市販の白髪染め70代向けおすすめは?地肌に優しい白髪染めが70代におすすめ

白髪を染めるのは美容院でと思いこんでいませんか?
実は自分でご自宅にいながらセルフ染めできます。

市販の白髪染めを買って自分で髪を染めるのです。
70代向けおすすめ白髪染めをご紹介いたします。

ネット通販で買う市販の白髪染め


白髪染めは市販のものもたくさんあり、
自宅でも気軽に染められるようになっています。
街の薬局ドラッグストアで買うこともできますが、
インターネットで注文すれば自宅に届く。

ネット通販であればシラガ染めをパソコンやスマートフォンから
24時間いつでも買えるので便利。

二剤混合式の白髪染めはダメージに注意


白髪染めには種類がありまして、セルフでも美容院でも、
通常は1剤と2剤を混ぜて使う二剤混合式タイプを使う。

これらは髪の表面にあるキューティクルをはがして、
髪の内部のメラニン色素に着色していく。
明るい髪色に染めるオシャレ染めヘアカラー剤と同じ。

染めた後は髪の表面キューティクルが閉じますので、
色落ちしにくく、長持ちして長期間に渡って色持ちするのがメリット。

しかしこれはキューティクルという髪組織を破壊しているのであり、
同時に頭皮にも付着するため、髪と皮膚にダメージがある。

このダメージをできる限り少なく抑えることを目的として、
1か月に1回とか、2か月に1回など、使う間隔を空ける、
使う頻度を低くする必要があるのです。
美容室でも連続で髪を染めてくれないのはこの理由から。

ジアミンによるアレルギー性皮膚炎や皮膚荒れに注意


二剤式のヘアカラー剤は色素である酸化染料のジアミンが
有害物質ですから、アレルギー体質の人は耐えられませんし、
敏感肌の人なら強い刺激性を感じてしまう。

飛び散ったら頭皮以外のお肌も刺激とダメージを受ける化学物質。
頭髪や頭皮を中心として体への負担やダメージは避けられない。

そもそも髪を染めて待つ放置時間の間もツンとした薬物臭いニオイがするはず。
あるいは人によっては頭皮がピリピリと感じているかもしれませんが、
それは上記のような刺激性のある成分だからです。

アレルギー性皮膚炎や皮膚荒れに注意しなくてはなりません。
あるいは抜け毛や薄毛の原因にもなりえます。

地肌に優しい市販の白髪染めがおすすめ


市販の白髪染めには、地肌に優しいものもあります。
ヘアマニキュアと呼ばれるタイプのもの。

混ぜて使う二剤混合式に比較して言いますと、
ヘアマニキュアは混ぜないですぐに使えるようになっている。
例えば白髪染めトリートメントや白髪染めシャンプー。

髪の表面に色をつけるだけですので刺激や有害性がほとんど無い。

健康な体を維持することやアレルギー対策はどの年齢でも必要なことですし、
70代こそ地肌に優しい市販の白髪染めがおすすめです。

白髪染めトリートメントならダメージが少ない


白髪染めトリートメントならダメージが少ないと言えます。

ヘアマニキュアとして髪の表面に色をつける。
混ぜないですぐに染められる。

しかも植物系の天然成分で作られ頭皮や地肌に優しい。
そしてノンジアミン、有害物質無添加。

低刺激なので素手でも使える。
クリームのように髪に塗って洗い流せばよいだけ。

刺激が少なく地肌に優しいことから毎日でも使うことができる。
ですから頻繫に染めて、すぐに白くキラキラしてくる根元の白だけを
ピンポイントにリタッチカラー、部分染めてするのにも適しています。

手軽で簡単ですし、美容成分も含有されていてヘアケアの観点からもよいですね。

白髪染めトリートメント市販品どれを選べばよいの?おすすめは?

白髪染めシャンプーなら髪を洗うだけで白髪が染まる


白髪染めシャンプーと白髪染めリンスは通常の洗髪と同じ要領で
使うだけで白髪を染めていける新発想の商品。
これらもヘアマニキュアとして髪の表面を染めるだけなので低刺激。

いつものシャンプーの代わりに白髪染めシャンプーで髪を洗うだけ。
いつものリンスの代わりに、シャンプー後に白髪染めリンスを塗ってすすぐだけ。

ダメージが少なく、毎晩のお風呂の時に髪を洗うだけなので、
とても簡単に白髪が染まります。

利尻ヘアカラートリートメントと利尻カラーシャンプーよく染まるのはどっち?その違いとは?

塗って出かけるだけの白髪染めも


もっと簡単に洗い流す必要がない白髪染めもある。

髪に塗ってから出かける白髪染め。
日中に浴びる太陽光や蛍光灯の光で自然に白髪が染まっているという。
帰宅してから夜に普通に洗髪して洗い流せば終了。

但しこれは体質が合わない方や、他のシャンプーや整髪料、
ヘアカラーと混じると緑色に変色してしまう場合もあるという声もありますので、
少し気を付けたい。

70代に似合うヘアカラーは何色か


70代に似合うヘアカラーは何色でしょうか。

グレーの白髪染めでグレイヘアに染め上げる方もしますし、
ブラウン系で明るい髪色に染める方もいらっしゃる。

逆に、ブラックで真っ黒に染めるのは不自然かもしれません。

ソフトブラックやダークブラウンで黒をベースにやや茶色っぽい髪色に
仕上げるのがよいかもしれません。

もしくは白髪ぼかしのような感じで白髪をうまく馴染ませるのも手。

白髪染めトリートメントや白髪染めシャンプーは、
ゆっくり髪色が染まっていきますので、
ちょうどよいくらいに髪色がついた状態まで様子を見ながら使っていける。
グレイヘアや白髪ぼかしにもおすすめ。

70代に似合うヘアカラーは何色?白髪染めの髪色を70代らしい色で選ぶ

70代におすすめの市販の白髪染め


70代におすすめできる市販の白髪染めは、ヘアマニキュアの
白髪染めトリートメント、白髪染めシャンプー、白髪染めリンスなどの
髪や頭皮にダメージの少ない、体への負担もないような白髪染めになります。

これまで一般的なヘアカラー剤や二剤混合式の白髪染め
を使ってこられた方や、
カラー剤の刺激や臭い、ダメージからの悪影響で
白髪ケアを諦めて止めてしまった方も、
毛髪や頭皮に優しい低刺激の市販の白髪染め、
白髪染めトリートメント、白髪染めシャンプー、
をお使いになってみてはいかがでしょうか。

白髪染め比較おすすめランキング

関連記事

70歳で真っ黒な頭髪は不自然?白髪なし
利尻ヘアカラートリートメント何色が似合うか。色選びのコツとは?
利尻ヘアカラートリートメントの正しい使い方はシャンプー前か後か

おすすめ