アラサーの白髪対策と30歳代の白髪染め

アラサーで白髪が生えたことにショックを受けることは
ありません、30代で白髪染めを使ってる人もいます。

白髪が生える平均年齢は?

日本人だと平均して35歳くらい、すなわち30台中盤から
白髪が生えた、気になりだしたというデータに合致します。

頭頂部に数本という人もいれば、既に白い部分がかなり多く
なっているという生え具合の方もいるでしょう。

それでも30後半、20代で完全に真っ白のシルバーになっている人も
稀にいますので、おかしなことではありません。

外国人も白髪は生える

上記データは日本人のものですが、外国人でもアラフォー以降の
40代以上は半数近くが白髪になっているそうです。
生まれたときの髪色と違う、老化に伴って永久に保てるものでは
ないのです、やっぱり。

金髪ブロンドやブラウン色系の民族だと白髪はそれほど目立たない。
日本人は黒髪に白髪、残念ながらこれは目立ちます。

白髪の対策方法

生え際、分け目、もみあげ、見つけたらハサミで切りましょう。
間違えても抜いてはいけません。

頭頂部や前頭部は難易度のあるカットになります。

後頭部と襟足はちょっと無理だから白髪染めで部分染めする
という手も。

薄毛の悩み

髪の毛で言えば薄毛で悩んでいませんか?
特に男性は30歳前後。
女性は40歳、50歳あたりで分け目から地肌が見えたり。

髪の毛の量が減るのも老化、白髪も同じ老化の一種ですね。

アラサーのストレスが髪の悩みにつながる

アラサー、やがて30代では、仕事、育児、仕事、お金、
様々な悩み事があって、ストレスが増えます。

このストレスが薄毛や白髪の悩みにつながっているという説
が有力です。

白髪が生える原因は現代医学でわからないのですが、
毛髪の中心に位置するメラニンで色素がつかない、抜けたままの
白になっている状態、色素が発色しないのか定着しないのか。

可能性として、遺伝、加齢、生活習慣、ストレス、食べ物、
が関係しているという。

よい生活習慣で白髪を減らす

生活習慣としてバランスのよい食事を取り、たっぷり睡眠、
適度な運動、これである程度、白髪は減るでしょう。
逆に爆発的に増えるということはないはず。

それでも白髪が無くなる、とは言えません、また生えてきますし。

生活を正すことで、ストレス解消されますから、毎日快活に、
さらに趣味やおしゃべりなど楽しんで発散してください。

下手すると、白髪があること自体がストレス要因になって、
さらに白髪が増えるという悪循環も冗談ではなく、あり得ますよ。

白髪染めで白髪隠し

そういう意味では白髪染めで隠してしまうのは、正しい。

自分が若く見えて自信につながってストレス解消。
前向きで楽しい毎日に白髪が減りそう。いいね。

白髪染め

最近の白髪染めは、保護成分、保湿成分なども含んでいる
ものもあり、染めると同時に髪の手触りや艶がよくなる傾向も。

毛髪や頭皮がダメージ受けるのも事実ですが、最小限に抑えて、
ヘアケアまでしてくれる成分がある。

それと、仕上がりが黒髪ではなく、オシャレ染めカラーリングと
同等に茶髪のようなブラウン系の髪になる商品も多数販売中。

よくわからなければ通っている美容師さんに相談して。
すぐに白髪を染めてくれるし、アドバイスもくれるでしょう。

市販の白髪染めがおすすめ

しかし、費用もかかりますので、経済的負担を考えますと、
市販の白髪染めを街の薬局やインターネットショップで買って、
染めるのも普通にみなさんやってます。安いから。

プロの美容師ではない一般人素人が白髪を染めても、問題なく
染毛できるよう設計されています。一度でもカラーリング剤を
利用して髪を染めた経験があるなら抵抗ないですよね。
実は同じ成分で配合を変えただけだったりします。

市販の白髪染め、手軽にネットで注文できます。
きれいな髪色に仕上がる。ぜひ使ってみてください。

アラサーの白髪対策について
アラサーの白髪が目立たないヘアカラーリング髪色は?
アラサーが白髪染めを使う頻度を減らしダメージケア
アラサー白髪の部分染めにおすすめ白髪染めトリートメント
アラサーが使う白髪染めとオシャレ染めの違い
アラサー男性の白髪染め
アラサー女性の白髪染め
アラサー白髪とカラーリング髪色
アラサーの白髪対策に白髪染め
白髪を染めないアラサーの生き方

おすすめ