中途半端な白髪の量に悩む、むしろブリーチして色を入れたい

中途半端な白髪の量に悩むことはあることです。

むしろブリーチして色を入れたいというのはどうでしょうか。

白髪と黒髪と混ざって不潔に見られるかも

白髪の量が3分の1から半分くらいになると、まだら状態、
黒髪と混ざっていてゴマ塩頭のような感じでもあります。
若いのか年寄りなのか年齢的にも周囲に不信がられることもある。
不潔に見られるのが一番困ることかもしれません。

白髪染めで染めることで白髪隠しして若く見せる。

グレイやシルバーで染めてシルバーカラーとして銀髪にして
逆に黒髪を白髪に合わせる中年男性も増えてきてると言います。
髪色を白髪頭に統一する。

ブリーチで金髪にする?

しかしブリーチはどうでしょう。

ブリーチは地毛である黒髪の色を強く脱色するもの。
黒髪の色が抜けて金髪になります。

白髪はメラニン色素が抜けて色が無い、色が薄い透明な毛髪。
金髪と同じような毛とも言える。

統一感はでますし、実質的に金髪は白髪隠しにはなります、
カモフラージュ的に誤魔化されますから。

しかし見た目は金髪に近いという髪色ですから、
そのような髪色で職場に向かえるでしょうか?
家族に会わせる顔がありますか?

白髪が目立たないヘアカラーは何色なの?白髪が目立たないカラーで白髪ケアする方法

髪へのダメージが心配

金髪にするか否かの話は人それぞれ価値観が違いますから、
金髪にしても構わないという人もいらっしゃるかもしれません。

しかしもうひとつ別の問題があります。
髪へのダメージです。

白髪は髪の色素が抜けて色の無い、色の薄い毛。
これに強い脱色剤であるブリーチを使うというのはとても髪が傷みます。
黒髪を脱色させるほどですから想像に難くない。

黒髪をブリーチするのだから白髪には関係ないと主張しても、
黒髪だけに塗布することは不可能であり、白髪にもブリーチ剤は付着しています。

ブリーチ後の連続染めは最悪

そもそもブリーチは色を入れる薬剤ではありません。

まさかブリーチで脱色してから、その後でオシャレ染めを使う二度染め、
二重染めのつもりだとしたら、これは最悪。

黒髪も酷く傷みますし、白髪はオシャレ染めで染まらないという事実を
ご存知でしたか。
つまりこの染め方は意味が無いのです。

それでいて髪が化学薬品からの刺激や悪影響という大きな負担を
強いられるのですから言語道断。

白髪染めでも明るい髪色にできる

ブリーチで明るい髪色にすることがご希望なのでしょうか。

ブリーチほどではありませんが、オシャレ染めのヘアカラーのように
白髪染めでも明るい髪色、茶髪にできます。

市販の白髪染めにもナチュラルブラウンやライトブラウン、
ダークブラウンなどがありますのでお好きな髪色で染めることが可能。

中途半端な白髪の量に悩むのはよくわかりますが、
髪へのダメージが大き過ぎるブリーチは止めて、
白髪染めで明るい髪色に染めることをおすすめします。

関連記事

白髪染めと普通のカラーで傷みが違う?比較して傷みがきついのはどちらか
白髪を隠すカラーは何色がおしゃれ?
白髪が目立たないカラーと目立たない髪型で白髪隠しの工夫
白髪染めでグレーヘアするとどうなる?
グレーヘアとは白髪のこと。グレーヘアカラーとは?
白髪を目立たなくするグレーの白髪染め、グレーカラーの銀髪が男性に人気?
グレーの白髪染めでロマンスグレーに染める染め方は?
ロマンスグレーとは?何歳からロマンスグレーと呼ばれるの?
白髪ある人がアッシュに染められるか
市販品のアッシュ系白髪染めでアッシュグレーに染めるのは難しい?
白髪染めアッシュ系なら白髪が目立ちにくい髪色?

おすすめ