白髪を染めないアラサーの生き方

アラサーが白髪を染めないという生き方はあり得るのか、正しいのか。

白髪が生えてきたけどまだ30歳と考えるべきか、白髪も生えているのだし、
もう30代になったんだ、と考えるべきか。

白髪が生える年齢はいつ?

白髪が生える平均年齢は35歳頃という調査結果があります。
実際は40代から本格化する、大半の人が白髪に悩む。
アラサーで白髪が生えているのはやや早めということも言えます。

しかしアラサーであれば、間もなくやがて白髪が生えてくるということ
を意味しています、準備と覚悟をしましょう。
子供の頃や20代から若白髪に悩む方もいらっしゃるので、30代での白髪は
早過ぎるということはありません。

30代で白髪を染めない

もし30代で白髪を染めないとしたらどうなるのか?

白髪を染めないアラサーというのはなかなか勇気がいります。
おそらく数本生えていて気づかない場合もあるでしょうが、これとは話が
少し違いますね。
生えている白髪を気にせずにそのまま過ごしていくことが染めない態度。

先の説明通り白髪が生える年齢としてはやや早いわけです。
このことから見た目の印象が年齢の割にやや老けて見える可能性があります。

周囲から見て明らかに白髪が生えているとわかるくらいたくさん生えている、
ほぼ白髪頭のアラサーもいるかもしれません。
白髪の割合が多いほど年上に見られるでしょう。

格好いい白髪頭

白髪が格好よく、いぶし銀に見えるのは頭髪の半分以上もしくは、頭髪の
ほぼ全てが白い髪になった頃であって、半分以下の場合は白黒混じった
ゴマ塩頭で、それをエレガントと思うか、みっともないと思うかは意見が
分かれるところ。

少なくとも数本程度の白髪が生えているのを放置した場合、ご本人は問題視
していなくても、周囲の人がみっともないから何とかしなさいと注意してくる
ことが少なくないようです。

アラサーが若白髪であれ何であれ、完全な白髪頭で過ごしていると、
知人には何か言われる可能性が高い。どうして白髪を染めないのですか?とか。

アラサーの白髪は白髪染めで染める

白髪の原因が加齢である以上、単なる老化現象のひとつ、体の個人差ですから、
恥ずかしことでも汚いものでもないのですが、現代の日本ではまだまだ市民権を
得ていないということだけは覚えておいたほうがよいかもしれません。

30代で白髪を染めない生き方は潔いですし悪いことは何ひとつないものの、
周囲からの目線としては逆風なのです。

一般論的な回答としては、アラサーの白髪は白髪染めで染めて隠すのが無難な
対処法、生き方ということになります。

おすすめ