白髪を部分染めしたら金髪になってしまった

白髪を部分染めしたら金髪になってしまった場合には
どうすればよいのでしょうか。

金髪になった?

通常はそのようなことにはなりません、仕上がり見本にある
髪色の通りにきちんと染まるはずです。

それでも白髪染めで白髪が金髪のようになったというなら、
その人は繰り返し染めすぎて髪が痩せてしまった?ということも
考えられなくもないですが、そこまで過度に染める人は
聞いたことがありませんし、むしろ白髪染めの場合であれば、
繰り返し染める工程を経て色濃く染まっていくはず。
金髪とは正反対へ向かうという意味。

オシャレ染めと間違てしまった

ひとつの可能性として、間違えてオシャレ染めのヘアカラーリングで
白髪を染めたのではないですか?

オシャレ染めのヘアカラーリングで白髪を染めても色はつきません。
黒髪の部分はオシャレ染めで染まっても、白髪は白い毛のまま残る。

もしくは白髪に多少なりとも色が付いたり変化することもあります。
その場合、焼けたような毛に見えたり、白に妙に色がついた金色ががることも。
つまり金髪のような髪色になっています。
これを見て「白髪を染めたら金髪になってしまった・・・」と
思い込んでいるのかもしれません。

白髪染めではほとんど脱色しない

間違っても白髪染めで黒髪の部分が金髪になることはありません。
なぜなら白髪染めというのは、色の抜けている白い毛を染めることが
目的であり、そのために髪を脱色させることは重視されていないのです。

このことから白髪染めというのは染毛力が強くブリーチの作用は弱く
設計されている。
そこがオシャレ染めやブリーチ剤との違いでもあります。

オシャレ染めでの変色だった

白髪が生えているところがあって、部分染めをしようと思い立ち、
その辺りをオシャレ染めで部分染めした、その結果が上記のように
金色っぽい毛になったのではないでしょうか?

つまり白髪だけが金色っぽくなった、白髪染めに失敗したという
感じでしょう。

白髪を染められるのは白髪染めだけ、ということを忘れずに
覚えておくべきですね。

おすすめ