金髪なら白髪が目立たないカモフラージュ色、白髪隠し

金髪なら白髪が目立たないカモフラージュ色です。
白髪隠しには金髪が最適かもしれません。

黒髪に白髪が目立つ

日本人は黒髪の民族ですから、白髪が非常に目立ちます。
黒の中に白のコントラストという色彩構図。

その点、海外の中年やご老人は髪を染めない人や、
白髪をそのままにしている人も少なくないという。
なぜなら元から髪が白っぽかったり金髪だったりですから、
白髪が目立ちにくいのです。

金髪なら白髪が見えにくいカモフラージュ色

日本人も髪を金髪に染めれば白髪が見えにくくなると言える。
保護色的な状態、同系色の髪色で白髪隠し。

白髪というのは白い髪と書きますが、実際には髪の色を作り出すメラニン色素が
抜けている状態ですので正確には髪の色が薄い毛。
透明の毛とも言える。

金髪で白髪隠し

金髪にするのはオシャレ染め染めることもありますが、
どちらかと言いますとブリーチで髪色を脱色することが多い。

遠巻きに見れば全てが色の薄い白っぽい髪色なので、白髪は見えなくなる。
少なくとも見えにくく目立たない状態になっている。

つまり金髪にすれば白髪隠しのための白髪染めをする必要が
ほぼなくなるという言い方もできる。

白髪が目立たないヘアカラーは何色なの?白髪が目立たないカラーで白髪ケアする方法

金髪で白髪ケアの注意点

ブリーチというのは強力な脱色力で黒髪の髪色を一度に明るく、
透明に近いほどに色抜きしてしまうもの。

白髪は既に色の無い、色の薄い髪の毛ですから、ブリーチをすれば、
通常のオシャレ染めのヘアカラーよりも酷いダメージがあります。
ちょうどブリーチを二回連続で行うような感じ。

それから、金髪にしておけば白髪ケアに手間がかからず楽だ、
というお考えならば、そこにも注意点があります。
しばらくすれば根元から黒髪が生えてきて目立つので、
結局のところ定期的に髪を染めることからは逃れられないのです。

あるいは、本当に金髪に染めたとします。
確かに金髪にカモフラージュされて白髪は目立たないのですが、
それは黒髪とのコントラストに比較した場合。
やはり近くでよく見れば、白髪はそのままですから、
周囲の人には気づかれます。
特に白髪が増えてきたら要注意と言えるでしょう。

金髪にできますか?

金髪にして白髪を目立なくさせる白髪隠しの方法について
ご説明いたしました。

それよりももっと大事なことがあります。

そもそも黒髪の日本人が金髪に染めるのは勇気がいるということ。

職業上許されない、学校の校則で禁止されているという
こともあるかと思います。

若い人でも金髪にしている方は少ないわけで、ましてや中年やご老人が
金髪に染めるのは不可能に近いと言えるはず。

保護色で白髪を隠せる以前に、金髪にすること自体への
心理的なハードルのほうが高いので、結論としては
非現実的な白髪ケアの方法だと言わざるを得ません。

そして白髪が増えてきますと、ブリーチで白髪の毛が相当に傷む
ということを忘れてはなりません。

抜け毛が増えて、薄毛になる可能性すらある。

白髪は白髪染めで染める

白髪を隠すために、髪の毛を金髪で染めるという方法ですが、
とても現実的ではありません。

やはり白髪染めで染めるのが一番よい白髪ケアだということになります。

白髪染めなら、オシャレ染めのヘアカラーと違って、染毛力も強いので、
しっかりと白髪を染めてくれますので、安心してお使いください。

定期的に白髪染めするのが手間で面倒、時間が無いなのであれば、
同じ白髪染めでもブラックではなく、ブラウンなどの明るい髪色に染めていけば、
金髪ほどではないものの、白髪が目立ちにくくなる一定の効果が期待できます。

★人気の白髪染めトリートメントを見つけるならこちら
白髪染め比較おすすめランキング

おすすめ