白髪わかりにくい髪型、白髪隠しヘアスタイルについて

白髪がわかりにくい髪型、目立ちにくい髪型について。

白髪隠しに適したヘアスタイルを知りたい。

髪型で誤魔化す白髪隠し

髪型で誤魔化す白髪隠しはヘアスタイルがショートよりもロングの方が向いています。

髪を伸ばすことでいろいろなヘアスタイル、髪を結んだり、ねじったり、白髪の存在を誤魔化すという方法での白髪隠しが可能になるからです。

単に髪が長くて多ければ、生え際、もみあげ、分け目などの最も白髪が生えやすい部分、目立ちやすい所を髪で覆って隠せます。

前髪を垂らすと生え際を隠せます。

分け目は白髪が少ない位置に変える。

前から見て分け目を作らないヘアースタイルもよい。

こういった工夫をするのは、髪の根本の白が一番目立ちやすいから。
髪は根元から新しい毛が生えてくるわけですから、仮に白髪染めでフルカラーしても、しばらくしてすぐ白くなるのは根元。

ショートの方でも、軽くでもパーマをかけて、ヘアスタイル全体をふんわりと盛り上がるように見せることも有効。
やはり髪の根元が見えなくなるからです。

頭頂部、後頭部については、女性でしたら、リボンやお花、カチューシャなど髪飾りをつけることで、地毛が見える範囲を狭くするなどの工夫も考えられます。

髪型で隠す白髪隠しは比較的髪の毛が長い女性に向いているのであって、短髪の男性にはなかなか難しいと言えるかもしれません。

かつら、ウィッグ

ウィッグをつけるという手段もありまして、いかにも全頭のカツラという意味ではなく、頭頂部だけつけるような簡易ウィッグ、部分かつらのタイプでも断然見えている白髪の量は減るもの。

その点、ショートカットだったり、男性の短髪は、ヘアスタイリングの変化だけで白髪を隠すというのは難しい、厳しく言えばほぼ無理。

男性の場合、薄毛を理由にかつらを作ることはあっても、おしゃれ目的で簡易ウィッグをつけることもないですから余計に非現実的。

明るい髪色で白髪隠し

髪型、ウィッグなど以外で、誤魔化す白髪隠しについて、何か対策できるとしたら髪色。

なるべく明るい髪色にしますと、保護色なって白髪が見えにくくなります。
日本人の黒髪のブラックの毛の中に白髪が混じって生えているというコントラストに比較してもわかりにくくなる。

ブリーチを使い脱色しての金髪がベストですが、白髪隠しが目的で金髪にする中年以降の日本人はいないと思います。

茶髪が現実的でしょう。
ライトブラウン、ブラウンなどで染めるのです。

数本ならカットで対処

数本の白髪であればハサミでカットする。

あるいはモミアゲ、襟足など不要な部分なら、カミソリで剃り落してしまうのも白髪ケア方法のひとつ。

但し、やがて生えてくるのでまめに切ったり、剃るということを怠らずに継続しなくてはなりません。

白髪が生える、増えるスピードは思ったよりも速いので注意。

白髪隠しか白髪染めか

どのように考えてみましても、結果としてましては、白髪染めで染めるというのが白髪隠し、白髪ケアとして最善の方法であることに間違いありません。

あくまでも白髪が見えにくい、目立たなくする、という一時的な回避手段としての観点であれば上記の白髪隠しの方法は有効であると考えられます。

生え際の白髪が目立たない髪型とヘアアレンジ

生え際の白髪が目立たない髪型とヘアアレンジはできるのでしょうか。

上手な白髪隠しの方法と白髪染めの上手な使い方について。

生え際でも、それ以外でも髪が長いほど白髪隠ししやすい。
逆に男性のような短髪ですと難しいとも言えます。

女性ならショートでも白髪隠しできますが、可能ならミディアム、ロングのほうが目立ちにくくできる。

生え際の白髪が目立たない髪型とヘアアレンジ具体的には、前髪を長めにする、軽くパーマをかけてふわっとボリューム感を作る。

さらにメッシュやハイライトでカラーリングしておけば白髪隠しとしては万全に近くなります。

完全に生えている白髪は白髪染めで染めない限り、白髪ケアになりません。
一度、白髪染めで染めた後のリタッチ、部分染めの回数や頻度を減らす目的で髪型を工夫するのがよろしいと思います。

