利尻ヘアカラートリートメント何色が似合うか。色選びのコツとは?

利尻ヘアカラートリートメントの何色が似合うでしょうか。

あなたがイメージする髪色に染めて白髪ケアするための色選びのコツについて解説いたします。

利尻ヘアカラートリートメントの色を選ぶ

利尻ヘアカラートリートメント
は、こちら

カラーバリエーション

利尻ヘアカラートリートメントのカラーバリエーションには、ブラックダークブラウンライトブラウンナチュラルブラウン、の4色があります。

  • ブラック
  • ダークブラウン
  • ライトブラウン
  • ナチュラルブラウン

利尻ヘアカラートリートメント4つの色

★利尻ヘアカラートリートメントはこちら♪
白髪染め!利尻ヘアカラートリートメント - 株式会社ピュール

何色が似合う?利尻ヘアカラートリートメント全4色から色選びするコツ

利尻ヘアカラートリートメントで何色が似合うのか、各色の特徴から具体的に考えてみましょう。

利尻ヘアカラートリートメント・ブラック

利尻ヘアカラートリートメントのブラックは、「黒髪になじむ自然な色合いのブラック」

ブラックは黒髪に合わせて染めますので、日本人にとっては一般的な白髪隠しの色。
何も考えずに白髪染めと言えば黒が定番。

ビジネスマンなど男性や、自然な黒髪のままにしている女性にとって、イメージ通りの黒に染めることができるでしょう。

【ブラック】
利尻ヘアカラートリートメント

利尻ヘアカラートリートメント・ダークブラウン

利尻ヘアカラートリートメントのダークブラウン「落ち着いたシックなブラウン」

ダークブラウンは、黒髪よりも多少は茶色い髪色にしたいという人向き。
元が黒髪でしたらそこまで茶色味は出ないかもしれません。

ブラックと比較しますと若干の赤みは入りますが、それほどでもなく、繰り返し染めていくとブラックにも近い色味になっていく可能性も。

白髪染めの基本通り濃く染まりますので、ブラウンやライトブラウンよりも、白髪隠しとしてしっかり染めたい人に向いています。

【ダークブラウン】
利尻ヘアカラートリートメント

利尻ヘアカラートリートメント・ライトブラウン

利尻ヘアカラートリートメントのライトブラウン「赤みをおびた明るめのブラウン」

ライトブラウンは利尻ヘアカラートリートメントの中で一番明るいカラー。
ただし、明るい髪というよりも赤みがある茶色に染まる傾向。

オシャレ染めヘアカラー剤で染めた明るい髪色とは少し異なるかもしれません。

【ライトブラウン】
利尻ヘアカラートリートメント

利尻ヘアカラートリートメント・ナチュラルブラウン

利尻ヘアカラートリートメントのナチュラルブラウン「自然に仕上がる明るめのブラウン」

ナチュラルブラウンは新色。
ダークブラウンよりも明るくて、ライトブラウンよりも赤味を抑えています。
明るいけど派手すぎない自然な茶色。赤みを抑えた分、黄色味に寄った茶色。

ダークブラウンもライトブラウンも使ってみていまいち納得できなかったなら試したいその中間色。

【ナチュラルブラウン】
利尻ヘアカラートリートメント

利尻ヘアカラートリートメント4色のカラーバリエーションからお好みの色選びをしていただきたいと思います。

自然な黒髪に合わせて無難に白髪隠しするならブラック
それに近いイメージで真っ黒系を避けておきたいならダークブラウン
この2色はしっかり染めたい方向き。

白髪ケアしつつ明るい髪色にしたいのならまずはナチュラルブラウンがよいかもしれません。

利尻ヘアカラートリートメントの色選び、明るいけど赤みを抑えた新色ナチュラルブラウン登場

利尻ヘアカラートリートメント
4色のカラーバリエーションから色選び

利尻カラーシャンプーとの違い

利尻カラーシャンプー白髪用

利尻ヘアカラートリートメントと利尻カラーシャンプーとの違いから有効な使い方を考えてみましょう。

利尻ヘアカラートリートメントと利尻カラーシャンプーよく染まるのはどっち?その違いとは?

