利尻ヘアカラートリートメントが色落ちするという口コミは本当?

利尻ヘアカラートリートメントが色落ちするという。
そんな口コミがあるならば本当に色持ちが悪いのかと気になるところ。

利尻ヘアカラートリートメントと言えば有名な白髪染めトリートメントのひとつですが、色落ちするという口コミは本当なのでしょうか。

利尻ヘアカラートリートメント色落ちせずに髪色をキープ

利尻ヘアカラートリートメント
は、こちら

ヘアマニキュアである白髪染めトリートメントの色落ち

そもそもどのようなオシャレ染めも白髪染めも、ヘアカラー剤は髪を染めても、いずれ色落ちします。

中でも特に、白髪染めトリートメントというものが色落ちしやすいというだけ。
短期間のうちに色落ちしやすい性質がある。
ヘアマニキュアというタイプですので、髪の表面に色をつけるようにして染めています。
そんなに簡単に色落ちするわけでもありませんが、長持ちしないことも事実。

1回染めただけの状態よりも2回目のほうが色落ちしにくくなっています。
つまり、繰り返し染めて回数を重ねて髪を染めていくような使い方になります。

★利尻ヘアカラートリートメントはこちら♪
白髪染め!利尻ヘアカラートリートメント - 株式会社ピュール

二剤式は色落ちしにくいがダメージが大きい

セルフや美容室でヘアカラーリングや白髪染めするときの
一般的なカラー剤は化学薬品の1剤と2剤を混ぜて使う二剤混合式のタイプ。

髪の表面キューティクルを剥がして内部のメラニン色素を染める。
染めた直後から染まった髪色の違いがわかるほど強く髪色に変化があり、
キューティクルも閉じるので、色味は髪の内部で保護され外的な要因を受けにくく変色や退色しにくい。

よって髪色は長持ち。短くても3週間、長いと3か月持つ人もいます。
色落ちしにくく平均的に1か月~2か月は色持ちしている。

逆に薬品からの強い刺激によってダメージは避けられず、頭皮や髪の毛にはよくない。
一度染めたら、次回は、しばらく間を開けて染めることになる。

白髪染めを含めたカラーリングの頻度の目安が1か月から2か月間隔なのは、
体へのダメージから守るための正しいサイクルなのです。

利尻ヘアカラートリートメントを毎日使うのは正しい頻度?使い方次第では有害か。月1週1回でも色落ちなし?

利尻ヘアカラートリートメントの色落ち

利尻ヘアカラートリートメントは白髪染めトリートメントですから髪の表面に色をつけることで染めている。ヘアマニキュアのタイプ。
何度か染めていくことで髪色が変化してくる。

しかし空気、乾燥、湿度、湿気、擦れなどで色落ちしてしまう恐れがある。
シャンプーでの洗髪も影響を受けて、退色や色落ちの原因になりえる。

ただ、利尻ヘアカラートリートメントで染めた後にシャンプーしてはいけないということはありません。
そこまで色落ちの心配をしなくてもよいですが、早ければ1週間以内、遅くとも3週間程度で色落ちしてしまうことが予想されます。

利尻ヘアカラートリートメントは汗で落ちる?

白髪染めトリートメントは色落ちするもの

キラキラとした白髪から白髪ケアできても、隠したはずの白髪がすぐに見えてきてしまうのは白髪隠しとしては失敗に思えてしまうかもしれません。

どのように髪を染めても色落ちは避けられませんが、短い期間で色落ちしてしまうのは、白髪染めトリートメントの特性、特徴ですので、仕方ありません。

利尻ヘアカラートリートメントで染めてもやがて色落ちしますが、他社の白髪染めトリートメントも色落ちします。

色落ちについては、購入する前に知っておくべき注意点でもありますが、
白髪染めトリートメントは色落ちするものだとわかって使えばよいだけのこと。

髪や健康のことを考え白髪染めトリートメントに変える

白髪染めトリートメントのよい点として、低刺激のメリットがあります。
二剤混合式のような薬品ではありませんので化学反応を用いません。
無添加で天然成分中心の成分ですから、髪や地肌へのダメージが少なく毎日使える。
高頻度で染めていくことが可能。

加えてトリートメント作用も入っているのですから、ヘアケアとなり美髪もキープできる。
使えば使うほど、きれいな髪になっていく。
ダメージやアレルギーに悩まされる二剤式の白髪染めとは大きな違い。

近年、これまで使っていた二剤式での白髪ケアを止めて、白髪染めトリートメントへ変えている方が多いのは、髪や健康のことを考えて、という方が少なくありません。

利尻ヘアカラートリートメント色持ちさせる方法とコツ

月に1回だけ利尻ヘアカラートリートメントを使って染めるのもよいですが、毎日染めていけるメリットをいかして、毎晩のお風呂のときにでも使ってみてはいかがでしょうか。
これだけで簡単に色落ちしない状態をキープできることになるのです。

利尻ヘアカラートリートメントが色落ちするという口コミは本当なのですが、それは白髪染めトリートメントの特性でもありますから仕方がないこと。

色落ちを心配しなくても、毎日染めるという使い方でそれを充分にカバーできる。
長い期間にわたって事実上の色持ちのよい状態を維持することも可能なのだ
ということを知っておいてください。

利尻ヘアカラートリートメント

利尻ヘアカラートリートメントで濃い色選びをすると色落ちしにくくなる

利尻ヘアカラートリートメントには、ブラック、ダークブラウン、ライトブラウン、ナチュラルブラウン、の4色のカラーバリエーションが用意されている。

色選びについて、どのカラーもきちんと髪色が染まるものの、ブラックダークブラウンのような濃い色を選んで染めることで、退色した時点で実際の色落ちがわかりにくい。

ライトブラウン、ナチュラルブラウンのような明るい髪色に染めた場合、色落ちと同時に、赤っぽくなる赤味が出てくる点にも気を付ける必要があります。

利尻ヘアカラートリートメント何色が似合うか。色選びのコツとは?

