白髪だけ染める市販の白髪染めを使ってセルフ染め。白髪だけ染まる白髪染めはある?

白髪だけ染める白髪染めはあるのでしょうか。

黒髪ではなく白髪のみ染めたいという方のために、
白髪染めトリートメントで白髪だけ染める方法をご紹介します。

白髪だけ染める白髪染めはある?

一般的な白髪染めやオシャレ染めヘアカラー剤は、二剤混合式。
髪に塗ることでブリーチ作用での色抜き、そして染色作用として染毛、
この2つの作用を行っています。

髪全体にべっとりと塗りますので、白髪のみならず黒髪にも付着してしまいがち。
結果として黒髪も染めることになる。

白髪染めをすると白髪と黒髪が一緒に染まっています。
白髪だけ染める白髪染めというのは残念ながらありません。

白髪だけ染めたいならリタッチ・部分染め

できれば希望としては黒髪の部分は染めないでほしい。
確かに髪へのダメージを考えれば、そうしたいですね。

ブラックに染めるとき、新しく生えてきた根元の部分だけ染めるようにすれば、
黒髪へのダメージを最小限に抑えられます。

同様にオシャレ染めヘアカラー剤で明るい髪色に染めている方は、
ブラウン系の白髪染めで新しく生えてきた根元部分だけを染めればよい。

分け目、頭頂部、生え際を重点的に丁寧に染めることでうまくいきます。

つまりリタッチ、部分染めで白髪ケアしていくことが白髪だけ染める方法。

白髪染めで色ムラになったら困る

白髪染めで色ムラになったら困る。
頭髪全体を統一感のある髪色に仕上げることは大事なのです。

白髪染めの仕上がり色がブラックとはいえども、自然な日本人の髪色と
全く同一色とは限りません。
地毛の黒髪は生えてきた時点でも完全な黒色ではないのですが、
紫外線やシャンプー、水に含まれる塩素カルキからの影響で微妙に変色している。
個人差はありますが、ドライヤーの熱からのヤケや変色から、
茶色や赤みの混じった髪色になっていますので、真っ黒色とは違う。

ですから白髪が多めの人が、白髪だけを白髪染めで染めると、
染めた髪の色と地毛の黒髪が混じってコントラストが浮き出てしまいがち。
その色の差異は、ムラのような状態で妙な感じになる。

頭髪全体を1つの白髪染めで染めてしまったほうが、仕上がりの見た目は、
統一感ある色合いになります。
これはブラウン系の白髪染めで明るい髪色、茶髪にするときも同じ。

白髪だけ染める美容院はある?

白髪だけ染める美容院もあることにはあります。
白くなってきた根元だけをリタッチカラーとして、通常のカラーリングよりも
安い料金で白髪染めしてくれる。

しかしこれは、少しでも髪が伸びて白髪が見えてくるたび、
かなり頻繫に美容院に通わなくてはなりません。
リタッチカラーが安くても回数が多ければかなりの金額になりかねない。
それよりも毎週のように通う時間や手間が面倒なのは間違いありません。

美容師のほうもプロとして技術的には対応できるものの、染毛剤ですから、
二剤式からの刺激で髪や頭皮のダメージが実は心配です。

あるいはハイライトを入れる提案もあるようです。
白髪染めはグレイカラーと呼ばれるように白髪を暗く濃く染めるので、
どうしても後から生える白髪が目立ちやすい。
そこでハイライトを施して線状に明るい色が入っているとメッシュ状態になり
後からの白が混じって見えてもカモフラージュになるというアイデア。

しかし白髪染めとハイライトを自分でやるのは難しいし無理。
セルフなら素直に白髪染めだけで染めるしかない。

仮に美容院でハイライトをやるとしても、その人のヘアスタイルも含め、
似合わない人もいるのでご注意ください。
そして、必ずしも全ての美容師がこの技法でカラーリングしてくれるとは限らない
ことも知っておく。

白髪が目立たないヘアカラーは何色なの?白髪が目立たないカラーで白髪ケアする方法

市販の白髪染めトリートメントで部分染め。白髪だけ染める

生えている白髪が数本だけ、部分的など、白髪が少ない人には、
二剤式ではなく、白髪染めトリートメントがおすすめ。

クリーム状で粘度があり液ダレしにいことから、狙った一部分だけを
部分染めとして白髪ケアしたいときに最適。
斜めになって傾斜がある根元や生え際でも染めやすい。

二剤混合式と違って使い切りではないので、何回でも分けて染められるのもメリット。

★白髪染めトリートメントの記事
利尻ヘアカラートリートメント何色が似合うか。色選びのコツとは?
利尻ヘアカラートリートメントの評判悪い口コミは本当?嘘?
利尻ヘアカラートリートメントの色選び、明るいけど赤みを抑えた新色ナチュラルブラウン登場

