素人が簡単に髪に塗るだけで黒髪になるという商品もあります。

薬局やインターネット販売で簡単に買うことができますから、ご自身で試してみるのがよいと思います。

アラセブの髪、白髪、70代ヘアケアの悩み

アラセブの髪に悩みはつきもの。

60代後半、70代になってくれば髪自体は若い時や中年の頃に比べて細く弱くなってきている。白髪、薄毛も気になる。

本数が減って地肌が見えていたり、見えやすくなったり、白髪の量も増えているなどしても、年齢から判断すれば、人間という動物としてごく自然な加齢現象。

それでもヘアケアの意識があるかないかでも、髪の状態に違いがでてきます。意識するだけで髪がよくなる。

栄養バランスのよい食事をきちんと食べること。
質のよい睡眠を取ること。
適度な運動をすること。
サプリメントなどで栄養補給することも髪によい。

実際のヘアケアをどうするか。

白髪は本数が増えていれば全部を切るのは難しいので白髪染めで染める。
薄毛のことも考えますと、白髪であっても切ってしまえば全体の髪の量が減ってしまうのでおすすめできません。

市販の白髪染めでは、これまで二剤混合式の手間のかかるものが大半でしたが、トリートメントやシャンプーのタイプ
も開発されています。自宅で簡単に染めることができる。

白髪染めトリートメントは、白髪を染めると同時に、髪のヘアケア効果も期待できますから、おすすめ。

白髪染めシャンプーは毎晩の風呂のときに髪を洗うだけで染まる。とても手軽に使えますし、低刺激なので、髪や頭皮へのダメージも気にすることなく安心して使うことができます。

朝、髪に塗って放置すれば日中の太陽光や蛍光灯の灯りで自然に白髪が染まる、洗い流し不要の白髪染めもあります。

なお、白髪頭のまま堂々と生きていくのも年相応でよいと思います。
よい年の取り方をしていれば恥ずかしいことではないのです。

その場合に、まだらに白髪が混じっているゴマ塩頭ですと、不潔に見られる場合もあります。
シルバー、グレーの白髪染めで全頭を染めればきれいな白髪頭、ロマンスグレーに仕上がります。

美容室サロンで70代への白髪の扱い

美容室やサロンではプロの美容師が髪を染めてくれるわけですが、70代のお客様ですと個人のご希望ごとに、白髪を染めるか、そのままのロマンスグレー頭のままかで染める方針が異なる。

それによって仕上げ方を変えるのですから重要なこと。

グレーかブラックか決めておく

ご本人様の要望によって180度印象が変わりますから、白髪に合わせてグレーに染めるか、スタンダードに黒色に染めるかは、事前に決めておくことをおすすめします。
どうしても自分で決められない場合はいつも担当の美容師に相談すればよい。

美容師の意見に従おう

美容師も親身になって提案してくれるでしょうが、意見が食い違った場合、大抵は美容師が染めやすい無難な方法になっているかもしれません。
失敗が少ない染め方。

あまりもめて喧嘩しないように。
美容室側もクレームから悪い噂が立ってしまっては困るので必死なのであります。

70代への白髪の扱い

70代に生える白髪の量はカットして取り除ける量ではありませんので、頭髪全体を染めるか、染めないか、二者択一。
切り落としすぎますと髪が減って薄毛化の心配がでてきますし。

白い頭髪か、黒髪かでカットの仕方およびヘアスタイルを変えて仕上げていきますので、美容室サロンで70代への白髪の扱いはとても慎重に取り組む事項なのであります。

白髪染めは年齢に関係なく使える成分

白髪染めやヘアカラー自体はお歳を召した方にも使える成分ですので、ご希望がある限りは黒髪やその他のカラーでヘアスタイルを完成させることは可能であります。この部分に年齢差はあまり関係ありません。

70代以上で真っ黒髪は不自然?

70代以上で真っ黒な髪の毛というのも不自然な指摘がでそうですので、少しカラーの入った白髪染めか全頭グレーでロマンスグレーに落ち着くのが一般的な美容室サロンで70代への白髪の扱いと言えます。

関連記事

70代に似合うヘアカラーは何色?白髪染めの髪色を70代らしい色で選ぶ
市販の白髪染め70代向けおすすめは?地肌に優しい白髪染めが70代におすすめ
ロマンスグレーとは?何歳からロマンスグレーと呼ばれるの?
グレーの白髪染めでロマンスグレーに染める染め方は?
グレーヘアとは白髪のこと。グレーヘアカラーとは?

おすすめ