白髪と黒髪が半分半分なら、黒髪をブリーチで抜いてから白髪染め?

白髪と黒髪が半分半分なら、黒髪をブリーチで抜いてから
白髪染めするのが正しいのでしょうか。

ブリーチで金髪に

黒髪をブリーチで抜きますと薄い髪色になりあたかも金髪のようになります。
色が抜けてる白髪に近く、髪の毛は全て色の薄い毛で揃い、
見た目は普通に金髪頭のようになる。
これはこれで白髪隠しになっていますがいかがでしょうか。
でも金髪で過ごしていくのは無理ですね。
職場で同僚や取引先の人が見たら、家族が見たら、驚くのは言うまでもない。
悪い意味で指摘されてるでしょう。

ブリーチ後の白髪染め

そこから白髪染めをするというお話ですが、これは
よろしくありません。

ブリーチはかなり髪や頭皮に負担を強いておりダメージがかなりあります。
ここからさらにもう一度染めるということになれば髪を傷める可能性を
否定できません。

白髪染めは、元々オシャレ染めと同じ薬剤であり、
配合などを変えただけ。
オシャレ染めを繰り返し染めるのと同様にダメージあります。

白髪染めにもブリーチ作用

そもそも白髪染めにもブリーチ作用がある。
明るい髪色にしていくオシャレ染めにはそのイメージがありますが、
白髪染めも髪色を抜いている。単独でブリーチする必要はない。
つまり白髪染めで染めることで、黒髪も色抜きされてから
染毛されるのです。黒髪も白髪も一緒に染まる。

そうでなければ、茶色の白髪染めで染めたときに、白髪だけブラウンになり、
黒髪は黒髪のままで意味が無い。
それはブラックの白髪染めで染めるときも同じで、地毛の黒髪はヤケや
紫外線の影響および先天的な要素から黒とは言えども茶色や赤味が若干
入っています。これで白髪だけブラックの白髪染めで染まったら、
ブラックに染まった白髪と地毛の黒髪の色に差が出ます。
よく見ると違うということがわかり、白髪と黒髪が半分半分なら
なおさら不可思議な髪色のコントラスト、グラデーションになってしまうでしょう。
そのようなことにはなりせん。

白髪をブリーチする危険性

それから、白髪と黒髪が半分半分でブリーチするということは、
白髪もブリーチしてしまうことのほうが心配。
ただでさえ色の抜けた毛から強力な脱色作用をかけることの
危険性がおわかりになりますでしょうか。
下手をすれば毛が細くなったり、縮れたり、抜けて薄毛化するリスクもある。
そうなったら髪色を染めるどころではなくなってしまうのです。

白髪と黒髪が半分半分でも白髪染めで一度染めるだけでよい。
白髪染めにも明るい髪色になるようなブラウン系のものもありますので、
生えている白髪の量を気にすることはありません、お好きな髪色で染めるとよいでしょう。

関連記事

セルフで白髪を生かしたカラーリングなら市販アッシュもおすすめ
白髪染めを黒髪に使用するとどうなるの?ヘアカラーとして黒髪に使う
白髪染めで普通の髪を染める?普通の人が茶色の白髪染めで染めてもよいのか
茶色の白髪染めで黒髪を茶髪にしてもよいの?
黒髪も染まる白髪染めトリートメントを使って白髪ケアしよう

おすすめ