市販品のアッシュ系白髪染めでアッシュグレーに染めるのは難しい?

市販品の白髪染めを買ってきて、アッシュグレーやアッシュブラウン
のようなアッシュ系の髪色に染めるのは難しいのでしょうか。

ヘアカラーリングのアッシュ

ヘアカラーリングのアッシュについて、アッシュ(ash)というのは
灰色を意味しますが、グレー(gray)も灰色。
グレーは無彩色でアッシュはカラードグレイで色味がある。

白黒だけの混じったグレーの髪色は貧相に見えそうですが、
ここに色味を加えたのがアッシュであり、くすんだ感じ、マット風で
透明感もあっておしゃれに染める。
うまく仕上がると外国人風の髪色という雰囲気。

白髪染めアッシュ系なら白髪が目立ちにくい髪色?

明るい髪色を打ち消す

日本人が明るい髪色にする茶髪というのは、ブラウンをベースに
黄色、オレンジを入れて明るさを出していきますが、トーンが上がって
明るすぎると赤みが出てきてしまいます。

アッシュは灰色のカラードグレーで青、紫、緑といった寒色系、
赤みの無い髪色になります。
オレンジの補色が青、黄色の補色が紫、赤の補色が緑であることから、
明るい髪色を打ち消すには、青、紫、緑が必要になるのです。

アッシュ系の髪色

アッシュ系の髪色には、アッシュブラウン、アッシュグレー、
アッシュベージュ、パールアッシュ、スモーキーアッシュ、
シルバーアッシュ、アッシュグリーン、 ピンクアッシュ、
ラベンダーアッシュ、アッシュゴールドなど、
カラーバリエーションは様々にできる。

アッシュ系のカラーリングは、やや難しい

美容院でアッシュ系にする場合の方法のひとつとして、ブリーチなどで
ハイトーンの明るい髪色にしてから、赤や黄色の色味を取り、
最後に青や緑や紫など入れていく。
これで外国人風の髪色、マットっぽいアッシュ系のできあがり。

失敗すると透明感のない黒っぽい髪色に仕上がってしまう可能性がある。
黒っぽく見えるのは色を打ち消すから。

だからと言って最終段階で明るくしすぎるとかえって黄色が強く出てきて
ヤケすぎた金髪のような傷んだ髪に見えてしまいます。

アッシュ系のカラーリングは、やや難しいということを知っておきましょう。

白髪ある人がアッシュに染められるか

市販の白髪染めでアッシュに染める

市販の白髪染めでもアッシュ系に染めることは可能ですが、プロの美容師
のように混ぜたり、何度も染める方法はしないほうがよい、というか
できないでしょう。アッシュっぽくなるブラックやブラウン1本で染める。

市販の白髪染めメーカーやカラー自体から仕上がりイメージの髪色を見て、
アッシュ系に近い色味を選ぶということになります。

関連記事

白髪が目立たないヘアカラーは何色なの?白髪が目立たないカラーで白髪ケアする方法
中途半端な白髪の量に悩む、むしろブリーチして色を入れたい
白髪を目立たなくするグレーの白髪染め、グレーカラーの銀髪が男性に人気?
白髪を隠すカラーは何色がおしゃれ?
白髪が目立たないカラーと目立たない髪型で白髪隠しの工夫
グレーの白髪染めでロマンスグレーに染める染め方は?
ロマンスグレーとは?何歳からロマンスグレーと呼ばれるの?
グレーヘアとは白髪のこと。グレーヘアカラーとは?
白髪染めでグレーヘアするとどうなる?

おすすめ