黒髪も染まる白髪染めトリートメントを使って白髪ケアしよう

白髪染めトリートメントは黒い髪も染まるのでしょうか?

黒髪も染まる白髪染めトリートメントを使って白髪ケアする方法について。

白髪染めで黒髪も染まる

白髪染めで黒髪染まります。
白髪だけを染めるイメージが強いですが、実際には黒髪も一緒に染まる。
例えば茶髪に仕上がるという白髪染めで白髪部分しか染まらなかったら、白髪は茶色になりますが、黒髪はそのまま黒なのであって、そうなりますと、白髪が少なくて黒髪が多い方にとっては全く茶髪にならない。
仮に大半が白髪の方でも残った黒髪が不自然ですね。
そのようなことにはなりませんのでご安心ください。

そもそも市販の白髪染めを使う人のほとんどが黒髪と白髪交じりなはずで、全ての頭髪が白髪という人のほうが少数派でしょう。
そういった想定でメーカー側も白髪染めを開発していますから、黒髪も染まって当然なのです。

白髪も黒髪も一緒に染まる

白髪染めトリートメントで髪を染めると、白髪を染めるだけでなく、一緒に黒髪も染まります。白髪染めとはそういうものです。

仮にブラックで染めて白髪だけが染まった場合、元の地毛である黒髪との色の差がコントラストとして出てしまうので、髪色の統一感がなくなります。

日本人の地毛が黒髪と言っても、厳密には真っ黒ではありません。
ヤケた感じの茶色とか、赤っぽさなども含まれた髪色。
黒髪と呼ばれていますが、完全な黒色ではないのです。
ですから白髪染めのブラックで染めた髪色とは若干ですが色が違って見える。

ブラウンで茶髪に染めた場合も黒髪は染まっている

ブラウンで髪を染めた場合のことを考えれば、なおおわかりになるかと思います。
白髪を茶色に染めても、黒髪がそのまま黒だったら?
茶髪と黒髪が混在しておかしいですよね。

このことから考えましても、白髪染めは黒い髪も染めている。
ブラウンなら黒髪も茶色に染める。

このことは白髪染めトリートメントも同じ。

白髪染めトリートメントはヘアマニキュア

白髪染めトリートメントはヘアマニキュアと呼ばれるもので、髪の表面を染めるだけ。
よって、髪の染まり方は弱め。

染めた直後にはあまり髪色が変わらず、二度、三度、と染めて、ゆっくり染まっていくのです。
あるいは五回くらい連続で染めて初めて髪色の変化がでてくることもあります。

1剤と2剤を混ぜて使う二剤混合式の白髪染めやオシャレ染めヘアカラー剤で染めた経験がある方ですと、染めた直後の髪色にあまり変化がないこと、さらにその後日に連続で染めてもそこまで変わらない、その染まり方の遅さに驚いて混乱してしまうかもしれません。

これは普段、白髪を美容院で染めている方も同じように感じるはず。

白髪染めトリートメントは低刺激なので毎日使える

確かに染まり方は弱いのですが、白髪染めトリートメントなどのヘアマニキュアは天然染料で作られており、無添加。
化学反応なども用いませんから、薬品系でない分だけ低刺激。
頭皮や髪へのダメージといった負担が少なくて済むメリットがあります。

二剤式は強い刺激があるため1か月~2か月にしか染められません。
だから美容院でも1か月に1回しか染めてくれないのです。

白髪染めトリートメントは低刺激なので毎日使える。
毎日のように染めていけば、しっかり染まっていきますし、色落ちの心配もなくなる。

白髪染めトリートメントの色落ち

白髪にせよ黒髪にせよ、白髪染めトリートメントで何度も連続で染めるのは面倒だと思ってしまうかもしれませんが、大丈夫。
一旦、髪色が染まってきたなら、その後は週1回、2週間に1回など、間隔を開けて染めるだけで色持ちをキープできます。

必ずしも毎日使わなくてもそこまで色落ち、退色しないものです。

暗く濃く染まるのが白髪染め

ダークブラウンで染めたのに黒髪は真っ黒のまま、といった場合は、まだ染まり方が浅いだけなのです。
濃い暗いカラーは、黒髪からの変化としてはわかりにくいもの。
何度か染めていくうちにやがて茶色の色味が出てくるでしょう。

そもそも白髪染めというのは、オシャレ染めヘアカラー剤に比較して、脱色力が弱いため、黒髪の黒は抜けにくい。
それがゆえ黒髪への色付きは弱いように見えてしまう。
一方で、白髪はしっかり染まりますのでご安心ください。

