金髪を白髪染めで染めるとどうなるか

金髪を白髪染めで染めるとどうなるのでしょう。

ブリーチで金髪にする

日本人が黒髪を強く脱色すると金髪になります。
ブリーチで金髪になる。

髪の色素が抜けている状態ですから、白髪に近い。
白髪もメラニン色素の黒が色付かないまま、
色が薄い、透明な毛なのです。

よって金髪を白髪染めで染めると、白髪を白髪染めで
染めるのと同様に色がついて染まります。

オシャレ染めで金髪や白髪を染める

ここで間違いをしがちなのが、白髪を染める目的で
オシャレ染めを使ってしまうこと。

特に若い方にとっては白髪染めはあまり馴染みない
かもしれませんから、白髪がオシャレ染めで染まらない
という事実をご存知ないかと思われます。
一般的なオシャレ染めのヘアカラーは黒髪を染めるために
脱色力は強いですが、染毛力は弱めなのです。

金髪にオシャレ染めを使っても同じ。
全く染まらないか、イメージしていた髪色と違う、
酷いムラのある仕上がりになってしまうでしょう。

金髪を白髪染めで真っ黒に染める

白髪染めは白髪を染める目的から染毛力が強く
作られています。
特に基本色の黒であれば、かなり真っ黒になる。

黒髪戻しというヘアカラー製品もあります。
カラーリングをしていた学生が面接などで一時的に
黒髪にするというものです。

黒髪戻しと同じように白髪染めを使うことができます。
正規の使い方ではありませんが有効な使い方だと言えるでしょう。

金髪に関しては、前述の通りオシャレ染めのヘアカラーでは
うまく染まりませんから、黒髪に戻したいのであれば、
金髪を白髪染めで黒に染めるのが正解。

金髪を白髪染めで茶色に染める

金髪の方が髪色を茶色に変えたいと思ったとき、
ブラウン系のオシャレ染めのヘアカラーを使う可能性が高い
かもしれません。

前述の通り、色の抜けた毛である金髪は、
オシャレ染めでは染まりませんので、白髪染めを使うべき。

金髪を白髪染めで茶色に染めるのは、髪色を変える頻度や
考え方としては間違っているというような賛否両論が
ありそうですが、染め方に限って言えば正解です。

また、普通の黒髪の人が白髪染めで茶色に染めることも可能。

金髪を白髪染めグレーカラーで染める?

金髪を白髪染めグレーカラーで染めると白髪頭のような
銀髪になります。
厳密にはシルバーの銀髪ではありません、金と銀というより、
白髪だけ生えた頭のような髪色、灰色、グレイ。

極端に言えば金髪は白髪染めを使えば何色にでも染まります。

ただ、この白髪染めグレーカラーというのは、黒髪を灰色に染めて
全体を白髪っぽくしていくという髪色になりますから、そもそも
使う方があまりいらっしゃいません。
中年の方で白髪を受け入れるけれど、黒髪とまだらで気持ち悪いという
場合に、白い髪色に統一させるために使うことが多い。

若い方が、金髪に飽きて銀髪にしたいならばシルバーをお選びください。
しばらく待って、金髪から黒髪に戻った頃に、改めてオシャレ染めの
シルバーで染めるのです。

しっかり染めるなら白髪染めで色落ちの心配なし

茶髪、明るいハイトーンの髪色にしている方も、
金髪や白髪に近い染め方でお考えください。

色素が少ない、薄い髪色から重ねるように髪色を変える、
しっかり色を染めたい場合はオシャレ染めのヘアカラーではなく、
白髪染めを使うのが正解です。

こちらのほうが髪の染まり方もきれいというだけでなく、
しっかり染まる分だけ、染めた後の色落ちの心配もありません。

金髪から染めるダメージに注意

二剤式のオシャレ染めや白髪染めで染めた髪は傷んでいます。
髪の表面キューティクルを剥がして内部に色をつけるからです。

特にブリーチはその強力版という液剤ですから、傷み方も
なお酷い。

そこから髪色を変えていくというのは、いつも以上の
ダメージを覚悟してください。

どんなヘアカラーであれ、金髪の人も茶髪の人も、
一度染めた髪色を変える場合は、髪や頭皮のダメージを考慮して、
髪が生え変わるまで待つというのが一番の正解だということを
知っておくこと。

ヘアマニキュアがおすすめ

ヘアマニキュアとは二剤混合式の白髪染めやオシャレ染め
とは違って髪の表面に色をつけるだけの低刺激なもの。

普通の黒髪や茶髪の人にはもちろん使えますが、
既に髪にダメージが大きい金髪の方には特におすすめ。

新しく生えてきて色が違う髪の根元だけ染める
リタッチカラーにも有効。

ヘアマニキュアには白髪染めトリートメント、白髪染めシャンプー、
ブラシ型、ファンデーションなどいろいろありますが、
フルカラーにもリタッチ部分染めにも対応できる
白髪染めトリートメントがおすすめです。

★人気の白髪染めトリートメントを見つけるならこちら
白髪染め比較おすすめランキング

おすすめ