カラーリングまでのつなぎに白髪染めトリートメントを活用

カラーリングでおしゃれ染めしたばかりなのに、
もう根元が白くなってきている、数本の白髪が生えてきている・・・。

こんなお悩みよく聞きます。

白髪染めの頻度

美容室や市販のカラーリングで染める頻度は2か月に1回程度がよいとされ、
最低でも1か月は間隔を空ける必要があります。
なぜなら化学反応を起こす薬品、薬剤ですので、髪や頭皮にダメージがある。
これは白髪染めも化学反応を用いますからオシャレ染めと同じ。

それはわかっているものの、1か月と言わず、2週間でキラキラと白髪や
根元の白が見えてしまうのは辛いところ・・・。

染めてから、次回に染めるまでの期間に、つなぎがあれば、白を隠す白髪ケアできるのに。

自分でちょっと白髪隠しすれば白髪染めのつなぎにできる白髪のホームケア

白髪染めトリートメント

こんなときこそ白髪染めトリートメント。

白髪染めトリートメントは素手で髪に塗ることで染めるクリーム状の白髪染めで、
刺激の少ない成分で構成されています。

よって毎週、あるいは週に2、3回染めても大丈夫。
毎日染めてもよいというものも珍しくありません。

二剤混合式の白髪染めのように髪の構成を変化させるような薬品ではないため、
髪や地肌に優しい成分なのです。

ただ弱点もありまして、髪の表面キューティクルに着色するようなヘアマニキュアの
部類になりますので、色を髪の上に乗せるという感じで染まり方は弱め。

ヘアマニキュアタイプの白髪染めで髪の根元を染めるリタッチは染まらない?色を長持ちさせる方法はある?

美容室との、つなぎ

そうであるならば、定期的に二剤混合剤の白髪染めでしっかり髪の内部まで染めて、
そのつなぎに白髪染めトリートメントを使うというのが最高によい組み合わせかと。

もちろん毎月、美容室へ通う期間との間に、つなぎとして使うのもよいでしょう。

染まり具合が心配だし、色落ちしないかも気になるところですが、
トリートメントタイプも繰り返し染めることで、しっかりとした色が定着しますから安心です。
そんなに簡単に色落ちはせず、思ったよりずっと長持ちします。

白髪染めシャンプー

次回のカラーリングや白髪染めまでのつなぎとして、白髪染めトリートメント以外に
挙げられるものは白髪染めシャンプー、白髪染めリンスなども候補に考えられます。

ご自身の髪質や好みに合うものを選んでみてください。
二剤式以外、低刺激の白髪染めを使うのがポイント。

おすすめ