白髪染めで白髪以外の髪も染まる?染まらない?

白髪染めでは白髪以外の髪は染まらないのでしょうか?
白髪の毛だけ染まるのか。

白髪以外の髪も染まる

白髪染めでは白髪と地毛である黒髪の両方を染めていきます。
黒髪と一緒に染まるわけですから、それはつまり
白髪染めで白髪以外の髪も染まる。

明るいブラウンに仕上がる白髪染めで考えてみればわかるでしょう。
もし白髪だけが茶色に染まったら黒髪は黒のまま。
これまで黒髪に白髪が混じっていたのに、染めた後は
黒髪に茶髪が混じるという状態になる。これはおかしい。
全てが明るい髪色に揃っていなければ不自然。
ブラウンの白髪染めで髪の毛全体が茶髪に染まります。

白髪染めブラックと黒髪の黒の違い

それならば基本色の白髪染めブラックは白髪だけを染めるのか。

ブラックの白髪染めで白髪だけ染めたと仮定してみると、
結果は黒髪と、ブラックに染めた白髪でコントラストになりやすい。

なぜなら日本人の地毛が黒髪とは言え、ヤケや紫外線からの影響、
先天的な髪の色素から、肉眼では黒と捉えても、その中には茶色や
赤の色素が若干含まれているからです。
黒髪というのは厳密に言えば真っ黒の毛ではない。

ブラックの白髪染めであっても白髪と黒髪を一緒に染めることで、
頭髪全体に髪色の統一感を出しています。

オシャレ染めで白髪は染まらない

ここで注意すべきはオシャレ染めで染めようという考え。
オシャレ染めヘアカラーリングで明るい髪色にフルカラーすれば、
白髪も染まっているだろうと。

オシャレ染めで白髪は染まらないというのが事実。

白髪染めも、元はオシャレ染めと同じものでありますが、
色素や薬剤の配合や調合を変えている。

色の抜けた白髪という薄い色の毛を染めるために脱色力よりも
染毛力を強く作ってあるのが白髪染め。
逆にオシャレ染めは黒髪に色をつけていくため、ブリーチ要素が強め。
染毛力よりも脱色力を強く作ってある。

白髪は既に色が抜けているので脱色はあまり関係ありません。
それよりも濃く黒っぽく染めること、しっかり色付けする必要がなる。

強引にオシャレ染めで染めた場合、黒髪は仕上がりイメージの色に
染まるものの、白髪に関しては染まりきらない変色した色に終わり
失敗します。
白髪が生えている量が少ない人ならまだ誤魔化せますが、
白髪が多い人は、まだらな髪色に仕上がり悲惨な結果になる。

切る白髪隠しは難しい

美容院でのプロの美容師の対処方法として、少しの白髪ならば
カットで切り落として、あとはオシャレ染めで明るく染めるという
テクニックで対処できなくはありません。

しかし30代以降の方ですと、およそ加齢要因で生え始める時期であり、
白髪というのは一旦生え始めると、以降は爆発的に増えやすいので、
思った以上に早いスピードで生えてくる。
切る白髪隠しでは間に合わなくなります。

白髪が目立ってくれば、美容師でも1本1本切っていくことは諦めます。
あまりにも面倒すぎますし、そもそも髪の毛の本数も減って
ボリュームダウンも否めません。

ましてやセルフカットなら頭頂部や後頭部、襟足など見えない位置はお手上げ。
1本の白髪は前頭部にあっても的確に切るのは難しいのですから・・。

白髪染め1本だけで白髪以外の髪も染まる

白髪が数本でもあるなら白髪染めを使うことをおすすめします。
それが正しい白髪ケア。
いつから使うのが正しいのだろう?とか、まだ早すぎる若すぎる、
などと考えずにすぐに使うことをおすすめします。

ブラックに染めるのであれブラウンに染めるのであれ、
白髪を染めるなら白髪染めを使う。
白髪が多い少ないなどの分量にかかわらず、白髪染めだけを使って染めて下さい。

オシャレ染めヘアカラーリングを使うことなく、白髪染め1本だけで
白髪以外の髪も染まります、ご安心下さい。

白髪染めトリートメントも白髪以外の髪も染まる

白髪染めトリートメントは今人気の白髪染め。
二剤混合式のように刺激性がなくダメージが少ない。

髪のキューティクルを破壊することなく、髪の表面に
色を乗せるようなイメージの白髪染め。

白髪染めトリートメントもブラックだけでなく、ブラウン系の
明るい髪色に仕上がるカラーバリエーションが販売されています。

そして白髪染めトリートメントを使う場合でも、
白髪以外の髪も染まるので、例えばブラウン系で染めたなら、
頭髪の全てが茶髪に、明るい髪色に染まる。

白髪染めで普通の髪を染めるのもよい

白髪染めで普通の髪を染めるというのはどうでしょうか。

「白髪じゃないけど白髪染めを使ってよいのかな?」
という疑問です。

白髪染めは白髪以外の黒髪も一緒に染めます。
普通の人が白髪染めを使っても髪は染まる、問題なくお使いいただけます。

おすすめ