ヘアマニキュアの白髪染めは髪が痛むか傷まないか。きしむのも心配

ヘアマニキュアの白髪染めは髪が痛むか傷まないか。

白髪染めは髪が痛むのか。痛むのはなぜか

白髪染めで髪が痛むというのは本当です。

白髪染めやオシャレ染めヘアカラー剤で一般的なものは二剤混合式と言って混ぜて使うタイプ。永久染毛料と呼ばれるもので、酸化染毛剤のパラフェニレンジアミン(ジアミン)を使っている。

セルフで染める市販の白髪染めおよびオシャレ染めヘアカラー剤や、美容院で染める場合も二剤式。

髪の表面キューティクルを開いて髪の内部のメラニン色素に色付けをしますので、一度でしっかり色がついて髪色が変わり、1~2か月は長持ちします。

しかしキューティクルを開くなど、組織破壊を伴いますので髪が痛みます。
また、化学的な薬品を使う以上、頭皮や肌に付着した部分に刺激やダメージがあります。
あのツンとしたニオイも薬品系だからです。

白髪染めとオシャレ染めどっちを先に使えばよいのか

ヘアマニキュアの白髪染めは髪が痛むか傷まないか

ヘアマニキュアは半永久染毛料と呼ばれるもので、染め方としては髪の表面を染めるだけですので髪は傷まない。

マニキュアという言葉の通り、髪の表面に色をつけるだけですので組織破壊がありません。
このため低刺激で、髪も頭皮も痛むということはありません。

白髪染めにもヘアマニキュアタイプがあり、ヘアマニキュアの白髪染めであれば髪は傷みません。

白髪染めと普通のカラーで傷みが違う?比較して傷みがきついのはどちらか

ヘアマニキュアを使って髪がきしむのが心配

ヘアマニキュアを使って髪がきしむということはありません。

髪に塗布して洗い流しのすすぎを終えて仕上がったあとで、髪の指通りや手触りが変わった感覚があるかもしれませんが、きしんでいるわけではありません。

特に最近のヘアマニキュアタイプは、カラートリートメントが多く、天然成分で構成されて美容成分なども豊富に含まれていますから、むしろ髪質はよくなったと感じるはずです。

ヘアマニキュアで白髪が染まらない?

ヘアマニキュアで白髪が染まらないという方がいます。

ヘアマニキュアは髪の表面に色をつけるだけですので、一度の使用で髪色は激変しません。
ゆっくりと染まっていきます。

3~4回ほど染めると髪色ができて染まってきています。
低刺激で毎日使えるので、3~4日連続で染めるのです。

但し、カラー剤のヘアマニキュアタイプですと、白髪は染まりません。
必ず白髪染めのヘアマニキュアタイプをお使いください。

白髪は白髪染めでなければ染まらないのです。

ヘアマニキュアの白髪染めデメリット、色が長持ちしない?

ヘアマニキュアの白髪染めにもデメリットはあります。
髪の表面に色を乗せてるだけですので色が長持ちしないのです。

シャンプー、雨、シャワーなどでも退色しやすい。

ただ、髪色はきれいに染まりますし、繰り返し染めていけば、数日から1週間は色落ちしにくいので大丈夫です。

ヘアマニキュアで白髪をリタッチできるメリット

ヘアマニキュアは白髪をリタッチするのに最適。

低刺激で毎日使えますので、美容室で白髪染めしてからしばらくして生えてくる髪の根本の白い部分も、気になる白髪を1本でも見つけたときも、すぐ染められるというメリット。

市販の二剤式で白髪染めしたり、美容院で白髪染めをするのは、髪や頭皮のダメージから1~2か月に1度の頻度ですが、そのつなぎとしてヘアマニキュアで白髪をリタッチするのです。

ヘアマニキュアタイプの白髪染めで髪の根元を染めるリタッチは染まらない?色を長持ちさせる方法はある?

ヘアマニキュアの白髪染め、美容院だと料金が気になる

美容院で白髪染めをオーダーすると、ほぼ二剤式です。
ヘアマニキュアで染めることはほとんどありません。

しかし、ネット検索などで調べてみますと、ヘアマニキュアが得意な美容院というのもありますので、安いところを探して一度使ってみるとよいかもしれません。

料金が安いといっても、セルフよりは高くなってしまいます。

市販のヘアマニキュアなら白髪染めトリートメントがおすすめ

市販のヘアマニキュアならご自宅で自分でセルフで白髪ケアできます。

ヘアマニキュアタイプにもいろいろな種類があり、トリートメント、シャンプー、ペン、ブラシ、ファンデーションなどが挙げられます。

利尻ヘアカラートリートメントと利尻カラーシャンプーよく染まるのはどっち?その違いとは?

中でも白髪染めトリートメントは人気がでており、トリートメントのクリーム状ですので、部分染めリタッチにも使えますし、髪の毛全体を染めることもできる。

カラートリートメントとして、ブラックだけでなくブラウンやダークブラウンなどのカラーバリエーションもありますから、明るい髪色に染めることも可能。

低刺激なのでいつでも白髪隠しでき、毎日のお風呂で染めるようにすれば、色が定着して髪色がかなり長持ちします。

髪が痛む心配がないヘアマニキュア、白髪染めトリートメントをおすすめします。

白髪染め比較おすすめランキング

関連記事

利尻ヘアファンデーションで白髪隠し。薄毛の地肌も隠せる
自分でちょっと白髪隠しすれば白髪染めのつなぎにできる白髪のホームケア
セルフで白髪を生かしたカラーリングなら市販アッシュもおすすめ
ニキビがあるときヘアカラーや白髪染めしてもよい?
風邪を引いてるとき白髪染めで髪を染めても大丈夫?
白髪染めで普通の髪を染める?普通の人が茶色の白髪染めで染めてもよいのか
若白髪を利尻ヘアカラートリートメントで染める中学生や高校生。10代の若白髪ケア

おすすめ