利尻ヘアカラートリートメントが染まらないという口コミは本当?

利尻ヘアカラートリートメントが染まらないという口コミは本当なのでしょうか。
有名な白髪染めトリートメントだけにその真相が気になります。

利尻ヘアカラートリートメント色落ちせずに髪色をキープ

利尻ヘアカラートリートメント
は、こちら

二剤混合式のオシャレ染めとは違う

実際に利尻ヘアカラートリートメントを使った方の感想やレビューに、
染まらない、色落ちが早い、色持ち長持ちしないからコストが増える、
といったクレームまがいの意見、口コミもあるという。

おそらくこれは二剤混合式のヘアカラーリング剤と比較していると考えられます。
セルフでオシャレ染めしたり、美容院で染めてもらったりした経験がある方。

これは勘違い。

1剤と2剤を混ぜて使う二剤式のヘアカラー剤では、
薬剤の化学反応で髪の表面キューティクルを開き、
髪の内部のメラニン色素を染めていきます。
しっかりと色がついていて、染めた直後から明らかに髪の色が変わる。

利尻ヘアカラートリートメントはヘアマニキュア

利尻ヘアカラートリートメントは白髪染めトリートメント
二剤混合式のように混ぜて使うのではなく、そのまま使えます。
クリーム状のトリートメントであり、ヘアマニキュアといわれるタイプ。
髪の表面に色をつけて染める。色を塗る、内部ではなく表面だけに色を乗せると言ったほうがよいでしょうか。

先の二剤混合式とは違い、髪のキューティクルを開くことはありませんので、髪の組織破壊はありません。
薬品としての刺激性もないので髪や頭皮にダメージが少ない。

しかし、その反面、髪色の変わり方はそこまで強くありません。
染めた直後はわかりにくく、何度か繰り返し染めることで髪に色がついてきます。

★利尻ヘアカラートリートメントはこちら♪
白髪染め!利尻ヘアカラートリートメント - 株式会社ピュール

色持ち悪く、色落ちが早い理由

色落ちが早め、長持ちしない、色持ちしないという口コミが出るのも、
髪に乗せた色が落ちて剥がれていきやすい、退色しやすいからです。
髪の表面に色をつけているだけですので当然です。

二剤混合式は髪の内部を染めてキューティクルを閉じるのですから、
色濃く長持ちする。外的要因からの影響に強い。
染まり具合で比較すれば負けます。

利尻ヘアカラートリートメントはヘアマニキュアの白髪染めトリートメントですので、
染まり方自体も、ゆっくりで、1度染めたくらいでは変化があまりわからないかもしれません。
2回、3回と連続で染めることで色味がでてくる、やがて髪色が定着する。
表面に色をつけるだけ仕方ありません。

利尻ヘアカラートリートメントが色落ちするという口コミは本当?

利尻ヘアカラートリートメント色選びで工夫できる?

ライトブラウン、ナチュラルブラウン、ダークブラウン、ブラック、
どの色を選んでも基本的には同じ傾向。

それでも色選びで工夫するならブラックかダークブラウンでしょうか。
地毛の黒髪から考え、ブラックやダークブラウンのほうが変化の差異が小さい。
染まりやすい印象を持つかもしれません。

ライトブラウンですと、なかなか明るく染まってくれないと感じるかもしれません。
それでも染め続けていけば必ず変化を感じることができるものです。

利尻ヘアカラートリートメント何色が似合うか。色選びのコツとは?