利尻ヘアカラートリートメントはトリートメントですからピンポイントの部分染めリタッチに使うことも有効。

利尻カラーシャンプーは洗うだけで白髪が染まるという新発想の白髪染め。
部分染めには向いていませんが、普通に髪を洗うだけで満遍なくきれいに白髪を染められるのがメリット。

もし、利尻ヘアカラートリートメントを使っていて、染まり具合をもう少し強くしたいというのであれば、利尻ヘアカラートリートメントに合わせて利尻カラーシャンプーも併用すれば、より短期間に、よりしっかりと髪を色付けることが可能になります。

利尻カラーシャンプーはこちらから

利尻カラーシャンプー
は、こちら

ヘアカラートリートメントの使い方と染め方の工夫

ヘアカラートリートメントは、使い方、特に染め方の工夫でも髪の色味を変えることができます。

放置時間を短くするほど染まり方が浅く、長いほど濃く染まります。
利尻ヘアカラートリートメントで言えば、10分の放置が基本ですから、5分~30分前後で調節してみてください。

回数や頻度でも変わりますので、毎日染めれば色味が強くなっていき、3日に1回、1週間に1回など、減らせば減らすほど髪色は浅い感じに仕上がる。

但し、あまりに色を加えないように薄くしすぎますと、肝心の白髪がしっかり染まらないという本末転倒の状態になりかねません。使い方の基本通りに使うことも大切。

使う色を変えるのが、仕上がりを変える一番の手段。
ライトブラウンで明るすぎたり赤みが気になったならナチュラルブラウンで染めてみる。
ナチュラルブラウンで明るすぎたならダークブラウンで染めてみる。
そのカラーの本質的な色味がしっかり出るようにしたい。

これらに加えて髪質や髪の太さ、もちろん染め方でも変わってきますので、まずは使ってみてその後で色を変えたり、染め方を調整していくのがよいと言えるでしょう。

利尻ヘアカラートリートメントの正しい使い方はシャンプー前か後か

利尻ヘアカラートリートメントの口コミ

利尻ヘアカラートリートメント白髪染め

利尻ヘアカラートリートメントの口コミを見ますと、染まらないとか色落ちするというご意見もあるようです。

利尻ヘアカラートリートメントはヘアマニキュアなので髪の表面を染めるタイプ。二剤混合式の白髪染めやオシャレ染めヘアカラー剤のように一度染めただけで直後から髪色が完全に変わることはありません。

ゆっくりと染まっていきます。
色落ちも早いですが、繰り返し染めていくことで色味がしっかりして長持ちするようになっていきます。

利尻ヘアカラートリートメントがヘアマニキュアですから当然のことであり、それよりも低刺激で頭皮や髪の毛にダメージが少ないことがメリットなのです。

利尻ヘアカラートリートメントの評判悪い口コミは本当?嘘?
利尻ヘアカラートリートメントが色落ちするという口コミは本当?
利尻ヘアカラートリートメントが染まらないという口コミは本当?

髪色からの印象を考えて白髪染めの色選びをする

髪色はその人の印象を形成しており、色によっては印象を変えています。

ヘアカラーに関して色選びのコツは、ファッション服装と合わせながら選ぶこと。
トータルコーディネイトがちくはぐですと髪色が全く似合わない。
職業や社会的地位などからくる人物像も考慮せねばなりません。

何よりも大事なのはパーソナルカラー。
あなたらしい色、性格や普段のファッションと髪色を合わせる。
髪色を決める基本として意識しておきたいことです。

どうしても決められない場合や、セルフだから美容院のように美容師に相談できないといった場合には、今のトレンド系カラーを調べて流行を参考にするのもヒント。
明るい髪色に人気がある傾向なのか、落ち着いた雰囲気が流行っているのかなど。
ファッション雑誌やヘアーカタログが参考になります。

