アラフォー白髪対策と40歳代の白髪染め

アラフォー、40歳前後で白髪に悩む方は非常に多いです。
実際のところ40代にもなれば男性も女性もほとんどの人が白髪染め
を使っていると考えても間違いなさそうです。

白髪だけをカットして白髪ケア

1本だけか数本程度の白髪なら家族に気がつかれるかもしれない。
旦那や奥様に。それがだんだん増えてくると周囲の友人や職場の人にも
指摘されるレベル。

必ずしも決まった部分に生えるというより、生え際や分け目、
もみあげ等、ある程度バラけて生えるのが憎い。
見つけたらハサミで切りましょう。

上手にカットできればよいのですが、難易度の高い位置もあります、
頭頂部や前頭部など。
それに関しては白髪染めで部分染めしてしまうか。

アラフォーは白髪を隠したい

いっそのことほぼ全てが白髪になってしまえばシルバーというか、
いぶし銀のような渋い中年を演出すべく開き直って白髪染めを
使わずに堂々とカミングアウトするという手もないことはないでしょう。

ただ、40歳代と括っても40代前半と後半では違う。
ましてやアラフォーだとまだ30代後半の人もいらっしゃるわけで、
まだまだ若さ優先。

若くありたいのに中途半端にある程度の量で白髪が生えているのが、また辛い。
たくさんの黒髪の中、少し見え隠れするキラキラって余計に目立つ感じで
悩んでしまう・・・。

何としても白髪を隠したいですよね。
なんとかしましょう。

白髪は加齢、老化現象

高齢になっても白髪が1本も無いくらい、ずっと黒髪の人もいらっしゃいますが、
早いと社会人になった頃、さらには学生時代、人によっては中学生や小学生の頃から
白髪が生えていたという人もいると聞きます。

アラフォーというのは、肉体面でも生活習慣病や病気にかかりやすい頃
でもあり、最悪は大病もあるほど、加齢からの体の衰えや、わずかながらでも
老化は否めません。白髪もいわゆる老化現象の一種かと。

髪の毛の話といえば、薄毛で悩むのもそうでしょう。
男性は30歳前後から、女性は40歳前後で地肌が見え隠れしだしたり。

白髪の原因は何か?

白髪の原因というのは明らかになっていませんが、毛髪の中心に位置する
メラニンが何らかの理由で色素がつかないで抜けたままの白になっている状態。

日本人は真性メラニンが多く、生まれた赤ん坊の髪は黒。成長過程でも
黒髪でそのまま育ち大人になります。
やがて白髪になってしまうのは、メラニンが黒く色付かならないから。

考えられている理由として、遺伝、加齢、生活習慣、ストレス、食べ物からの影響など。

日本人は白髪が目立つ人種

遺伝や加齢は仕方ないことですね。

日本人だけでなくアメリカ人でもアラフォー以降は半数近くが白髪になって
いると言います。生まれたときの髪色と違うという。

ブロンドの金髪や茶髪系が自毛だと割りと白髪は目立たないんですよね。
日本人のように黒髪であると余計に白髪が目立ち気になります・・。

白髪とアンチエイジング

加齢も止められない。できるなら気持ちを若々しく、も大事ですが、
それは直接関係ないでしょうと。

体のほうを若く維持してください。
髪の毛は頭皮から生えてくる前は細胞なのです、健康と直結するのは
おかわりになるでしょう。

筋力や心肺機能が鍛えれば維持できたり発達するのと同じで、
体もある程度で若返らせたりはできるのです。運動不足はよくない。

食べ物においてもタンパク質や、皮膚を作るビタミンA、疲れを取るビタミンB、
免疫のビタミンC、若返るビタミンDなど、ミネラルも合わせ、バランスの
よい食事を心がける。

まさしくアンチエイジング。

甘いものの食べ過ぎやお菓子、ジャンクフードは悪影響のある食べ物ですので危険。

生活習慣を改めて白髪を減らす

生活習慣はこれらと同義。
睡眠も含め、運動、食べ物をきちんとしていけば、ある程度、
白髪は減ると考えられます。
少なくとも爆発的に増えるということはないはず。

それでも白髪が無くなる、とは言いません。
加齢が進み、既にアラフォーなのですからそれは受け入れるしかない
ということ。

白髪ケアにストレスは大敵

生活を正したら、あとはストレスに気をつけて。

どうにもならない年齢や遺伝の原因を除けば、白髪が生えるのは
ストレスが最大の要因かもしれません。

アラフォーから40代ならば、仕事の悩み、育児の悩み、家族、親、
友人、旦那、奥様、お金、借金、トラブル、など中年の域では数えられないほど
問題が挙がっても不思議はないのはわかっています。

それよりも趣味を楽しんだり、運動をして発散しましょう。

もしかすると、白髪が生えている、生えてきた、という事実自体が
あなたにとってストレス要因のひとつになっているかもしれません。
ショックは隠していても意識に潜んでいる。

白髪隠し

そういうことでは白髪染めで見えなくしてしまうのは、正しい行動。

自分が若く見えることは自信につながります。
ストレスも解消されます。楽しく、前向きな気分になれます。

それで食事もおいしくてぐっすり眠れたら、どうでしょう。
白髪は本当に減る可能性さえあり。

白髪染め

最近の白髪染めは、カラーリングと同等に仕上がりが黒髪ではなく、
茶髪のようなブラウン系の髪になる商品も販売されています。

カラーリングに抵抗が無いのであれば、思い切って白髪染めで
オシャレ染めしてしまうのも手でしょう。

現在既にカラーリングしていらっしゃる方に白髪が見つかっても、
これで大丈夫。かなり明るい色までカラーバリエーションありますので、
心配して悩まないでください。

髪色変われば、白髪のことも忘れる。

オシャレ染めに気をつけて

ここで注意していただきたいのは、先に白髪染めで黒にしてから、
その後にカラーリングしようと言う考え。これは失敗します。

キューティクルを開いて毛髪内部のメラニンを黒にした後では、
ダークな仕上がりになって思うように明るい色は定着しません。

どうしてこうなるかと言えば、カラーリングは白髪染めより
染毛力が弱い。その上、黒になっているところに発色剤は定着しても
見えないでしょう。

この件でもうひとつアドバイスとヒントとして、おしゃれ染めのカラーリング
だけで染めた場合、黒髪は明るい色になるのですが、白髪は染まらず
白のまま残ります。

カラー仕上がりの白髪染め1回で染めること。
黒髪も白髪もきれいなカラーリングで仕上がります。

市販の白髪染めできれいに染められる

それでも一般的な白髪染めの基本は黒ですね。
もとの髪と一緒にきれいな黒に染毛されて仕上がります。

さらには保護成分、保湿成分なども含んでいるものもあり、染めると
同時に髪の手触りや艶がよくなるというメリットもあります。

市販の白髪染めですが、薬局やインターネットで簡単に買うことが可能。
すぐに入手できるので急ぎのときも間に合う。

これら白髪染めを開発販売しているメーカー側もプロの美容師ではない素人が
染めてもうまくいくように工夫して作っていますので、本当にうまく
きれいな髪色に仕上がるんです。安心して使ってみてください。

おすすめ