若白髪を利尻ヘアカラートリートメントで染める中学生や高校生。10代の若白髪ケア

若白髪を染めるために中学生や高校生が白髪隠しとして、利尻ヘアカラートリートメントを使うことは正しいと言えるでしょうか。

10代の若白髪ケアについて考えてみましょう。

若白髪を利尻ヘアカラートリートメントで染める

白髪の原因は加齢

白髪がなぜ生えるのかについては、遺伝やストレスなど不特定な要因が多数あり、明確な原因は明らかにされていません。

ただ、典型的な原因として加齢が上げられており、平均して35歳くらいから白髪が生えてきます。
さらに40代以降は白髪が目立つようになり、生えて無い人のほうが少数派になっていく。

若白髪の悩み、白髪ケアをどうするか

その一方で、学生の方、中学生、高校生、大学生で白髪が生える方もいまして、人はそれを若白髪と呼ぶ。
さらに小学生などの子供時代に白髪が生えてくる場合もある。

10代で若白髪が生える場合、数本程度で見え隠れするキラキラした毛、あるいはピカピカしたように光が反射している程度の毛で終わる方もいれば、まとまった本数の白髪に悩まされる場合もある。

白髪が生える量に差こそあれ、加齢要因とは違う白髪として、10代以下は若白髪という扱い。
原因としては先天的なもので遺伝性、生まれつきの体質の可能性が大きい。

気にしないで生活していけばよいのですが、思春期の子供さんですと、冷やかされたり、学校でのいじめの対象にならないかと気になるもの。

10代の若白髪ケアなら、数本の白髪を切ればよいと考えるかもしれませんが、やはり白髪染めで染めるのが一番の白髪隠しだと言わざるを得ません。

★利尻ヘアカラートリートメントはこちら♪
白髪染め!利尻ヘアカラートリートメント - 株式会社ピュール

ストレスが原因の白髪

ストレスを原因として白髪が生えるのも有名な話。

治療法はないものの、こちらは一時的なものです。
そのストレスが無くなるまで放っておけば白髪も無くなりますので、過剰に気にする必要はありません。

ストレス要因の白髪の場合、年齢は関係ない。

10代以下の白髪が先天的な白髪ではなく、ストレス要因の場合もありえる。
そうであれば、少し様子を見ることにして放っておくのも手です。
親御さんとしては、お子さんの心理的な悩みや精神的に抱えているものがないかを気にしてあげてください。
むしろメンタルのケアのほうが必要かもしれません。

20代でも若白髪?

20歳前後あるいは20代後半でも白髪が生えて目立ってきてしまう方はいます。
加齢での白髪というには、年齢的にやや早いですので、これも若白髪ということが言えるでしょう。

もしストレス要因で思い当たることがあるのなら、しばらくすれば無くなります。
できるだけストレスを解消することです。

しかし、白髪のことを気にし過ぎると、そのこと自体が、かえって強いストレスになり悪循環ですので、例えそれが一時期のことであっても白髪染めで染めることをおすすめします。

白髪は白髪染めで染めるしかない

高校生や大学生で、セルフのオシャレ染めヘアカラー剤で髪を染めたことがある方はいらっしゃるかと思います。

そういったヘアカラー剤いわゆるオシャレ染めを使っても白髪は染まりませんので、ご注意ください。

茶髪などにすれば黒髪より少しは保護色になりえますが、白髪は白い毛のまま、あるいは少し変色したような毛のままで残っています。

白髪を隠すには白髪染めで染めることが必要なのです。

利尻ヘアカラートリートメントは黒髪も染まる?黒髪を染めてもよいの?黒髪戻しにも使える?

白髪染めによる頭皮や髪へのダメージに注意

セルフのオシャレ染めに似たような二剤一式の、1剤と2剤を混合させて使う白髪染めが市販されています。

これらはオシャレ染めヘアカラー剤とほぼ同じ成分ですので、化学反応を用いて、髪の表面キューティクルを開いて髪の内部を染める。
しっかり染まる反面、頭皮や髪へのダメージが避けられません。

中学生や高校生と成長期の頃から使っていますと、長い期間にわたって負担がかかりますから、健康面も含め、体によくない可能性があります。
それは、オシャレ染めヘアカラー剤を使って派手な髪色に染めることと同じ強い薬品からの刺激だと言えばおわかりになるかと思います。

利尻ヘアカラートリートメントを毎日使うのは正しい頻度?使い方次第では有害か。月1週1回でも色落ちなし?

