60代なら白髪そのままに白髪染め使わないで白髪を生かすヘアスタイルを

60代では白髪を染めないで白髪を生かすヘアスタイルをする。

60歳の還暦からは白髪染めを使わないという選択肢もあります。

60代の白髪染めどうするか

白髪の量が増えてくる60代。
40代や50代のうちは白髪染めで対処していても、60歳過ぎると全体的に白髪が生えるので、白髪染めを続けるかどうか悩むという方も多くなります。

仕事をしていて髪色に制限があるという方には白髪染めが必要かもしれませんが、そうでない方は白髪を生かしたヘアカラーに移行していくというのもひとつの方法です。
ヘアカラーで白髪をぼかすことによって、白髪をおしゃれのアクセントにすることだって可能。

上記のように60代の方でも、白髪染め以外の選択肢も念頭に置いておくと、ただ悩みだけでなく、ヘアスタイルや髪色を考えることが楽しみになったり、おしゃれの幅が広がるきっかけになるはず。

60代で白髪ある人におすすめのヘアカラー

全体的に白髪が目立つ60代の方には、白髪に馴染む明るめのヘアカラーがオススメです。
髪色を明るくして白髪をぼかすことで白髪と地毛の境界が目立ちにくくなりますし、顔全体をトーンアップして見せてくれる効果があります。

反対に、地毛の色に近い黒やダークブラウンなど暗めの色に染めてしまうと、新しく生えてきた白髪を隠すため頻繁にカラーリングを繰り返さなければならなくなりますし、若々しすぎて年齢不相応の印象になってしまうこともありますので要注意。

白髪をそのままにする

白髪をあえて染めずに年齢に見合ったグレイヘアを楽しむのも素敵なこと。

ただ、白髪染めをしている状態からグレイヘアにするにはある程度の移行期間が必要。

白髪染めをして色を付けてる部分と新しく生えてくる白髪部分を徐々に明るい色に染めながら馴染ませていきます。
最終的に、生えてくる白髪と違和感のない髪色になったらヘアカラーをやめて自然なグレイヘアの完成です。

髪の長い女性ですと、この移行期間は1~3年ほどかかることも。
グレイヘアを考えている方は時間をかけて移行することを念頭に置いておきましょう。

白髪ある60代男性に似合う髪型

白髪や薄毛の悩みが増えてくる60代になると、ヘアスタイルを見直す男性が多いようです。
白髪染めを続けるか、グレイヘアに移行するかは、白髪の割合が50%を超えているかどうかを基準に考えるとよいでしょう。

髪型は、髪の悩みを考慮しながら自分に合ったものを選ぶのが大切。
あえてソフトモヒカンなどのベリーショートにカットすると、白髪混じりでも清潔感ある印象を与えられるし、ワックスを使えばボリュームを出しやすいのでおすすめです。

自分で決められない方は、美容師さんに髪の悩みや好きな雰囲気を伝えて相談してみましょう。

白髪は不潔という一般論をどうするか

日本の世間の一般論では、白髪が生えていたまま放置していると、不潔だ、汚らしい、老けてる、貧素、だらしない、などと指摘されがちなのは事実。

なぜなら白髪は老けているという印象があるので、「若く見えるけど結構歳いってるんですね?」といった見た目の印象と実年齢の違いギャップを指摘されている。
しかしそれは主に、およそ白髪が生え始めた30代、40代の人々であって、60歳の還暦を越えれば言われることは少なくなるでしょう。

ただ、60代の白髪でも、不潔だと思われる点には注意が必要です。

加齢で白髪が生えるのは自然なこと

歳を重ねて、高齢で白髪が生えるのは当然のこと。

最近では高齢の方々も白髪を染めて白髪隠しすることが当たり前になっていますが、60代、70代の人達の集まりで誰にも白髪が生えていないという状況は逆に不思議な現象でもあります。
一定の年齢にいけばむしろ白髪が生えていないほうがおかしいとも言えるわけです。

白髪が生えることは人間の加齢現象としてはごく普通で自然なこと。
悪いことでもないし、汚いものでもありません。
それを非難するとしたら、そういう見方をする人のほうが偏見だと言えるでしょう。

60歳代で白髪そのままに白髪染め使わない

中年から今まで白髪染めで染めてきたけど、どうしようかな?と迷っているアラシクそして60代の方々もいらっしゃるかもしれません。

アラカン以降なら堂々と白髪をそのままにして、60歳代で白髪染め使わない、白髪染めを使うのを止めるのも悪くない。

年相応でナチュラルな姿。
素敵なロマンスグレーでよいと思います。

但し、当然のこととして散髪や美容室などでヘアースタイルを整え、清潔な印象を保つことは忘れないようにしたいものです。

白髪を生かすヘアスタイル

白髪を生かすヘアスタイルとしてはできる限りショートがよい。
髪が長いほど存在感がでてしまいがちだからです。

軽くパーマをかけて、ふわっとさせるのもベター。
ヘアスタイルの雰囲気がでることや若々しく見える。

ショートでもミドルでも、髪の毛の状態が無造作にバラけている場合は、ワックスなどで髪の流れや潤い感を作ってあげるとよい印象になります。

ヘアマニキュアで白髪ぼかし

同じ白髪染めでもヘアマニキュアタイプですと髪の表面を染めるだけですので、一度に髪色は変化せず、ゆっくり染まっていく。
1度か2度染めるだけでなんとなく髪が色付いた感じになるのです。

わずかな白髪ぼかし、何となく白髪の存在を抑えたような染まり方にできますので、使ってみてはいかがでしょうか。

ヘアマニキュアにはピンポイントの白髪隠しができるブラシタイプ、ファンデーションタイプもありますが、こういったリタッチカラーよりも、フルカラーのように色味もつけられる白髪染めトリートメントや白髪染めシャンプーがよいでしょう。

わずかに髪色が違うだけでも、白髪を生かすヘアスタイルが作りやすくなります。

関連記事

60歳アラカンの市販シャンプーと60代で使う白髪染めシャンプー
止めるか迷う60代の白髪染めは頻度少なめ
グレーヘアとは白髪のこと。グレーヘアカラーとは?
白髪染めではなくハイライトで白髪隠し、セルフでもできる?
白髪を目立たなくするグレーの白髪染め、グレーカラーの銀髪が男性に人気?
ヘアマニキュアタイプの白髪染めで髪の根元を染めるリタッチは染まらない?色を長持ちさせる方法はある?
白髪が目立たないカラーと目立たない髪型で白髪隠しの工夫
白髪わかりにくい髪型、白髪隠しヘアスタイルについて
自分でちょっと白髪隠しすれば白髪染めのつなぎにできる白髪のホームケア
ウィッグで白髪が目立たない。髪型の工夫で行う白髪隠しには限界がある

おすすめ

しっかり染めたいなら
売上&人気No1

利尻ヘアカラートリートメント[白髪用]

シャンプーするたび
きれいに染まる

利尻カラーシャンプー[白髪用]

トリートメント効果
と白髪ケア

ルプルプ ヘアカラートリートメント