ヘアカラーとしての白髪染めの色選び

ヘアカラーリング剤として白髪染めを選ぶときのポイントは何でしょうか。

オシャレ染めのように仕上げの髪色を考えていきたい。

ブラック

まず黒髪の人は当然ですが一般的なブラックに仕上がる白髪染めを使う。
白髪染めと言えば、黒色に仕上がるものを意味しますでしょう?
それは日本人の生まれ持った髪色が黒であり、そこに白い髪の毛が生えてくるから、
白髪を黒に同調させる保護色、同じ色に染めることが目的。

ブラックのバリエーション

ナチュラルなブラックで問題ありませんが、白髪染めは
しっかりと色味をつけようとします。
髪の色が抜けた状態が白髪だからです。

しかし、あまりに真っ黒に染めると、いかにも「白髪染めで染めました」と
いわんばかりの色に仕上がるのでやや注意。
日本人形の髪のように、真っ黒は嫌ですね。

ですから、同じブラックでも少し柔らかいソフトブラックや
個性を出せるマットブラックなどもあります。
黒を若干明るくしている、少し茶色的な風味が入っている、そんな黒。
それがむしろ自然な日本人の肉眼で見る黒髪に近い。

白髪染めで茶髪に

これまでオシャレ染めで茶髪にしていた人が白髪を見つけると、
黒髪の人以上にがっかりして困り、悩みます。
もうこれで茶髪を止めることになると・・・。

つまり白髪染めが黒しかないと思いこんでいるわけで。

茶髪にしたい人はナチュラルなブラウンの白髪染めがあります。
ハイトーンに明るい髪色にしたいならライトブラウンを選びましょう。
茶髪に人でもこれまでの髪色を諦めることはないのです。

ダークブラウンで真っ黒を避ける

また、ダークブラウン程度でしたら、若干茶髪になる程度ですので、
明るい髪色を希望している人には不評価もしれませんが、逆に、
ブラックの白髪染めで黒の染まり方が強く、
あまりにも黒過ぎて不自然な場合、真っ黒で不満だった人は、
次回以降はダークブラウンの白髪染めで染めることを
検討してみるとよいかもしれません。

黒い濃い色が得意

白髪染めは、おしゃれ染めよりも染毛力が強く
しっかり染まるように作られています。

メラニン色素の抜けた色の無い毛が白髪ですので、
より濃く色づけせねばなりません。

よって黒、こげ茶色といった、濃く重い色に染めるのに有利にできている。

よって、黒髪戻しやダークブラウンなどは白髪染めで染めると、
とてもよい色合いに染めることができると覚えておきましょう。

おすすめ