若白髪にヘアマニキュアがおすすめな理由

ヘアマニキュアと呼ばれる、髪の表面を染めるだけの白髪染めですと、髪や頭皮のダメージも少なくて済む。

例えば白髪染めトリートメントがヘアマニキュアのひとつ。
混ぜないでそのまま使う、トリートメント状の白髪染めです。

白髪染めトリートメントなら素手で使えるほど低刺激なので心配なく使える。
特に若い時期、10代、思春期の体においては、将来に向けて、髪や頭皮がボロボロになったり抜け毛が増えるのは薄毛も含めて困るでしょうから、白髪染めトリートメントが刺激が少なくおすすめ。

ピンポイントに部分染めするのにも向いていますから、少しだけの白髪や、もみあげ、うなじ、後頭部、つむじ、生え際などといった一か所だけ目立つ白髪にも活用できる。

利尻ヘアカラートリートメントと利尻カラーシャンプーよく染まるのはどっち?その違いとは?

利尻ヘアカラートリートメントを使う中学生や高校生は正しいか

人気の白髪染めトリートメントに利尻ヘアカラートリートメントがあります。

まさにトリートメントタイプの白髪染め。
ジアミンなどアレルギー成分も入っていないですし、シリコーン、パラベンなども無い無添加。
天然成分中心で髪や肌に優しい、その上、うるおい美容成分配合で、美髪へのヘアケアまでできてしまうというメリット。

低刺激なので髪や頭皮および体の健康面への悪影響がないことから、若白髪に悩む中学生や高校生が利尻ヘアカラートリートメントで白髪を染めることは正しい、とてもよいと言えるでしょう。

高校生だけでなく、同じように若白髪に悩む大学生、もしくは小学生も使える。
お子様の若白髪に悩む親御さんにご提案したい白髪染めトリートメントです。

利尻ヘアカラートリートメントの色選び、明るいけど赤みを抑えた新色ナチュラルブラウン登場

利尻ヘアカラートリートメントがおすすめの白髪染めトリートメント

利尻ヘアカラートリートメント

利尻ヘアカラートリートメントは、
加齢で白髪が目立つにはまだ早い20代の方々にも適している。
そもそも白髪染めトリートメントは年齢や年代を選びません。
特に同じ20代でも20代後半ですと利尻ヘアカラートリートメントを使っている人は一定数います。

白髪を黒髪に染めるブラックだけでなく、ブラウン系のライトブラウン、ナチュラルブラウン、ダークブラウンもあり、4色のカラーバリエーションから色を選べる。
いかにも白髪染めで染めた真っ黒髪とならないのもよいですね。
大学生、20代OLなどで明るい髪色の茶髪にしたいという希望も叶うのです。

小学生、中学生、高校生、大学生、20代、若白髪の悩みに利尻ヘアカラートリートメントをお試しください。

利尻ヘアカラートリートメント[白髪用]【公式】
※利尻ヘアカラートリートメント【公式】こちら
白髪染め!利尻ヘアカラートリートメント - 株式会社ピュール

利尻ヘアカラートリートメント
【公式】

関連記事

利尻ヘアカラートリートメントの体験談(口コミ・評判・評価)
利尻ヘアカラートリートメント何色が似合うか。色選びのコツとは?
利尻ヘアカラートリートメントの評判悪い口コミは本当?嘘?
利尻ヘアカラートリートメントの正しい使い方はシャンプー前か後か
利尻ヘアカラートリートメントは汗で落ちる?
利尻ヘアカラートリートメントで変色するのは染まっていないから?
利尻ヘアカラートリートメントが色落ちするという口コミは本当?
利尻ヘアカラートリートメントが染まらないという口コミは本当?
利尻ヘアカラートリートメントとヘナとの違いを比較。どっちで染めるか併用か
「 利尻ヘアカラートリートメント 」の記事一覧