白髪染めとオシャレ染めどっちを先に使えばよいのか

白髪染めとオシャレ染め、どちらを先に使えばよいのでしょうか?

基本的にはどちらか一方を使うことが正しいので、まず間違い。

それでもどうしても白髪染めとオシャレ染め両方を使って
髪を染めたいときの正しい使い方について、あえて考えてみましょう。

白髪も染めたいならば白髪染め

白髪染めは白髪を染める、オシャレ染めは黒髪を髪を明るくする。

両方使いたいという目的なら、それはつまり髪を明るくしつつ
白髪も染めたいということなのでしょう。

そもそもオシャレ染めで染めればよいかと思ってしまうでしょうが、
白髪はオシャレ染めでは染まりません。
ですから白髪も染めたいならば白髪染めを使うしかないのです。

白髪染めだと真っ黒になってしまう、明るくすることはできないのだ、
と諦めているのなら間違い。
白髪染めにもブラウンの仕上がり色があり、それによって明るい髪色、
茶髪にすることが可能。

連続で二度染めならオシャレ染めから

ただ、オシャレ染めでもそうですが、黒髪の人は一度染めたくらいでは
髪色が明るくならなかったりします。

こういったときに白髪染めとオシャレ染めで二回染める美容師もいたりします。
いわゆるダブルカラー。
素人がセルフでこういった二度染めをやるのはおすすめできません。

間隔や期間を空けてという条件付きであれば連続したような染め方でも
そこまで無理はない。

それで白髪染めとオシャレ染めどっちを先に使えばよいのかと言えば、
オシャレ染めですね。

白髪染め後にカラー?白髪染めの上からカラーリングするとどうなる?

オシャレ染めの後、しばらくして白髪染め

白髪染めは色がしっかり濃く染まりますので、そのあとの影響を受けにくい。
つまり染めた後はオシャレ染めを使っても変化はほとんど出ない。

先にオシャレ染めで染めればひとまず明るい髪色に染まります。
この時点で白髪は染まっていませんから、しばらくしてから
白髪染めで染めましょう。

髪や頭皮のダメージを考慮しますと2週間から1か月後がよいですね。

ブラウンの白髪染めであれば白髪も茶色に染まりますし、オシャレ染めで
脱色したうえで二回目ということもあり、
かなり明るい髪色に仕上がることが予想されますから、
白髪が生えているけれど全体的に明るい髪色にしたいというご希望の方には
とてもよい染め方のひとつだと言えるでしょう。

ヘアマニキュアの白髪染めトリートメント

髪や頭皮へのダメージが気になる方には白髪染めトリートメントや
白髪染めシャンプーもおすすめ。

ヘアマニキュアと呼ばれるタイプで髪の表面を染めるだけ。

従来の1剤と2剤を混ぜて使う二剤混合式の白髪染めやオシャレ染めヘアカラーは、
髪の表面キューティクルをはがして内部のメラニン色素を染めますから、
しっかりと染まる反面、髪や頭皮へのダメージが酷い。

ヘアマニキュアの白髪染めトリートメントや白髪染めシャンプーですと、
その心配がありません。
植物エキスなど天然成分で作られており、石油系化学物質などの有害成分は無添加、
ノンジアミンでアレルギーの心配も無い。

今回ご紹介したような髪を二度染めるような白髪染めの使い方をする方には
特におすすめだと言えます。

関連記事

ヘアマニキュアの白髪染めは髪が痛むか傷まないか。きしむのも心配
ヘアマニキュアタイプの白髪染めで髪の根元を染めるリタッチは染まらない?色を長持ちさせる方法はある?
利尻ヘアファンデーションで白髪隠し。薄毛の地肌も隠せる
自分でちょっと白髪隠しすれば白髪染めのつなぎにできる白髪のホームケア
セルフで白髪を生かしたカラーリングなら市販アッシュもおすすめ
白髪染めで普通の髪を染める?普通の人が茶色の白髪染めで染めてもよいのか
若白髪を利尻ヘアカラートリートメントで染める中学生や高校生。10代の若白髪ケア

おすすめ