白髪染めで普通の髪を染める?普通の人が茶色の白髪染めで染めてもよいのか

白髪染めで普通の髪を染めるのは可能でしょうか。

あるいは明るい髪色にしたいという普通の黒髪の人が
茶色の髪色に仕上がる白髪染めで染めてもよいのでしょうか?

その結果として果たして何色の髪に染まるのか気になるところ。

黒髪を白髪染めで染める

普通の黒髪の人が白髪染めを使って髪を染めても何ら問題ありません。

生まれたときから日本人は黒髪で、茶髪に染める場合に普通は、
オシャレ染めのヘアカラーで染めると思いますが、その代わりに
白髪染めを使うという選択をしても構いません。

白髪染めと普通のカラーで傷みが違う?比較して傷みがきついのはどちらか

普通の人が白髪染めを使ってもよいのか

オシャレ染めヘアカラー剤を買うつもりで、間違えて白髪染めを
買ってしまったという方もいらっしゃるかもしれません。

そんなときでも白髪染めで普通の髪を染めることが可能。

但し、ブラウン系の白髪染めを使った場合、
オシャレ染めのような明るい髪色よりは、やや暗い感じになる可能性があります。
明るめだったとしても落ち着いた感じに染まる傾向があります。

それでも白髪染めの染毛力からしっかりと染まりますので、
あえて普通の人が白髪染めを使って黒髪を染めるというのも悪くありません。

白髪染めで普通の髪は染まる?

白髪染めで普通の髪は染まります。

例えばブラウンの白髪染めで染めた場合、黒髪も白髪も一緒に染まる。

白髪だけが茶色に染まり、黒髪がそのままだとしたら、
茶髪と黒髪の混在、まだらになってしまうでしょう。
それはあり得ません。

このことからもわかる通り、白髪染めは黒髪も染めている。
白髪染めで黒髪も染まるということが言えます。

オシャレ染めと白髪染めの違い。どっちがよいの?

一般的なオシャレ染めヘアカラーと白髪染めは、
元は同じものだったのです。髪が染まる仕組みも同じ。

美容室で美容師が髪を染めるときヘアカラーをしますが、
オシャレ染めと白髪染めを分けて考えません。
白髪を染めるなら白髪をしっかり染めるための濃い暗い傾向の色素と、
白髪が染まりやすい薬剤の調合で混合液を作るだけ。

オシャレ染めは髪色をつかえる前の行程として、
まず黒髪の色素を抜く、脱色が必要ですから、
白髪染めよりもブリーチ力が強く作られていている。

逆に白髪染めは色素の無い白い毛を染めることになるので
ブリーチの脱色力が弱くて問題ないのですが、
しっかり濃く色付けるための染毛力が強い。

白髪染めで茶髪にするとダークブラウン

黒髪の人がブラウン系の白髪染めを使いますと、
黒色の脱色は少なく、より濃い茶色で染めていく格好になる。

結果としてダークブラウンのような、黒髪よりはやや茶色くらいの髪色に仕上がる。
見た目は黒髪のときとあまり変わらないかもしれません。
その分だけ色落ち退色は目立ちにくいということは言えます。

明るい髪色をイメージされていた方にとっては、
染めたものの無駄に終わったという状況かもしれません。

明るい髪色にするならオシャレ染めかブリーチ

黒髪を急激に明るい髪にしたいならブリーチをするしかありません。
もしくはオシャレ染めヘアカラーで明るくする。

白髪染めで明るい髪色に染めることも可能ではありますが、
回数を重ねて色付いていくようなイメージで待つしかありません。

それでもハイトーンなライトブラウンや
金髪系の明るい髪色に染めたいのであれば白髪染めは不向きと言える。

美容院ならダブルカラーで髪を染めることも

オシャレ染めと白髪染めを連続して行う美容師もいますが、
やってはいけない組み合わせではありませんし、うまくいけば、
落ち着いた大人の雰囲気を醸し出すようなダークブラウンに髪が染まります。

厳密にはダブルカラーという二度染めする手法を持っている美容師もいます。

但し、セルフ染めの場合は、髪のダメージなどを考慮しますと
二回分のダメージですので、プロではない素人は止めておいたほうがよいでしょう。

白髪染め、オシャレ染め、どちらで染めるか決めて、
染めた後は2週間から1か月程度間を空けてから再度染めるようにしましょう。

白髪をカラーリングで明るく染めたい場合

白髪をカラーリングで明るく染めたい場合には、必ず白髪染めを使ってください。
白髪はオシャレ染めヘアカラー剤では染まらないからです。

セルフで髪を染める初心者の方ですと、少しくらい白髪が生えていても、
オシャレ染めヘアカラー剤で茶色に染めれば全ての髪が茶髪になると考えてしまいがちですが、それは違います。
白髪も染まるヘアカラーというものはありません。

