妊娠中に白髪を染めるか悩む、白髪染めを使ってもよい?胎児への悪影響は?

妊娠中に白髪染めを使ってもよいのでしょうか。

妊娠中に白髪染めを使ってはいけない?

妊娠中は女性ホルモンのエストロゲンが大量に増えていきます。
ホルモンバランスは通常よりも乱れているとも言える。

このとき皮膚である肌では水分量が大幅に変化していき、紫外線の影響からシミができやすく、皮膚炎、肌荒れ、乾燥肌、敏感肌にもなりやすい状態で、皮膚の地肌である頭皮もダメージを受けやすい敏感な状態になっています。
この事から考えれば妊娠中には白髪染めはしない方がいいという結論に至ります。

妊娠中の白髪染めは胎児への悪影響を心配して止める、この時期だけは白髪を全く染めないという方針。
そして出産後や卒乳後に白髪染めを再開するという流れで対処。

妊娠中に白髪染めを使ってもよい

その一方で妊娠中も構わず白髪染めを続けるという人もいます。

特に最近では高齢出産の傾向もあり、妊婦と言えども30代40代の女性なら白髪が生えていて、むしろ普通です。白髪染めをやめたら髪の毛がかなり真っ白になり、白髪の割合が相当に目立って恥ずかしい思いをするかもしれません。

白髪頭の姿で日常を過ごし、産婦人科にも行くことを想像してみる。
母となる自分でもひとりの女性である以上、美しくありたい若くありたいと思う自分との間で悩む・・・。

そんな時に白髪を染めないで我慢してるのは、むしろストレスになり、そのことで余計にストレスが増えるならば、妊婦本人およびお腹の赤ちゃんにまで悪影響が出る可能性すらあります。

経皮毒からの胎児への悪影響

妊娠中に白髪染めの使用を控えたほうがよいのは前述の通りですが、白髪染めを使ってはいけないという事に関して医学的な根拠はありません。
ですから、医師に相談してみてもよいでしょう。

具体的な胎児への影響ですが、白髪染めに含まれる有害物質や化学物質、石油系化合物が妊婦の頭皮から吸収され血管を通して血液の中を流れている経皮毒なるものがあると仮定すれば、お腹の中にいる赤ちゃん、胎児にもそういった有害物質が届いてしまうということになります。

しかしこれはあくまで仮定の話であって、本当に白髪染めの有害物質が胎児に届いているということは証明されていません。

妊娠超初期における白髪染めやヘアカラー

妊娠の初期や妊娠超初期において白髪染めを使ってもよいのでしょうか。

妊娠中は危険だから白髪染めを使わないとか、安全らしいけれども念のため極力使わない、染めないという方もいらっしゃる。

しかし妊娠初期というのは、ママとなるご本人が妊娠していることに気付いていないことがあるわけです。
それで白髪染めも通常通り行っていたという流れ。

上記の通り、妊娠中における白髪染めからの悪影響というのは医学的に証明されていませんので、妊娠の初期や妊娠超初期において白髪染めを使っていたとしても問題ありません。

髪を染める頻度を減らす

妊娠中の白髪染めから母体や胎児への悪影響が気になるという妊婦さんは、心配であれば白髪染めを使う頻度をいつもの1か月に1回から2か月に1回、できれば3か月に1回といった感じで
使う回数、頻度を減らせば、仮に何らかの悪影響があったとしてもそれを最小限度にとどめることができます。

もうひとつの目安は妊婦であるあなた自身に皮膚荒れ、肌荒れ、皮膚炎、健康被害などがなければ、おそらく胎児にも悪い影響は出ないと判断する。

実際のところは妊娠中でも白髪染めを続けているという人が多いようです。
周りのママ友にも聞いてみてください。

あまり気にしないで妊娠中でも白髪を染めてはいかがでしょうか。

妊婦が白髪染めにヘナを使う

植物のヘナを原料とした髪の染料は昔から使われてきました。
白髪染めとしても使われます。

妊婦にとっては二剤混合式の化学反応や薬剤反応といったものがない、天然成分ですので、よいと言えます。

しかし染料を混ぜて作る手間や仕上がり色の調整も難しく、セルフで染めるには難易度が高い白髪染めとなります。

白髪染めトリートメントなら妊婦にも安全

白髪染めトリートメントや白髪染めシャンプーといったヘアマニキュアという髪の表面だけを染めるタイプの白髪染めを使えば、化学反応や薬剤反応からの悪影響もなく、ジアミン、石油系化合物などの有害物質も入っていませんので、妊娠とは関係なく妊婦にも安全な白髪染めと言えます。

妊娠中は白髪染めトリートメントで染めてみてはいかがでしょうか。
妊娠中の白髪染めとしておすすめです。

妊娠中は白髪染めシャンプーもおすすめ

妊娠中は白髪染めシャンプーも便利。

髪を洗うだけで白髪が染まっていきますので楽。

白髪染めシャンプーもヘアマニキュアですので、化学反応や薬剤反応からの悪影響もなく、ジアミン、石油系化合物などの有害物質も入っていません。妊婦に安全な白髪染め。

妊婦が白髪染めのため美容院へ行く

妊婦が白髪染めのため美容院へ行っても通常通り染めてもらえます。
断られることはありません。

プロの美容師曰く、髪を染めることで出産や赤ちゃんに悪影響が出たということは聞いたことがないそうです。

妊娠中の白髪対策はどうしたらよい?

妊娠中の白髪対策はどうしたらよいのか迷ってしまうところ。

妊娠中であってもこれまで通りヘアカットし、白髪染めを行えばよいだけ。

ただ、髪を染めるときに長時間、椅子に座っている姿勢が辛いとか、自宅でセルフで染めるなら思ったように腕や手を動かしたりが厳しいということはあるかもしれません。

これまでのように、まめに染めるという時間はなかなかないかもしれませんから、少し目立つくらいまでの限界まで我慢したうえで染めることである程度解決します。

染める頻度を減らす、少なめにするということですね。

関連記事

風邪を引いてるとき白髪染めで髪を染めても大丈夫?
風邪の時は美容院でカラーリングしてもよい?風邪気味のとき白髪染めは?
更年期に白髪が増える?更年期障害と白髪染め
生理中に白髪染めで髪を染めても大丈夫?生理中のヘアカラーに注意
頭皮ニキビがあるときヘアカラーや白髪染めしてもよい?頭に吹き出物あるなら注意
肌荒れしない白髪染めってあるの?ヘナの方がよい?
白髪染めの最高頻度と最短期間はどのくらい?
早すぎることはない30代の白髪染めと使用頻度
40代女性の白髪染め頻度はどのくらいが最適か
利尻ヘアカラートリートメントを毎日使うのは正しい頻度?使い方次第では有害か。月1週1回でも色落ちなし?