カラートリートメント色選びのコツ。イメージ通りのきれいな髪色、明るい髪は?

カラートリートメント色選びのコツについて。

ヘアカラーによるイメージの違い

髪を染めるなら誰でもイメージ通りのきれいな髪色
に仕上げたいと思う。

明るい髪色を好む人も増えています。
その人の人間的な印象がよくなる、前向きで元気で
エネルギッシュな人に見えるからでしょう。
垢抜けた印象。

もちろん黒髪がいけないというわけではありません。
落ち着いた雰囲気は大人っぽくて素敵です。
職業柄、髪色はつけられない、明るくすること厳禁の人も
いるでしょう。

白髪を染める

しかし白髪については逆に染めることが求められます。
中年以降の年齢で白髪を染めずにシルバーヘア、
ロマンスグレーの方もいることはいますが、
大抵世間では、白髪は不潔、身だしなみが悪い、
老けて見える、とされる場合が多いのです。

明るい色の白髪染め

市販の白髪染めでセルフで染めるにしても、
黒だけではありません。明るい髪色にするものも市販されています。
髪を明るくしたければ仕上がり色がブラウンであるものを選んでください。

髪色は何色がよいの?

自分に合う髪色というのは基本的に自分が好む、イメージする髪色
でよいのです。
同時に、ヘアスタイル、髪の量や髪の太さ、髪質、さらには普段の服装も
加味できれば最高。

色選びのコツ

色選びのコツですが、市販のカラートリントメントはいろいろな種類がありますから、
まずは使ってみて、染めた後の髪色を見ながら、次回のセルフ染めに
生かしていけば、やがてきれいで完璧な髪色になっていける。

色落ちがあり、長持ちしにくいことがカラートリートメントの弱点だと
思われがちですが、それだけゆっくり染まるのですから、髪色の変化を
様子見しながら変えていける、調整していける、むしろそれは強みだとも
言えるのです。

利尻ヘアカラートリートメント

例えば、人気の白髪染めトリートメント利尻ヘアカラートリートメントで明るい髪色に染めるなら、
ライトブラウンを選べばよいのですが、新色のナチュラルブラウンもおすすめ。

ライトブラウンより赤みを抑えてあるので、自然な茶色に染めることができるのです。
日本人の髪を明るく染めていきますと、どうしても赤っぽさが出てきてしまうのは
仕方がないのですが、あまりにも派手な髪色になってしまうのも年齢や社会的な立場上、
困ってしまうかもしれません。

まずはナチュラルブラウンから始めるのが無難であり、おすすめ。
なお、白髪を染めるだけでなく黒髪も一緒に染まりますので、
地毛が黒髪の方が茶髪にカラーリングする目的でも使えます。

おすすめ