乾いた髪に利尻ヘアカラートリートメントを塗るとよく染まる

利尻ヘアカラートリートメントの使い方ですが、シャンプー後の
濡れた髪に塗布しているでしょうか。
実はシャンプーの前でも後でも使えるのです。

そして乾いた髪に利尻ヘアカラートリートメントを塗るとよく染まる。
つまりシャンプーするよりも前に使う。
乾いた髪に塗り、30分~1時間ほど放置時間をとって、
その後でぬるま湯で洗い流して、最後にシャンプーで仕上げる。

シャンプー前に染める使い方にすれば、シャンプー後に染める使い方よりも、
しっかり染まり、色落ちしにくくなりますのでお試しください。

利尻ヘアカラートリートメントの正しい使い方はシャンプー前か後か

利尻ヘアカラートリートメントが染まらないという口コミ

利尻ヘアカラートリートメント

利尻ヘアカラートリートメントが染まらないという口コミは、
ある意味で本当である言えますが、それは勘違いであるという結論になります。

正しい使い方をすれば髪色は染まっていきます。

そして二剤混合式のような化学反応からの強力な刺激が無い分だけ
毎日使える、高い頻度で染めていけるというメリットもあるのですから、
ぜひ実行してみていただきたいと思います。

週1回の頻度でもよいですが、毎日のように染めることで、髪色もしっかりして安定してきますし、色落ちの心配もなくなる。
常に色を補充していくわけです。

利尻ヘアカラートリートメントを毎日使うのは正しい頻度?使い方次第では有害か。月1週1回でも色落ちなし?

これは生え際や分け目などにある髪の根元でキラキラ白っぽくなってくる
部分を常に白髪ケアしていけるということ。
もみあげや頭頂部など、部分染めにも向いています。

利尻ヘアカラートリートメントが染まらないからと、
二剤混合式で染めて髪や頭皮をダメージさらして負担をかけるのはやめましょう。
どんなに強力なヘアカラー剤でも、いつかは必ず色落ちするのです。
それなら体にとって安心安全な、健康被害のない白髪染めを使っていくことが正しいのではないでしょうか。

ジアミンアレルギーやお肌が弱い方、化学製品に敏感な方、
これまでセルフ白髪染めや美容院で染めて頭皮にピリピリと刺激を感じた方にこそ、
低刺激で安全な利尻ヘアカラートリートメントをお試しになっていただきたいと思います。

利尻カラーシャンプーと利尻ヘアカラートリートメントを併用する

どうしても利尻ヘアカラートリートメントが染まらないと感じてしまうのであれば、
利尻カラーシャンプーと併用するのはいかがでしょうか。

利尻ヘアカラートリートメントと利尻カラーシャンプーよく染まるのはどっち?その違いとは?

利尻カラーシャンプーとはシャンプーの白髪染め。
髪を洗うだけで白髪が染まる新発想の白髪ケアアイテム。

きちんと正しい使い方で染めれば、利尻ヘアカラートリートメントだけでも、
利尻カラーシャンプーだけでも髪色を染めることが可能なのですが、
この2つの白髪染めを併用すれば、より強く早く染めることが可能になってきます。

色落ち防止になり、染まった髪色も長持ちするようになりますので、
利尻ヘアカラートリートメントと利尻カラーシャンプーの併用をお試しください。

利尻ヘアカラートリートメント[白髪用]

利尻ヘアカラートリートメント
【公式】

※利尻ヘアカラートリートメントはこちら
白髪染め!利尻ヘアカラートリートメント - 株式会社ピュール

利尻カラーシャンプー[白髪用]

利尻カラーシャンプー
【公式】

※利尻カラーシャンプーはこちら
新発想!白髪染めシャンプー - 株式会社ピュール

関連記事

利尻ヘアカラートリートメントの体験談(口コミ・評判・評価)
利尻ヘアカラートリートメントは汗で落ちる?
利尻ヘアカラートリートメントの評判悪い口コミは本当?嘘?
利尻ヘアカラートリートメントの色選び、明るいけど赤みを抑えた新色ナチュラルブラウン登場
利尻ヘアカラートリートメントとヘナとの違いを比較。どっちで染めるか併用か
利尻ヘアカラートリートメントで変色するのは染まっていないから?
利尻ヘアカラートリートメントは黒髪も染まる?黒髪を染めてもよいの?黒髪戻しにも使える?
若白髪を利尻ヘアカラートリートメントで染める中学生や高校生。10代の若白髪ケア
「 利尻ヘアカラートリートメント 」の記事一覧

おすすめ