更年期に白髪が増える?更年期障害と白髪染め

更年期に白髪が増えるのでしょうか?

更年期障害における白髪染めの正しい使い方について。

更年期障害

更年期とは人間の50歳を境に前後5年ほど45歳から55歳くらいが更年期となります。
女性ホルモンであるエストロゲンの量が減り、明確な変化のひとつに閉経があり、体の特徴における女性らしさも失っていく。

ホルモンバランスが急激に変わりますので精神的な状態も不安定になりイライラしやすくなる。

肌の潤いも失われ敏感肌や乾燥肌になりやすくなっていく。
こういった一連の体の悪い変化は更年期障害と呼ばれています。

更年期障害は主に女性の問題ですが、男性にも更年期障害があるとされます。

更年期に白髪が増える?

そして更年期の頃、年齢的に40歳を越えて以降、40代、50代は加齢からの皮膚の衰えで肌が荒れやすい、細胞分裂や新陳代謝も衰える時期にも重なっている。

髪の毛に関しても加齢要因から抜け毛が増え、髪が伸びるのが遅くなり薄毛化していく傾向に。
髪が細く弱くなる、白髪が増えるなどが考えられる。

白髪が生え始める平均年齢が35歳前後とされていますから、40代で白髪の量がますます増えてくる。

40代になって白髪の量が急に増えることはごく普通で不思議なことでも異常なことでもないのです。

こういったことを総合的に判断しますと、更年期には白髪の量が増えると言えます。

これは更年期障害だから白髪が増えるというよりも、年齢から来る全般的な体の変化、衰え、すなわち加齢要因だと捉えるべきでしょう。

加えて女性ホルモンのエストロゲンが減少していることから、髪が太く長く成長しにくくなっていることも事実。
更年期の体の変化、ホルモンバランスの変化も髪の毛の衰えに影響を与えているので、健康で太く黒々とした髪の毛に比較して白髪も目立ちやすい。

更年期で白髪が増えたと感じる年代は?

更年期で白髪が増えたと感じるようになるのはどの年代なのでしょうか。

アンケートをとっても30代では意外とそこまで多くはありません。
しかし40代や50代になりますと、ほとんどの方が白髪が気になる、白髪が増えたと実感しています。まめに白髪染めをせずにはいられなくなっている。

合わせて、頭皮など地肌の衰えや、抜け毛も気になるという意見も目立ちます。

増える白髪を抜く?

どんどん増えてくる白髪を抜くという人も。

40代、50代においては、白髪は急激に増えていく可能性が高く、髪を抜くことでは対処しきれません。

しかも白髪はメラニン色素が色付かなかった、色の無い毛髪、色の薄い毛髪というだけで、黒髪と全く同じ髪の毛。それをどうして抜けるのでしょうか?

白髪を抜くとき若干ながら痛いと思います。

根元の毛根にある毛包、毛母細胞のあたりを根こそぎ、むしり取るようなことをしてるのですから当然です。

皮膚、頭皮を傷つけてるような状況ですから、絶対にやめましょう。

白髪を改善できる?

白髪を減らそう、改善しようとする方も。

海苔などの海藻、大豆イソフラボンを含む豆腐や豆乳などを食べると白髪が改善するという意見もありますが、白髪が改善するかは未知数。

そもそも加齢要因や更年期障害は治せるものではありませんので、仕方が無く、受け入れるしかない。

多少の白髪の改善はあっても、白髪を失くすことは無理なのだと考え、白髪ケアは染めるようにしましょう。

更年期には白髪染めトリートメントが適している理由

白髪染めについては、更年期から使い始めたという人は少数派なはずで、白髪を美容院やセルフで染め続けて既にもう10年近く、あるいはそれ以上という人の方が多いでしょう。

ですから今から白髪染めを強化するということは必要ありません。
これまで通り染めて行けばよいのです。
ただ、以前に比べて急に白髪が増えたように見えて白髪染めを使う頻度を上げざるを得ないという事は考えられます。

すぐに根元や生え際、分け目がキラキラと白くなってくるので、これまで1か月に1回染めてた髪染めを2~3週間に1回に増やすといったこと。

それならば白髪染めトリートメントや白髪染めシャンプーに変えてみてはいかがでしょうか。
これらはヘアマニキュアと呼ばれる低刺激の白髪染めであり、天然成分で作られており有害物質は無添加。
髪や頭皮へのダメージが少ないので毎日のように染めていけます。

加齢要因により若い頃と比較して、肌や頭皮も弱ってきている。
ホルモンバランスの崩れから頭皮も敏感肌になっている可能性が高い。
白髪染めトリートメントや白髪染めシャンプーは、更年期の女性に適した白髪染めと言えるでしょう。

白髪染め比較おすすめランキング

関連記事

生理中に白髪染めで髪を染めても大丈夫?生理中のヘアカラーに注意
妊娠中に白髪を染めるか悩む、白髪染めを使ってもよい?胎児への悪影響は?

おすすめ