60代なら白髪そのままに白髪染め使わないで白髪を生かすヘアスタイルを

60代では白髪を染めないで白髪を生かすヘアスタイルをする。

60歳の還暦からは白髪染めを使わないという選択肢もあります。

白髪は不潔という一般論

世間の一般論では、白髪が生えていたまま放置していると、不潔だ、
汚らしい、老けてる、貧素、だらしない、などと指摘されがちなのは事実。

しかしそれは主に、およそ白髪が生え始めた30代、40代の人々であって、
60歳の還暦を越えれば言われることは少ないでしょう。

なぜなら白髪は老けているという印象があるので、
若く見えるけど結構歳いってるんですね?といった感じの印象との違い、
ギャップに指摘がきている。

加齢で白髪が生えるのは自然なこと

歳を重ねて、高齢で白髪が生えるのは当然のこと。
一定の年齢にいけばむしろ白髪が生えていないほうがおかしいとも言える。

最近では高齢の方々も白髪を染めて白髪隠しすることが当たり前になっていますが、
60代、70代の人達の集まりで誰にも白髪が生えていないという状況も不可思議。

白髪が生えることは人間の体の加齢現象として普通のこと。
悪いことでもないし、汚いものでもありません。
それを非難するとしたら、そういう見方をする人のほうが偏見だと言える。

60歳代で白髪そのままに白髪染め使わない

中年から今まで白髪染めで染めてきたけど、どうしようかな?
と迷っているアラカンそして60代の方々もいらっしゃるかもしれません。

アラカン以降なら堂々と白髪をそのままにして、60歳代で白髪染め使わない、
白髪染めを使うのを止めるのも悪くない。

年相応でナチュラルな姿。
素敵なロマンスグレーでよいと思います。

但し、当然のこととして散髪や美容室などでヘアースタイルを整え、
清潔な印象を保つことは忘れないようにしたいものです。

白髪を生かすヘアスタイル

白髪を生かすヘアスタイルとしてはできる限りショートがよい。
髪が長いほど存在感がでてしまいがちだからです。

軽くパーマをかけて、ふわっとさせるのもベター。
ヘアスタイルの雰囲気がでることや若々しく見える。

ショートでもミドルでも、髪の毛の状態が無造作にバラけている場合は、
ワックスなどで髪の流れや潤い感を作ってあげるとよい印象になります。

ヘアマニキュア

同じ白髪染めでもヘアマニキュアタイプですと髪の表面を
染めるだけですので、一度に髪色は変化せず、ゆっくり染まっていく。

1度か2度染めるだけでなんとなく髪が色付いた感じになるのです。

わずかな白髪ぼかし、何となく白髪の存在を抑えたような染まり方に
できますので、使ってみてはいかがでしょうか。

ヘアマニキュアにはピンポイントの白髪隠しができるブラシタイプ、
ファンデーションタイプもありますが、こういったリタッチカラーよりも、
フルカラーのように色味をつけられる白髪染めトリートメントや
白髪染めシャンプーがよいでしょう。

わずかに髪色が違うだけでも、白髪を生かすヘアスタイルが作りやすくなります。

おすすめ