カラートリートメントを使う客を美容師は嫌がるのか

カラートリートメントを使っているお客さんを、美容師は嫌がるのでしょうか。

カラートリートメントをセルフで使うお客さん

美容院のお客さんの中に、カラートリートメントをセルフで使う方がいることを、美容師は知っています。

そして、カラートリートメントを使うことを否定はしません。

この件について気にしない美容師もいますが、嫌がる美容師もいます。

もちろん美容師が美容院で、お客さんの髪を染めるためにカラートリートメントを使うことはあります。
では、なぜお客さんがセルフでカラートリートメントを使うのはいけないのか。

なぜ美容師はカラートリートメントを嫌がるのか


なぜ美容師はカラートリートメントを嫌がるのでしょうか。

それは、美容師がお客さんの髪を染めるためにヘアカラーや白髪染めをするときに、そのセルフ用カラートリートメントからの影響を受ける恐れがあるから。
その結果、計算できない予想外の髪色に染まってしまったり、染まりが悪かったりすることがあるのです。
最悪は変色したり、染毛に失敗してしまうかもしれません。

ですから、ご自身でセルフで染めてることを、事前に美容師に申告しておいたほうが無難です。

何もしていない髪を染めることに比べてリスキーなのは変わらないので、嫌がられるのは仕方ありません。それでも、何も伝えてない場合に比べて、美容師側も対策や予想ができます。

カラートリートメントを「つなぎ」に使う

美容院に行く1~2か月の間に、カラートリートメントを「つなぎ」に使うことは悪くありません。
根元の白いところを部分染めリタッチするといったことは、むしろ、よいアイデアでしょう。

そして、そういった使い方を美容師も知っています。

美容院で髪を染めることを止めない限りは、カラートリートメントは主に「つなぎ」に使うような格好になるでしょう。

カラーリングまでのつなぎに白髪染めトリートメントを活用

カラーシャンプーも嫌がる?

では、カラートリートメントではなく、カラーシャンプーならばよいのか。

何もしてない髪を染める場合と違って、予想できない影響を気にしているのですから、その意味では同じこと。

美容師はカラーシャンプーからの影響も嫌がる。

利尻ヘアカラートリートメントと利尻カラーシャンプーよく染まるのはどっち?その違いとは?

美容院に行く2週間前は止める


美容院で髪を染める予定がある方や、定期的に美容院へ行っている方は、セルフ用のカラートリートメントやカラーシャンプーなどのヘアマニキュアは使わないほうがよいのか。

使わないほうが美容師には印象がよいでしょうが、それだけの理由で、あなたがカラートリートメントを使うことを諦めることはありません。
使う権利は自分にあるのですから。

そこで、次回、美容院へ行く直前の時期はカラートリートメントやカラーシャンプーを使うことを止めるという方法が考えられます。
それで美容師さんが計算できない影響を最小限に抑えられる。

1週間前、できれば美容院に行く2週間前からカラートリートメントを止めるとよいでしょう。

美容師おすすめのカラートリートメントはあるか

美容師おすすめのカラートリートメントというのは、あまりありません。
美容院でも使うカラートリートメントはありますが、それらは業務用であって、市販ではなかなか手に入らない。

市販の白髪染めトリートメントで人気なのは、「利尻ヘアカラートリートメント」と「ルプルプ(LPLP)ヘアカラートリートメント」です。
これらは白髪だけでなく、黒髪も染まりますので、白髪が生えていない方がカラートリートメントとしてもお使いいただけます。

白髪染め比較おすすめランキング(人気の白髪染めトリートメント・白髪染めシャンプー)

関連記事

利尻ヘアカラートリートメント何色が似合うか。色選びのコツとは?
白髪染め後にカラー?白髪染めの上からカラーリングするとどうなる?
白髪が目立たないカラーは何色なの?白髪が目立ちにくい髪色で白髪隠し
プリン頭を白髪染めで直したい。逆プリン髪に困ったときの対処法
白髪をリタッチする方法は?生えてきた根元の白を染める
白髪染めトリートメントは汗で落ちるがそこまで酷くはない
自分でちょっと白髪隠しすれば白髪染めのつなぎにできる白髪のホームケア
ヘアマニキュアタイプの白髪染めで髪の根元を染めるリタッチは染まらない?色を長持ちさせる方法はある?
風邪の時は美容院でカラーリングしてもよい?風邪気味のとき白髪染めは?