50歳代女性のアラフィフ白髪ケアと髪型での白髪隠しの工夫

アラフィフ女性、40代後半、50代での白髪ケアとして、
髪型での白髪隠しの工夫があります。

アラフィフが髪型で白髪隠しする工夫

アラフィフでロングの方はあまりいらっしゃらないかもしれません。
髪の全体量が多いことは白髪隠しには有利。
しかし長く太く髪が伸びていきますので、それが白い毛であれば目立ちやすい。
見落とさずに切っておきたい。
生え始めの短い毛であっても飛び出せば余計に目立ってしまいがち。

全ての髪型に共通するのが根元の白髪。
髪は根元から生えてきますので、毛根のあたりから白くなってくるのです。
分け目は作らないことで根元の白髪隠しが可能。
前髪は額にかかるようにすれば生え際の白髪も隠せます。

パーマやムースなどで髪全体のフワフワ感を作ることで
見え隠れする白髪をうまく誤魔化す、目立ちにくくなるのもポイント。

アラフィフと更年期障害

アラフィフの女性の体には大きな変化がおとずれます。
いわゆる更年期障害。
女性ホルモンであるエストロゲンが急激に減っていく。

エストロゲンは女性らしい体として作用するホルモンですので、
全身に変化が現われてきます。

見た目としては皮膚のシワやたるみ、乾燥肌も関係する。

そして髪の毛についても太さが減り、艶も落ちてきて、伸びるスピードも
遅くなってくる。
髪の抜け毛、薄毛化にも注意が必要。

アラフィフなら積極的に白髪染めを使いましょう

白髪は髪の内部のメラニンに何らかの理由で黒が入らず
色が抜けたままの状態の毛。無色とも薄い色の毛髪とも言える。
このことは、更年期障害によるエストロゲン減少とは直接的には
関係ありませんが、髪も弱くなっていくことを意識すべき。

男性も50代に限定されませんが、いつしかホルモン量が減少します。

そういった体の大きな変化や老化の時期と同じくして白髪が生えてきます。
平均して30代半ば頃というデータもありますが、アラフィフ世代は
ほとんどの方に白髪が生え始めているはず。

一度生え始めた白髪は生える一方ですので、カットするなり、
白髪染めで染めるなり、確実な白髪ケアをしていきませんと、
どんどん白髪頭になっていきます。

悪いことではないのですが、世間的に白髪は不潔で年寄りっぽい
という認識がありますので、時と場所によってはアラフィフに
白髪があっても身だしなみがよくないエチケット違反だ、
と捉えられてしまうこともありえるのです。

髪や頭皮へのダメージを減らす

女性ホルモンが減ってもきれいな髪を維持する。
そのためには髪や頭皮のダメージも意識すべし。

白髪染めやオシャレ染めを使う頻度を多くしすぎない。
二剤式の白髪染めではなく、低刺激の白髪染めトリートメントを選ぶなどして、
白髪ケアする際の髪や頭皮へのダメージを減らすような心掛けも意識してまいりましょう。

おすすめ