専用のリタッチタイプで白髪だけ染める

本当に1か所だけをピンポイントで白髪隠ししたいなら、
専用のリタッチ製品もおすすめ。
ブラシタイプ、ペンタイプなどもある。

マニキュアのように色を塗るだけ、作業後に洗髪する必要さえありませんので
簡単手軽に染められる。
ただ、その場しのぎ的ではありますので、短時間での退色は避けられない。
後日改めて白髪染めすることが必要になる。

いくつかのタイプの白髪染めを併用することは、色落ち対策にもなり、
常に白髪隠しできる。リタッチを連続していくようなイメージ。
白髪染めトリートメントとペンタイプの併用もよいでしょう。

白髪を茶色の油性ペンで塗ると白髪隠しになるか?髪の毛を油性マジックで塗るならマッキーって本当?

生え際、髪の根元の生えてきた白髪を部分染め

すぐに生えてくる白髪のケアは面倒なもの。根本が白っぽいからと毎回染めていたら大変です。

生え際、髪の根元の生えてきた白髪だけを部分染めするなど、工夫次第では上手に染めて、常に白髪が目立ちにくいようにもできますので、その点を意識しながら白髪ケアしてまいりましょう。

それには使い切りの二剤式よりもヘアマニキュアのほうが、いつでも部分染めに使えて便利です。

市販のヘアマニキュアで低刺激に毎日染める

髪の表面だけを染める白髪染めをヘアマニキュアと言います。

二剤混合式は髪の内部で発色させるので髪や頭皮にダメージがあるわけですが、
ヘアマニキュアはダメージがありません。

先の白髪染めトリートメントもヘアマニキュアの分類になりますが、
他にも白髪染めシャンプーや、ペンタイプ、ブラシタイプのものも該当します。

ヘアマニキュアは低刺激だから白髪染めで毎日使える。
二剤式のように1か月、間隔を空ける必要はありません。

お風呂のときであれば毎晩の習慣のように染めていけます。
結果として白いキラキラがすぐに見えてくる根元や生え際も常に染まった状態
で常に白髪ケアして維持していける。

白髪だけ染めるわけではありませんが、ダメージを減らして白髪隠しもできる
有効な方法としてはヘアマニキュアの活用が一番でしょう。

白髪はヘアマニキュアでは染まらないって本当?

白髪はヘアマニキュアでは染まらないという話もありますが、
そのようなことはありません。

ヘアマニキュアは先にご説明した通り、髪の表面に色をつける方式。
1度染めただけでは髪色が変わりません。
少しづつしか色の変化がないので、染まった感じもしません。
だから白髪はヘアマニキュアでは染まらないという話になったのでしょう。

それが二回目、三回目と毎日染めていきますと、5日~1週間程度で、
仕上がりイメージにあるような髪色に変わって見えます。
つまり、ゆっくり染まるタイプなのです。

髪色が安定しましたら、以後は1週間に1回程度染めれば髪色をキープできます。

但し、ヘアマニキュアは色持ちが悪く、色落ちが早いので、できれば毎日のように
染めていくことをおすすめします。
髪の表面に色をつけているだけなので退色していくことは仕方がない。

ヘアマニキュアで白髪がよく染まる方法

市販の白髪染めを使ってセルフで白髪ケアされる方も多くいらっしゃいますので、
ヘアマニキュアで白髪がよく染まる方法をご紹介します。

まず、1回で髪色は変わりませんので、染めた後、驚いたりがっかりしない。

そしてできる限り毎日染めること。そのほうが早く髪色の変化がわかります。
髪が色付いても、毎日染め続ける。より色味がしっかり濃くついていく。

お使いのヘアマニキュアが白髪染めトリートメントでしたら、
髪に塗った後の放置時間をやや長めにとってみてください。
このときシャンプーキャップや台所用ラップフィルムなどで頭髪全体を
覆い包み込むとより効果的。

髪を染める場所の温度はやや高めの暖かい場所がよい。

毎晩、お風呂場で染めれば、習慣にもなって確実に実行できます。
白髪染めシャンプーもヘアマニキュアですが、いつものシャンプーに代えて
白髪染めシャンプーで髪を洗うだけですから、とても簡単に白髪ケアできる。
この場合、すぐに洗い流さず、髪にシャンプーの泡がついている状態で、
ほんの少し待つと白髪がより染まるでしょう。

※白髪染めトリートメント、白髪染めシャンプーなど、
おすすめのヘアマニキュアをこちらの記事で紹介しています。
白髪染め比較おすすめランキング

おすすめ