アラフィフが使うべき50代向け市販の白髪染め

アラフィフが使うべき50代向け市販の白髪染めは何か。

セルフなら市販の白髪染めが必要

一口に白髪染めと言いましても美容院で染めている方もいらっしゃれば、
自宅でセルフで染めて白髪ケアされている方もいる。

セルフで染めるには市販の白髪染めを買う必要があります。

ドラッグストアにも販売がありますが、ネット通販のほうが
スマホやパソコンで注文してご自宅に届くので便利。

白髪染めごとの口コミなどを参考にしながら、
公式サイトも見てみると白髪染め選びの参考になるでしょう。

白髪染めの色選び

白髪染めはカラーバリエーションも多くのものが市販されており、
基本的なブラック、黒以外にもブラウンなど明るい色に仕上がるものもある。

茶髪など明るい髪色にしたいならライトブラウンなどの
仕上がり髪色がブラウンになるものを選ぶ。
白髪が多めなので思い切ってシルバーヘアーに統一したいなら
グレーの白髪染めを使う。

白髪染めヘアマニキュア

使い方としてスタンダードな二剤混合式以外というのは、
これまでの基本的なタイプで1剤と2剤を混ぜて使う。

新しいヘアマニキュアは髪の表面を染めるだけの低刺激なので髪や頭皮にやさしい。
白髪染めトリートメント、白髪染めシャンプー、
白髪染めリンス、泡タイプの白髪染めなどがあります。

低刺激の白髪染めトリートメント

二剤混合式の白髪染めは強くしっかりと色がついて染まりますが、
髪や頭皮へダメージがありますので、あまり高頻度に使うことはできません。
およそ1か月から2か月に1回程度。

その点、白髪染めトリートメントや白髪染めシャンプーなどの
ヘアマニキュアでしたら、低刺激で負担が少ないので毎日染められる。
髪や頭皮にも安心して使えます。

アラフィフが使うべき50代向け市販の白髪染め

上記の説明は年齢的な判断として全年齢共通。
50歳だから、これということはなく、自分に合った白髪染めを
選んでいくのが重要になってきます。

あえてアラフィフという50代以降の年齢を加味して言いますと、
だいぶ白髪の割合も増えてきたでしょうから、放置していたり、
曖昧な髪色にしますと、まだらでみっともない、不潔っぽい
という印象になってしまう恐れもありますので注意が必要です。

アラフィフの白髪ケアは確実にやっておきたい。

白髪染め比較おすすめランキング

利尻ヘアカラートリートメント

利尻ヘアカラートリートメント
利尻ヘアカラートリートメントは人気の白髪染めトリートメント。

植物エキスを中心に天然成分で作られているため、
一般的な二剤混合式の白髪染めのような化学薬品、有害物質など無添加、
ノンジアミンですから、アレルギー体質、敏感肌の方も問題なくお使いいただけます。

白髪染め特有のツンとした嫌な臭いもしません。

低刺激で毎日のように染められますので、根元だけの白髪をリタッチカラーする、
部分染めにも適しています。

手で塗って10分待って、すすぐだけ。
簡単、手軽な白髪ケアできれいに染まり、白髪隠しがいつでもご自宅でできます。

色もブラック、ナチュラルブラウン、ダークブラウン、ライトブラウンと
4色から色選び。

アラフィフ、50代おすすめの市販の白髪染めトリートメントです。

利尻ヘアカラートリートメント[白髪用]

利尻ヘアカラートリートメント
【公式】

※利尻ヘアカラートリートメントはこちら
白髪染め!利尻ヘアカラートリートメント - 株式会社ピュール

おすすめ