30代アラサーの上手な白髪隠しの方法とはセルフで白髪染め

アラサーの上手な白髪隠しの方法とは?

白髪隠しの方法

白髪を隠す場合、その生えている本数にも関係してきます。

数本程度であればハサミでカットして切り落とせばよい。
しかし目で見えない後頭部や襟足は見落としがちなうえに
正確に切るのも困難。

女性のかき上げた髪の裏側であれば髪型で少しは誤魔化せる。
ロングであればあるほど隠しやすい。
短髪である男性には不可能。

黒髪に白髪が目立ちやすいので、明るい髪色に染める。
茶髪、ライトブラウンなど。
さらにハイトーンの金髪にすれば保護色との混在で完全な
白髪隠しになるものの、金髪自体が普通に染められる髪色ではない。

白髪が生え始める平均年齢

上記のような単純な白髪隠しの方法は挙げられますが、
アラサーなら根本的なことを考えていかないといけません。
加齢してきた、ますます加齢していく、ちょうど白髪が生え始める年齢に
差し掛かっていますので、やがて誤魔化しはきかなくなります。

白髪が生えてくる平均年齢は35歳前後だとされています。
そう考えてみますとアラサーというのはまもなく30歳になる、
もしくは30代になったばかり。
安心してはいられません。

たとえ数本でも1本でも白髪が生えてきたら、その後は爆発的に白髪が増えてきて
カットだけでは処理しきれなくなってしまうと覚悟しておきましょう。

10代や20代も前半なら、いわゆる若白髪の可能性が高い。

ストレス要因からの一時的な白髪であれば、しばらく放っておけば、
自然に消えて無くなっていくので違いはやがてわかるでしょう。

しかし基本的にアラサーの白髪は年齢からくるもの、
これから一生生えてくると認識すべき。

上手な白髪隠しの方法とは白髪染めで髪を染めること

アラサーの白髪隠しは誤魔化しやカモフラージュではなく、
白髪染めで染めることを考えたほうがよい。
少なくともやがて染めなくてはならない日がきっときます。

美容室で染めてもらっても、市販の白髪染めでセルフで染めても
どちらも構わないのですが白髪染めに対する苦手意識は消しておきましょう。

最近の市販の白髪染めはお洒落なパッケージで、見た目は明るい髪色に染めるための
ヘアカラーリングのオシャレ染めと変わりません。
ハイセンスな感じで化粧品かと思うぐらい綺麗でかわいい外装になっていますので、
ドラッグストアで買うにも使うのにも抵抗はない。
少なくとも昔のような白髪染めと言えば年寄りじみたイメージは全くありません、
恥ずかしがることはない。

それでも無理ならネット通販でお買い求めください。
店頭販売なしで、インターネットだけで売っている人気の白髪染めもあります。

アラサーから30代になった頃に、少しでも白髪を見つけたら、すぐに染める
ようにすることをおすすめします。

今回の記事でご紹介したようにいくつか白髪隠しの工夫はあるものの、
結局、上手な白髪隠しの方法とは白髪染めで髪を染めることなのです。

関連記事

白髪が目立たないカラーと目立たない髪型で白髪隠しの工夫
白髪染めではなくハイライトで白髪隠し、セルフでもできる?
白髪わかりにくい髪型、白髪隠しヘアスタイルについて
ウィッグで白髪が目立たない。髪型の工夫で行う白髪隠しには限界がある
金髪なら白髪が目立たないカモフラージュ色、白髪隠し

おすすめ