セルフで白髪を生かしたカラーリングなら市販アッシュもおすすめ

副作用や健康被害。白髪染めで痛む頭皮や髪の問題


オシャレ染めヘアカラーと、白髪染めを比較して、
危険性や副作用、健康被害の有無があるのかどうか。

先にご説明しました通り、オシャレ染めと白髪染めは
元は同じ薬剤であり、ほぼ同じものですので恐れる必要はありません。
同程度の刺激やダメージがあると認識すればよい。
確かにカラーすること頭皮が痛むなら刺激を受けています。
髪が傷むことも、まさしくダメージがあるということ。

1剤と2剤を混ぜて使う二剤混合式の白髪染めや、
美容院で白髪染めやヘアカラーをして過敏に反応してしまう、
アレルギー体質の方や、ジアミンに反応が出るという方は、
ノンジアミンで有害成分、化学物質無添加のヘアマニキュアを使ったほうがよいでしょう。

ヘアマニキュアがおすすめな理由

ヘアマニキュアとは髪の表面に色をつけるだけの低刺激な白髪染めで、
白髪染めトリートメントや白髪染めシャンプーが該当します。

ほとんど刺激がありませんので、毎日使える白髪染め。

むしろ天然成分で作られていることが多いので、香りもよいですし、
トリートメント効果があってヘアケアになります。

但し、髪色の付き方が少しづつ、ゆっくり染まっていきますので、
急いでいる方には向いていません。
毎日染めて、3回、5回と連続で染めた後で髪色が染まっています。

また、色落ちや退色も二剤式より早い。

しかし、髪や頭皮、体や健康のことを考慮して、今、
白髪染めトリートメントや白髪染めシャンプーに切り替える方が増えています。

混ぜないですぐ使える。そして使い切りではありませんので、
残っている限り何度でも使える。
ですから気になった分け目や生え際などがキラキラしていたり、
根元が白っぽくなったことを見つけたときの部分染めとしてとても有効なのです。
セルフだからこそリタッチが簡単になるのもメリット。

カラーバリエーションもあり、ブラウンやライトブラウンで染めれば、
明るい髪色に染めることも可能。
もちろん普通の黒髪の人が白髪染めトリートメントや白髪染めシャンプーを
使って髪を染めることもできます。
黒染めや黒髪戻し、カラーリングするようなイメージでお使いいただいても問題ありません。

※白髪染めトリートメントや白髪染めシャンプーはこちら
白髪染め比較おすすめランキング

まとめ 白髪染めで普通の髪を染める

白髪染めで普通の髪を染めることについてご説明いたしました。

白髪は特別な髪ではなく、何らかの理由で髪の内部のメラニン色素が抜けてしまった髪。
色が薄いだけで髪質は黒髪と同じ。

そして白髪染めも元はオシャレ染めと同じもので改良したもの。

ですから白髪染めで普通の髪を染めることは何ら問題ないのです。

実際、白髪ケアする方が白髪染めを使ったとき、同時に黒髪も染まっています。

普通の黒髪を白髪染めブラウン色で染めて明るい髪色に染めることもよいでしょう。
あるいはオシャレ染めで明るい髪色の茶髪にしてる人が、
白髪染めのカラーにあるブラックで黒髪戻しとして使うというのも
ひとつのアイデアだと言えるでしょう。

これらはメーカーが意図して開発した使い方ではありませんが、
メーカー側も否定はしていませんし、安全性の面でも問題ありません。

白髪染めで普通の髪を染めることは正しい使い方の範囲内。
安心してお使いください。

関連記事

白髪染めを黒髪に使用するとどうなるの?ヘアカラーとして黒髪に使う
茶色の白髪染めで黒髪を茶髪にしてもよいの?
黒髪も染まる白髪染めトリートメントを使って白髪ケアしよう
白髪染めって黒髪も染まるの?黒髪を染めたい
白髪と黒髪が半分半分なら、黒髪をブリーチで抜いてから白髪染め?
利尻ヘアカラートリートメント何色が似合うか。色選びのコツとは?
利尻ヘアカラートリートメントと利尻カラーシャンプーよく染まるのはどっち?その違いとは?

おすすめ

★おすすめ
<白髪染めトリートメント>
利尻ヘアカラートリートメント[白髪用]

<白髪染めシャンプー>
利尻カラーシャンプー[白髪用]

<白髪染めトリートメント>
ルプルプ(LPLP)白髪染めカラートリートメント

<白髪隠し(ファンデーション)>
利尻ヘアファンデーション(白髪隠し)

<薄毛隠し(パウダー)>
利尻ボリュームアップパウダー&フィットスプレー