白髪染めとオシャレ染めを混ぜると茶色の髪に染められる?

白髪染めとオシャレ染めを混ぜると茶色の髪に染められるのかどうか。

白髪染めとオシャレ染めを混ぜると?

白髪染めとオシャレ染めは元々、同じ。
薬品の調合や配合を変えただけで髪が染まる仕組みも同じ。

オシャレ染めは黒い髪の色を抜いて染めることからブリーチ力、
つまり脱色が強い。黒を薄める方向。

白髪染めは色の抜けた髪に色を付けることが目的となるため、
染毛力が強い。色の無い毛にしっかり着色をする目的。

白髪染めとオシャレ染めを混ぜるとどうなるか?についてですが、
普通は混ぜることはありません。

美容師のテクニック

美容師が白髪染めとオシャレ染めを混ぜて使うことはあります。
それは経験のあるプロのテクニックとして。

そもそもいくつかの薬剤を用意してあり、お客様の要望や髪質、
ヘアスタイルから調合して染めている。
よって混ぜるのは美容師にとっては比較的簡単。
もともと同じ薬剤だったわけですし、厳密な違いもありません。

明るい髪にするか、落ち着いたトーンにするか、といった使い分けに
なってきます。

セルフ染めで混ぜるのは危険

セルフで染めるような市販の白髪染めやオシャレ染めは、二剤混合式の
用意された1剤と2剤を混ぜた混合剤の化学反応で染めるようできています。

混ぜたその液剤で髪を染めていくわけですが、その別の商品同士を混ぜる
などというのは想定されていません。

別商品の混合剤同士を混ぜた薬品は、体、皮膚への悪影響も問題ですが、
髪や頭皮についたときにどのような反応になるかも不明。
最悪、髪がボロボロになって千切れ落ちる可能性や皮膚炎になることも
否定できません。

あらゆる意味で危険ですから、市販の白髪染めを使ってセルフで染める際に、
白髪染めとオシャレ染めを混ぜることは絶対に止めましょう。
正しい使い方ではありませんから。

関連記事

茶色の白髪染めは変色する?
茶色の白髪染めで黒髪を茶髪にしてもよいの?
白髪染めで普通の髪を染める?普通の人が茶色の白髪染めで染めてもよいのか

おすすめ