利尻ヘアカラートリートメントを乾いた髪に塗る使い方で色落ちしにくくなる

利尻ヘアカラートリートメントの使い方ですが、シャンプーの前でも後でもよい。

シャンプー前の乾いた髪に塗る使い方であれば、30分~1時間ほど放置時間をとって、ぬるま湯で洗い流して、最後にシャンプーで仕上げる。

シャンプー後に染める使い方よりも、シャンプー前の乾いた髪に塗る使い方のほうが、しっかり染まりますので、色落ちしにくくなる。

利尻ヘアカラートリートメントの正しい使い方はシャンプー前か後か

色落ちしない市販の白髪染めトリートメントのすすめ

色落ちしない市販の白髪染めトリートメントをおすすめします。

白髪はすぐ伸びる

せっかく染めたのに、先日染めたばかりなのに、もう根元が白くなってきている。
キラキラ白髪が数本見え隠れ・・・、そんなお悩みあるかと思います。

美容院で染めたとしても、市販の白髪染めを使ってご自宅でセルフで染めたにしても、白髪は思ったよりも早く伸びてきます。

毛先の変色は色落ち

しばらくして根本が白くなってくるのは髪が伸びたので仕方ないとしても、それなりの長さの髪の毛の途中や毛先部分がが白くなっていたら、それは色落ち。
特に毛先のあたりは間違いありません。

そんなに早く髪の毛は伸びません、1か月に1cm程度ですので、根元から白髪が見え始めます。

二剤混合式

白髪染めの中でも混ぜて使う二剤混合式のものであれば、髪の内部の中心にあるメラニン色素を着色してキューティクルを閉じるので、そんなに早い時期に色落ちすることは少ない。

一方で、白髪染めトリートメントは、主に髪の表面に着色するだけなので、擦れたり、水や紫外線からの影響など、どうしても色落ちしやすい傾向にある。

人気の白髪染め

それでもセルフ染めする際の手間や時間を考えますと、白髪染めトリートメントのほうが簡単にできるので人気があります。

混ぜなくてすぐ使い始められる、髪に塗って流すだけ、放置時間も短い、ということが人気の秘密。

二剤式のような酸化染料ジアミンを使っていませんから、化学薬品からのダメージも無い。

白髪染めトリートメントは、天然染料を中心に自然からの天然素材で作られていますので、低刺激で安全安心に使えるのです。

色落ちしない市販の白髪染めトリートメント

白髪染めトリートメントには色落ちしにくいようにと特に研究開発したものがあります。
髪の表面に色を付けるわけですから、その髪への吸着をよくすればよい。

髪に長い期間定着できれば色が残る、つまり色落ちしないで長持ち。
例えばイオンの力で髪に密着させるとか。

そういった色落ちしない市販の白髪染めトリートメントを使えば問題は解決です。

当ブログでおすすめしている白髪染めは、きれいに染まり、色落ちしにくく長持ち。
低刺激の白髪染めトリートメントをご紹介していますので、一度使ってみてください。

白髪染め比較おすすめランキング

利尻カラーシャンプーと利尻ヘアカラートリートメントを併用すると色落ちしにくくなる

利尻カラーシャンプーはシャンプーの白髪染め。
髪を洗うだけで白髪が染まる新発想の白髪ケアアイテム。

利尻ヘアカラートリートメントと利尻カラーシャンプーよく染まるのはどっち?その違いとは?

利尻カラーシャンプーだけ使っても、利尻ヘアカラートリートメントだけ使っても、きちんと髪色は染まって白髪隠しできるのは間違いありません。

しかし、利尻カラーシャンプーで洗髪した後で利尻ヘアカラートリートメントを使う、もしくは利尻ヘアカラートリートメントを使った後で利尻カラーシャンプーで洗髪することも可能なのです。

利尻カラーシャンプーと利尻ヘアカラートリートメントを併用することで、よりしっかりと髪色が染まり髪色が長持ち。
色落ちしにくくなりますので、ぜひ併用をお試しください。

利尻ヘアカラートリートメント[白髪用]

利尻ヘアカラートリートメント
【公式】

※利尻ヘアカラートリートメントはこちら
白髪染め!利尻ヘアカラートリートメント - 株式会社ピュール

利尻カラーシャンプー[白髪用]

利尻カラーシャンプー
【公式】

※利尻カラーシャンプーはこちら
新発想!白髪染めシャンプー - 株式会社ピュール

関連記事

利尻ヘアカラートリートメントの体験談(口コミ・評判・評価)
利尻ヘアカラートリートメントが染まらないという口コミは本当?
利尻ヘアカラートリートメントで変色するのは染まっていないから?
利尻ヘアカラートリートメントの評判悪い口コミは本当?嘘?
利尻ヘアカラートリートメントの色選び、明るいけど赤みを抑えた新色ナチュラルブラウン登場
利尻ヘアカラートリートメントとヘナとの違いを比較。どっちで染めるか併用か
利尻ヘアカラートリートメントは黒髪も染まる?黒髪を染めてもよいの?黒髪戻しにも使える?
若白髪を利尻ヘアカラートリートメントで染める中学生や高校生。10代の若白髪ケア
「 利尻ヘアカラートリートメント 」の記事一覧

おすすめ