白髪染めを使う年齢と髪色イメージ

年齢によって髪色を考えなくてはなりません。
白髪が生えてくるのは35歳前後だとされています。

30代40代でまだ数本の白髪でしたらほとんどが黒髪ですので、カットして白髪ケアし、まだ白髪染めを使わないという手もあります。
しかし白髪は生え始めると爆発的に増えることが多いので、いつから白髪染めを使うべきなの?と悩む前に、早めに白髪染めを使い始めるのがよいと言えます。

自分を若く見せたいという方は、ヘアカラーで明るい髪色に染めるだけでも周りの印象を変えることができますから、白髪染めでも同じように活用しましょう。

ただ、専業主婦の方は髪色を自由にできるとしても、30歳頃からは落ち着きたい。
ママさんなら子供や子供のお友達の親御さんからの目も考えて、あまり明るすぎる髪色も卒業すべきタイミングかもしれません。

ヘアカラーや染毛剤の色選びでもそうですが特に白髪染めで言えば、何歳くらいに見られたいのか?という観点も大事。
40代、50代で落ち着いて見られているつもりが、髪が明るすぎますと若さばかりが強調されてしまいがち。60代、70代でブラックで染めて、逆に髪が黒々していますと若く見えすぎてしまうこともあります。

利尻ヘアカラートリートメントはヘアマニキュアですので、染めるたびに少しずつ色がついて染まっていきます。数回だけほんのりと染めて、白髪ぼかしのように使うことも可能です。

利尻ヘアカラートリートメントの色選び

利尻ヘアカラートリートメント

利尻ヘアカラートリートメントの色選びについてまとめます。

黒髪に染めるならブラックです。

これまで明るい髪色の茶髪にしていた方はダークブラウン、ナチュラルブラウン、ライトブラウンから選ぶ。

明るさが控えめな順番に並べますと、大人の落ち着いた雰囲気ダークブラウン、自然な茶色のナチュラルブラウン、最も明るい髪色に染めるライトブラウンとなります。

ブラックは女性より男性の購入者が多いとか。
茶髪が許されない環境のビジネスマンには最適。

口コミでは全体的にダークブラウンを選ぶ方が多いようで、そこまで明るくする必要はないものの、真っ黒髪になるのも困るという考えからお選びになっているかと思われます。
ダークブラウンから始めるのはよいですね。黒髪だけど何となく茶色い髪色。

利尻ヘアカラートリートメントのような白髪染めトリートメントというのはいわゆるヘアマニキュアという部類の染毛剤で、髪の表面を染めるタイプなので一度では染まりません。何度か染めていくうちに、ゆっくりと髪色がついてくるのが特徴。髪や頭皮、地肌に優しい白髪染めだからこその色のつき方。

染めることで髪色が激変していきなり失敗してしまうということもありませんし、イメージと違ってもそれ以上染めなければ一定期間で色落ちしてきますから慌てなくても大丈夫です。
安心して色をお選びいただき、実際に染めてみて違うと思えば、後日改めて他の色をお試しになればよいでしょう。

利尻ヘアカラートリートメント[白髪用]

利尻ヘアカラートリートメント
【公式】

※利尻ヘアカラートリートメントはこちら
白髪染め!利尻ヘアカラートリートメント - 株式会社ピュール

関連記事

利尻ヘアカラートリートメントの体験談(口コミ・評判・評価)
利尻ヘアカラートリートメントは汗で落ちる?
利尻ヘアカラートリートメントを毎日使うのは正しい頻度?使い方次第では有害か。月1週1回でも色落ちなし?
利尻ヘアカラートリートメントとヘナとの違いを比較。どっちで染めるか併用か
利尻ヘアカラートリートメントで変色するのは染まっていないから?
利尻ヘアカラートリートメントは黒髪も染まる?黒髪を染めてもよいの?黒髪戻しにも使える?
若白髪を利尻ヘアカラートリートメントで染める中学生や高校生。10代の若白髪ケア
利尻ヘアファンデーションで白髪隠し。薄毛の地肌も隠せる
「 利尻ヘアカラートリートメント 」の記事一覧

おすすめ