白髪染めで生え際を染める

白髪染めで生え際を染めるにはどうしたらよいのでしょうか。

生え際に生えている白髪は厄介で悩みの種。
きちんと二剤混合式の白髪染めで髪の内部をしっかり染めれば、1か月程度
色落ちの心配はありませんが、髪は新しく生えてきますので、根元の部分だけはやがてすぐに白くなる。

生え際は顔の正面ですから、余計に目立ちやすい。

部分染めのリタッチをこまめに行えばよいのですが、なかなかそうはいきませんよね。

いつもすぐに白くなってる生え際は、額という難しい角度と、髪が密集しているうえ、面積が小さめ狭め。
さらに髪が立っているので、白髪染めの液剤も塗布しにくい。

美容院で生え際のリタッチ

毎回染めるとなると染める頻度も増えますし、そのたびに美容室に染めに行くのも気が引けます。

さすがに月1程度にしないと美容師も髪の状態や頭皮のダメージを考慮して断るでしょうし、何より経済的に言ってお金がかかります。

セルフで生え際のリタッチ

セルフで生え際のリタッチするのはよいですね。

しかしセルフであっても1剤と2剤を混ぜて使う二剤混合式は、美容院と同様に髪や頭皮へのダメージなど刺激性も大きいですし、1度で使い切りですが、まめに何度も染める必要がある。

そもそも生え際を染めるだけなら頭髪全体を染めるフルカラー用のヘアカラーの量は不要なわけです。

白髪染めトリートメントで生え際のリタッチ

そこで白髪染めトリートメントを使った生え際のリタッチをおすすめします。

クリーム状なので狙ったところをピンポイントに染めることができる。
生え際のある額のような難しい箇所でもきちんと塗布できて液ダレしにくい。

使い分けられるので少量づつでも使える。
加えて低刺激なので髪や頭皮のダメージも心配せず毎日のように染められますから、いつでも白くなっている生え際の根元をだけを染めるのには適していると言える。

鏡でチェックして気づいたその日に染める。
あるいは定期的に週1回で曜日など決めておいて染めるのもよいでしょう。

毎日染めるのが理想的ですが、それも面倒かもしれません。

多少は髪の毛先などで隠れています。
根元の数ミリ程度の白は、そんなに見えることもありません、ご心配なく。

そこで髪型の工夫をしてみてください。
ヘアアレンジ次第では、しっかりと白髪隠しできます。

髪型だけで完全に白髪を隠しきることは難しいとしても、定期的な白髪染めからしばらくして生えてきた根元の白髪だけならうまくカモフラージュできる。

特に生え際は目立ちやすいですから、髪型の変化、工夫を大いにお役立てください。

関連記事

白髪が目立たないカラーは何色なの?白髪が目立ちにくい髪色で白髪隠し
生え際の白髪だけ染める、セルフで生え際リタッチするなら白髪染めトリートメントがおすすめ
染まらない生え際を白髪染めでうまく染めるコツ
生え際・分け目・もみあげ・頭頂部など根元を白髪染めで染めるなら、おすすめはクリーム状のタイプ
アラサーの髪色と白髪が目立たないヘアカラーリング
白髪だけ染める市販の白髪染めを使ってセルフ染め。白髪だけ染まる白髪染めはある?
白髪染めを黒髪に使用するとどうなるの?ヘアカラーとして黒髪に使う
白髪染めで白髪以外の髪も染まる?染まらない?
白髪を茶色の油性ペンで塗ると白髪隠しになるか?髪の毛を油性マジックで塗るならマッキーって本当?

おすすめ