泡の白髪染めでリタッチする、やり方とコツは?

泡の白髪染めでリタッチするやり方とコツについて。

そもそも白髪染めの泡タイプでリタッチ可能でしょうか。

リタッチカラーとフルカラーの違い

リタッチカラーというのは、一般的なカラーリングおよび白髪染めのように
髪の毛全体を染める施術いわゆるフルカラーに対して、
以前において既に染めたことのある髪色から新しく生えてきた髪だけを染めること。

髪の毛全体が生え変わるまで待っていたら、完全に髪色が別のものに
なってしまうわけで、その前に染めのです。
つまり既に染まっている毛先部分に合わせて、新しく生えてきた髪、
根本の部分だけを染めることがリタッチカラーと呼ばれている。
根本だけを染める部分染めとも言えます。

泡の白髪染めでのリタッチやり方とコツ

泡の白髪染めの場合、およそ全体的に染めるようにできているものの、
髪の根元だけに泡をつければリタッチとしても使える。

好都合なのは、髪の毛全体的に塗布しても、やがて液状化して自然に
根本のほうへ垂れてまいりますので、結果的に新しく生えた根元の白髪の部分
も染めることができます。

もちろん髪をかき分けて、根元を狙って泡をつけていくやり方なら、
ダイレクトに根元だけのリタッチできる。

泡タイプで上手に染めるコツとしては、温度が高い、湿度が高い部屋や環境を
避けて髪を染めること。
高温や多湿ですと泡ができにくく、髪に泡を乗せてもすぐに液状化してしまう。
体温も高くなっているでしょうから、余計に泡が溶けるのが早い。

泡だから部分染めによい

リタッチのよさとしては、新しく生えた部分だけを染めるということで、
毛髪のそれ以外の部分にダメージを与えないということがあります。

その点で言えば、泡タイプはあまりよろしくないということになりそうですが、
一般的な白髪染めで根元部分だけ染めるというもなかなか難しいもの。
二剤混合式の液剤を髪をかきわけたり、角度を変えたりして塗るのは
難易度が高く面倒でもあります。

根元を染めるのに泡の白髪染めを使う

泡の白髪染めは髪にピンポイントにつけやすい、と同時に、塗布した後は
水分に近くて液状化しやすいですので、普通に髪につけていっても
根元まで伝っていきます。毛先を避けて、髪の中間部分に泡をつけておけば
根元まで染まる、染まりやすい。

クリーム状で同じく低刺激の白髪染めトリートメントを使ってリタッチする
こともよいのですが、クリームですから狙ったピンポイントで染めていけるものの、
結局リタッチは、前頭部、頭頂部、後頭部など全頭でしませんと、
ほとんどの髪の根元が白いまま。

泡タイプの白髪染めであれば頭髪全体に塗るような感じでも、
うまく全体に伸びて回ってくれますし、特に気になる所だけは液状化する前の泡で
重点的に染めることもできますから、白髪ケアのリタッチに適していると言えます。

白髪をリタッチカラーする頻度は?

美容院での白髪染めやヘアカラー、セルフでも混ぜて薬品臭い二剤混合式の
白髪染めですと1か月に1回、できれば2か月に1回くらいが理想の頻度。
髪や頭皮にダメージがあるからです。

泡タイプの白髪染めで、混ぜることなくムースのように出して髪に塗るだけ
ですと、大抵はヘアマニキュアという髪の表面を染めるだけのタイプですから、
毎日のように染めていけます。

泡の白髪染めでの色選び

市販のセルフ用白髪染めには、基本のブラックだけでなく、茶色など
明るい髪色に染めるようなブラウン、ライトブラウンもあります。

まずはダークブラウンやソフトブラックから始めてみるのが無難でよいかもしれません。

関連記事

白くなった髪の根元は市販の白髪隠しでリタッチしていくのがよいのか
髪の毛の根元だけを染めるリタッチカラーで白髪ケア
白髪染め後の逆プリン頭のリタッチは毛先から染める?根元から?
生え際の白髪だけ染める、セルフで生え際リタッチするなら白髪染めトリートメントがおすすめ
白髪染めのリタッチを自宅で自分で染める、セルフ白髪ケアの上手なやり方
白髪をリタッチする方法は?生えてきた根元の白を染める

おすすめ