他の部分は染めたくない 白髪だけ染めたいときの白髪染めは?

白髪だけ染めたい、他の部分は染めたくない。

白髪だけ染めたくなる

元々の地毛が黒より茶っぽかったり赤みがある方は、
白髪染めで染めると白髪が染まって同時染まる黒髪が真っ黒になって
不自然で困るという意見があります。
そうなると白髪だけ染めたくなる。

あるいは白髪がしっかり染まるように濃い暗い色の白髪染め、
カラーで言えばブラックやダークブラウンを使っている方。
本当は明るい髪色にしたいのかもしれません。
つまり白髪だけ染めて、元の地毛は明るくしたいという希望。

どちらの方も白髪だけ染めたいわけです。

黒髪も染まってしまう

実際のところ白髪だけ染める白髪染めというのはありません。
残念ながら黒髪も染まってしまいます。
オシャレ染めも白髪染めも元は同じものであって薬剤の配合などを変えただけ。

また、髪を染めるというのは、白髪も黒髪にも同じ作用で、
白髪は黒髪の色素が抜けただけ髪の毛として捉えると同じもの。

美容院であればご希望のように白髪だけ染めるということは可能。
できることはできますが、プロの美容師もさすがに嫌がる。
なぜなら手間がかかるからです。
普通にやってくれるところもあるでしょうが、料金を2倍取るかもしれません。
時間と薬剤が倍ですから当然ですね。

セルフで白髪だけ染められる?

ではセルフではどうか。

まず二剤混合式では無理。
白髪染めやオシャレ染めを混ぜることが禁止。

そこでヘアマニキュアはどうでしょうか。
白髪染めトリートメントならクリーム状で粘度が高く液ダレしにくいので、
狙ったところだけをピンポイントに部分染めすることに適しています。

白髪染めトリートメント

白髪だけ白髪染めトリートメントで染める、これがよい。

白髪染めトリートメントにはダークブラウンもありますので、
白髪だけ染めて、茶色っぽい地毛とうまく馴染みます。

あるいは白髪だけダークブラウンかナチュラルブラウンで染めて白髪隠し。
後日改めて全体をオシャレ染めで明るく染める。

セルフでやるからには多少の手間はかかりますが、上手にできれば、
白髪ケアしたうえで全体が自然な感じ明るめの髪色に仕上げることができるでしょう。

白髪だけ染めたいときの白髪染めは白髪染めトリートメントがおすすめです。

おすすめ