白髪を職場の同僚に指摘されたアラフォーのショック度

白髪を職場の同僚に指摘されたアラフォーのショック度は、
計り知れないものがあります・・・。

女性に多いようです。普段のヘアスタイルのままではそれほど白髪は
見えていないのに、髪をかきあげたり、髪がなびいた瞬間、髪の根本や
内側が丸見えになって、「白髪すごいよ」と職場の同僚や友人に指摘される。

親しくない人は言わないだけかも

同僚より、恋人、彼氏、旦那、家族などの親しい関係の人に指摘されるのは
さらに多い。

それは相手との距離が近いから、そうとも言えますが、ズバリ指摘できる間柄
だからということも考えられませんか?

つまり、それほど親しくない知人にも気づかれているかも?
なぜなら、知人くらいですと、言うべきか迷って、そっと心にしまって
言葉を飲み込んだのかもしれません。

そうだとすれば余計にショック・・・。
知られていたんだ・・・という絶望。

美容師は知っている

通っている美容室の美容師は確実にわかっているけど、あえて告知していない
ケースも多々ある。
限界になったときに初めて、今日は白髪染め使いましょうと提案してくるはず。
知られていた・・・これもある意味ショックですが、美容師はプロ、
髪の毛を扱う職業人ですから気にすることはありません。

女性は髪の毛が太く、長く伸ばしていますから、
束になると根元のあたりは割と見えていない、カモフラージュされている。
自然に白髪隠しになっているんですよね。

誰かに白髪を指摘されたときに、そもそも自分に白髪があると知っていれば、
バレたと焦るだけ。

しかし自分に白髪があることを知らなければ、初めて指摘されたときの
ショック度は計り知れないですから覚悟はしておきましょう。

加齢で白髪は生えて当然

40歳前後、40代になったら、男性も女性も白髪が生えて当然。
老化現象、加齢が原因のひとつなのですから。

アラフォーなら、男性も女性も、自分に白髪が生えているかどうかを
こまめに確認したほうがよいかもしれません。

後頭部や襟足は自分では見えませんから合わせ鏡で。
女性は髪をかき分けて、念入りに。

白髪を職場の同僚に指摘されたら、アラフォーの自覚あってもショックありますよ。
その予防策こそが普段からの白髪ケアなのです。

おすすめ