普通の黒髪の人が白髪染めトリートメントで染める

白髪染めトリートメントは黒い髪も染まるので、逆に、白髪が生えていなくてもライトブラウンで染めれば明るいハイトーンの茶髪に染めることが可能です。

つまり普通の黒髪の人が白髪染めトリートメントを使ってもよいのです。

このような使い方はメーカーの推奨している染め方の方法ではありませんが、使用方法として間違ってはいません。
白髪染めとして使っている方の黒髪も一緒に染めているのですから。
正しい使い方の範囲内ですから使用可能と言えます。
白髪染めを黒髪に使用するとどうなるの?ヘアカラーとして黒髪に使う

白髪染めを黒髪に使用するとどうなるの?ヘアカラーとして黒髪に使う

黒染め、黒髪戻しとして白髪染めトリートメントを使う

茶髪や明るい髪の方が、一時的に黒髪戻しとして髪を黒く染めることがある。
例えば就職活動や面接、結婚式やお葬式などの冠婚葬祭、法事など。

普通の黒髪の人が白髪染めトリートメントで染めてよいのと同様に、白髪染めトリートメントを黒染め、黒髪戻しとして使うのも可能。
もちろん使うカラーはブラック。

白髪染めトリートメントは、白髪だけでなく黒髪も一緒に染めていますので、茶色などのカラーに染めた黒髪も黒く染めます。

白髪隠しが目的の方はもちろん、白髪ケアを必要としない方でも、白髪染めトリートメントをヘアカラーとして使ってよいのです。

白髪染めトリートメントはリタッチの部分染めにも最適

白髪染めトリートメントは低刺激ですので毎日のように染めても大丈夫であることをご説明いたしました。

普段、美容院やセルフで白髪染めをしたり、フルカラーのオシャレ染めとしてヘアカラー剤で染めている方でも、2週間もすれば根元から新しい髪が生えてきて気になるもの。

そんなとき、根元だけ染める部分染めが有効になる。
こういったリタッチカラーに白髪染めトリートメントは最適。
クリーム状ですので狙った根元だけをピンポイントに染めることができるからです。

新しく生えてきた白いキラキラが目立ちやすい生え際、分け目、もみあげ、頭頂部なども万全の白髪ケアができるようになるでしょう。

いつもの白髪染めのつなぎ、リタッチカラーとして白髪染めトリートメントを活用することをご提案いたします。

まとめ 黒髪も染まる白髪染めトリートメントを使って白髪ケアしよう

白髪染めトリートメントは黒髪も染まる。
染めるのが白髪だけではありませんので、染めた後は、全体的に統一感のある髪色になっていく。

但し、髪の表面を染めるだけですので、ゆっくり染まる傾向があり、最初の三日くらいは連続で染める必要があります。

毎日使うのが面倒であれば、その後は1週間に1~2回染めておけば染まった髪色をキープできますのでご安心ください。

もちろん毎日染めていけば、髪色がよりしっかりと染まり、色落ちの心配もなくなります。
髪の根元も常に染めていけますので、新しく生えてくる白髪隠しの対策にもなる。

また、白髪染めトリートメントは1度の使い切りではなく、何度かに使い分けられるのもメリット。
鏡を見て白髪に気づいたときの部分染め、リタッチカラーにも有効ですので、買い置きをして常に数本ほど持っていればさらに安心。

黒髪も染まる白髪染めトリートメントを使って白髪ケアすることをおすすめします。

市販の白髪染めトリートメントはネット通販で気軽にお買い求めいただけますので、ぜひお試しください。

白髪染め比較おすすめランキング

利尻ヘアカラートリートメントは黒髪も染まる

利尻ヘアカラートリートメントは人気の白髪染めトリートメント。

白髪染めだから白髪を染めるだけなのかと勘違いされる方がいらっしゃるかもしれませんが、実際は白髪と黒髪が一緒に染まっています。

利尻ヘアカラートリートメントを使うと白髪だけでなく黒髪も染まるのです。

利尻ヘアカラートリートメント何色が似合うか。色選びのコツとは?

関連記事

白髪染めで普通の髪を染める?普通の人が茶色の白髪染めで染めてもよいのか
セルフで白髪を生かしたカラーリングなら市販アッシュもおすすめ
茶色の白髪染めで黒髪を茶髪にしてもよいの?

白髪と黒髪が半分半分なら、黒髪をブリーチで抜いてから白髪染め?

おすすめ